2017年 11月 の投稿一覧

サイン−体の部位と星座の対応−

サイン−体の部位と星座の対応−

この記事では、12サインと身体の関係を取り上げて説明していきます。

なぜ12サインと身体が対応するの?

古い時代には、宇宙と人間は、構造的に類似していると考えられていました。

As above so below (上なる如く、下もまた然り)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは、ギリシア神話に登場する神であるヘルメスが、エメラルドの板(エメラルドタブレット)に刻んだ言葉であるといわれています。

宇宙と人間は、縮図関係にある。つまり、小さなコスモスとしての人間は、大きなコスモスである宇宙の縮図である。

この概念から、人間の身体もまた、宇宙と照応関係にあると考えたのです。

ボディアストロロジーの分野

宇宙と人体には構造的な類似性があり、共鳴関係にある。

これを実際的に応用するために医療占星術という分野が生まれました。メディカルアストロロジーといいます。身体との関連を取り扱うことからボディアストロロジーとも言われます。

日本で出版されているメディカルアストロロジーの本として最も有名なのが、ワンダ・セラーの本でしょう。

とはいえ、ワンダ・セラーの本は少し読みにくいのです。
おすすめなのが、12サインと身体の関係を紹介した松村先生のボディアストロロジーです。

12サインと身体の対応

12サインと身体の対応をお伝えしていきたいと思います。

牡羊座

牡羊座は、12サインのうち、最初のサインです。

そのため、まだ、肉体的・物質的に着地していない状態と考えます。

上あごより上の頭部、および頭上のオーラの領域が、牡羊座に対応します。

牡羊座は火のエレメントです。

火の力を、肉体という土のエレメントに着地していくというのが、牡羊座のテーマのひとつでもあります。

また、脳の中心には、松果体という組織があります。松果体は、宇宙のリズムに同調することができる能力を潜在的に備えています。

牡羊座の特徴として、直感力があるといわれます。これは松果体を通して、宇宙とつながることができるからなのです。

牡牛座

牡牛座は、下あご、喉、食道に対応します。

食物摂取を担当する部位が相当します。

牡牛座は、牡羊座という地球に生まれたてのサインを、身体の中に引き込み着地させるサインです。

それはちょうど、食事をして栄養を血肉にするような状態なのですね。

双子座

双子座は、に関係しています。体の対応は、肺に加え、肩から指までの腕全体です。

双子座の支配星は水星です。水星は情報処理を担当します。

空気というのは、身体の外の”情報”を象徴するものです。

そのため、空気と関係する呼吸に深くかかわります。

また、情報は処理していくと、細かく分割されていくものです。

肩から伸びた腕は、最終的に10本の指にわかれます。肺も腕も、対になっているとのころも双子座的です。

蟹座

蟹座と関係する身体の部位は、です。

蟹座は、牡羊座・牡牛座・双子座につづく4番目のサインです。4という数字は、火・風・水・土という4元素も表します。蟹座は、これらの4元素を結び付けようとします。

ある程度閉じた器のなかで、これら4元素に相当する固形物を溶かして混ぜてしまうのです。

蠍座も同じような性質がありますが、水のエレメントというのは、異質なものをくっつける性質を持っています。

獅子座

獅子座と対応する身体部位は、心臓です。また、感覚としては熱感覚に対応します。

心臓は体温の維持に関係しますね。

また、獅子座は固定サインなので自分自身は動きません。自分を中心して外に向かっていくサインなのです。

そういう意味でも、獅子座は心臓に対応します。また、血液を送り出す動脈は、獅子座的です。(静脈は獅子座の反対のサインである水瓶座に対応します)

乙女座

乙女座が管轄する身体部位は、大腸と小腸です。

乙女座の支配星は水星です。水星は情報処理を担当し、分化すること選択することに関係します。

同じく支配星が水星である双子座は、外界との接触および呼吸によって情報に触れていました。一方、乙女座は、腸の部分で、吸収するものと排出するものを選り分けます。

乙女座に天体を持つ人に、断捨離や整理整頓が好きな人が多いのも頷けます。

天秤座

天秤座が管轄する身体の部位は、背中の腰椎、胴、腎循環です。

身体のバランスに関係する臓器が割り当たります。天秤座の支配星は金星です。金星は腎臓のろ過機能に関連するといわれます。

天秤座の表す「美しさ」を保つためには、腎機能が必要不可欠なのです。

蠍座

蠍座は、生殖器、子宮、前立腺、泌尿器系に対応します。また、も含まれます。

蠍座は、外からやってくるものを受け入れ、そしてそれを放出する性質をもちます。

支配星が冥王星であるため、銀河系と外宇宙との扉のような役割です。身体でも、外から取り込むものと、外の排出するものが対応します。

射手座

射手座は、腰、太ももに対応します。

また、射手座の支配星が木星であることから、肝臓にも対応します。

射手座は、運動感覚と関連しています。運動とは、移動です。射手座は、果てしない拡大欲求にしたがい、歩き続けます。また、五行では肝臓は怒りを溜め込む臓器といわれます。

射手座の火の性質は、ときに怒りのように激しいものですので、射手座と肝臓のイメージは一致するのではないでしょうか。

山羊座

山羊座が対応する身体部位は、骨格、膝、関節、皮膚細胞です。

また、山羊座の支配星は土星です。土星は脾臓と関連付けられます。

山羊座は、均衡感覚と対応します。均衡感覚のわかりやすいイメージは、狭い崖の上に直立するヤギです。

地球上での立ち位置、それを探り、そこに立つのが山羊座です。そのため、身体的には、骨格などの身体を支える部分に対応します。

山羊座が、組織的な働き方が得意というのは、この感覚があるからなのです。

水瓶座

水瓶座は、身体の循環に関係することすべてに対応します。全身の血管足首なども水瓶座に対応します。

水瓶座の支配星は、以前は、土星でした。この場合、水瓶座の役割は、身体の中で作られた血液を、身体という枠を超えずに隅々まで運ぶことだったのです。

ですが、今は、水瓶座の支配星は天王星になりました。天王星の場合は、物質的身体というよりも、身体全体を包み込むオーラのような部分に該当するとも考えられます。水瓶座は、身体のなかでも、やや霊的な部分に該当するのかもしれません。

魚座

魚座が管轄するのは、リンパ系足全体です。身体のなかの粘液にも関連します。身体の中を流れる水分と関連します。

しかし、魚座の性質は身体という枠からはみ出ています。ですので実際は、物質的な身体との対応付けは難しいのかもしれません。今は、魚座の時代といわれます。

魚座の時代については、歳差についての記事をご覧ください。
歳差

魚座は12サインの最終サインであることから、統合的で宗教的なイメージがあります。ですが逆向きに考えたときに、魚座から始まるその性質は、とても商人的です。(現に、今の社会は経済主義です)

商人は、足でお金を稼ぎます。魚座が足全体にも対応するところが、とても奥深い12サインの性質を表していると思います。

その他

関連書籍

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

バッチフラワーレメディと星座の対応

ホロスコープから、ご自身でフラワーエッセンスを選ぶ方法を紹介します。

フラワーエッセンス・バッチフラワーレメディとは?

フラワーエッセンスとは、花の波動(エネルギー)が転写された溶液です。

小さな小瓶の中には、花のエネルギーが転写された水が入っています。

この花の波動は、否定的な感情や精神を、肯定的な感情や精神に近づけてくれます。感情や精神をオリジナルな状態に戻していくといってもいいでしょう。

フラワーエッセンスのなかでも最も有名なのが、バッチフラワーレメディです。

バッチフラワーレメディは、英国の医師エドワード・バッチ博士によって、心や感情のバランスを取り戻すための自然療法として開発されました。ホメオパシーの一種です。

初めてバッチフラワーレメディについて見聞きしたという方にとっては最近登場した新しいセラピーのように思えるかもしれませんが、バッチフラワーレメディが開発されたのは、1930年代。とても、歴史のあるものです。

今でも世界中で愛され、赤ちゃんからご高齢の方まで、また動物や植物にも安心して利用できるセラピーとして親しまれています。イギリスに行けば、街中の薬局で普通にレメディが売られています。

フラワーエッセンスとアロマテラピーの違い

フラワーエッセンスは、アロマテラピーや精油と混同されることもありますが、これらは性質の異なるものです。

精油は物質的な有効成分を抽出したものです。一方、フラワーエッセンスは、花のエネルギーを写し取ったものです。物質的な成分は希釈され、波動のみが残ります。そのため、目には見えないスピリチュアルな面に作用するのです。

また、バッチフラワーレメディは薬でありません。物質的な効能ではないからこそ、感情や精神に働きかけることができます。

とはいえ、その働きによって体の症状が改善することもあるでしょう。なぜなら精神面と体というのはリンクしています。

むしろ、波動が先で、それをもとにして肉体が形作られるという意見もあります。

ホロスコープからバッチフラワーレメディを選ぶ手順

ホロスコープからレメディを選択することで、占星学的な、その人にとってのメンテナンス・レメディを選ぶことができます。

ホロスコープからメンテナンス・レメディを決めるための基本的な方法は、アセンダントや月星座や、天体の星座(サイン)に対応するレメディを選ぶことです。

最も一般的なものは、アセンダント・月のサインに対応するレメディを選択する方法です。

アセンダント・月以外にも、次の天体のサインを見ていくこともあります。

  • 水星
  • 土星
  • 太陽

ホロスコープを読むことに慣れていない方は、まずはご自身の月星座に対応するレメディを選んでみてください。

ホロスコープを読むことに慣れている人は、アセンダント・月のサインに加え、次のいくつかの方法で、占星学的にレメディを選ぶことができます。

占星学的なメンテナンス・レメディの選び方【手順】

1.アセンダントと月の星座(サイン)に対応するレメディを選ぶ。

2.太陽のサインに対応するレメディを選ぶ。

3.アセンダントのサインの支配星の(サイン)を確認する。

3-1.  たとえば、アセンダントが牡牛座であれば、牡牛座の支配星である「金星」の位置を確認する。

3-2. 金星のサインを確認して、そのサインに対応するレメディを選ぶ。

4.水星のサインを確認する。水星は、思考パターンを表すため、レメディが対応する”心理状態”との関連があります。

5.土星のサインを確認する。土星は不安や欠乏的な心理と結びつくことがあります。

星座とフラワーエッセンス対応一覧

上記手順を確認したら、星座(サイン)に対応するバッチフラワーレメディを選択します。以下に、星座とレメディの対応関係をまとめます。

牡羊座 ♈ インパチェンス
牡牛座 ♉ ゲンチアナ
双子座 ♊ セラトー
蟹座  ♋ クレマチス
獅子座 ♌ バーベイン
乙女座 ♍ セントーリー
天秤座 ♎ スクレランサス
蠍座  ♏ チコリー
射手座 ♐ アグリモニー
山羊座 ♑ ミムラス
水瓶座 ♒ ウォーターバイオレット
魚座  ♓ ロックローズ

12星座とフラワーレメディ対応詳細

ここからは、12星座に対応するレメディについて、詳しく解説していきます。

【牡羊座】インパチェンス

支配星:火星

牡羊座の基本的な性格

思考と行動が素早く、ためらいや遅延を望みません。宇宙から最初に、インスピレーションをキャッチする人たちです。

このレメディが対応する心理状態

イライラした気分、怒りっぽさ

解説

牡羊座は、動く火です。インスピレーションの炎を灯して、すぐに走り出します。人にも同じようなペースを求めてしまい、イライラするときには、インパチェンスのレメディが役立ちます。

また、動きすぎてせっかちになってしまい、精神的な余裕がないと感じるときにもこのレメディは、落ち着きを取り戻す助けになります。

人生を快適なペースに整えながら、勢いと力を維持する手助けとなります。

【牡牛座】ゲンチアナ

支配星:金星

牡牛座の基本的な性格

牡牛座は、信念の人です。実用性、物質的価値を重んじ、この世界の基盤を建設する人たちです。自然界の法則を信頼しています。

このレメディが対応する心理状態

悲観、憂鬱、落胆

解説

牡牛座は、止まる大地です。牡羊座が受け取ったインスピレーションのような形のないものを、次の牡牛座は、形あるものへと具現化します。

ときに、物事を字義的にとらえすぎてしまい、日々の生活のなかに自分を閉じ込めようとしてしまいます。悲観して、自分を責めがちです。

このレメディは、挫けてしまいそうなときにも、ポジティブな態度で着実に歩むために、優しく励ましてくれます。

【双子座】セラトー

支配星:水星

双子座の基本的な性格

学び好きで、明敏な知性を備えています。自発的で楽しく、助言や勧めに従って、なんでもトライしてみる活発さを持っています。

このレメディが対応する心理状態

自己不信、優柔不断

解説

双子座は、変化する風です。常に揺れ動きながらも、考え続けることができる精神力を持っています。社交的で、助言を適切に取り入れることができます。それゆえ、ときに、自己判断に自信が持てないことも。

このレメディは、自分の道を自分の判断で進みたいときに、自分の考えに自信が持てるように手助けをしてくれます。静かな自信と威厳がほしい時に、適したレメディです。

【蟹座】クレマチス

支配星:月

蟹座の基本的な性格

受容的で、気配り上手です。周囲の世界に関心があり、人の気持ちがよくわかります。繊細で器用で、芸術性を秘めています。

このレメディが対応する心理状態

夢見がち、現実逃避

解説

蟹座は、動く水です。身体が活動するために必要な、体液のようなイメージです。蟹座の人たちは、母のような優しさを持ち、人との親密さを大事にします。人々の、拠りどころにもなります。

内的な活動性が高く、感情面でも絶えず流動するため、必要なエネルギー量が多いのです。たくさんの睡眠も必要とします。

このレメディは、意識を夢から現実へ向け、問題解決などに取り組むための手助けとなります。

【獅子座】バーベイン

支配星:太陽

獅子座の基本的な性格

情熱的で、指導力に優れます。他を公平に扱い、人をほめながらも、自信と威厳を失いません。大切な人への愛は熱烈で、変わらず忠実です。

このレメディが対応する心理状態

過度の熱中、疲労、ストレス

解説

獅子座は、止まる火です。まさに太陽のように、不動の存在で、強い信念で周囲を照らします。ときに、自分の信じるものを他者に押しつけてしまうことがあります。

このレメディは、過剰な熱心さを和らげ、ゆったりとした気持ちで物事に取り組むための手助けとなります。自分の考えを大切にしつつも、他の考えを尊重できる寛容さは、結果的に自分のエネルギーの使い過ぎを抑えることができます。

【乙女座】セントーリー

支配星:水星

乙女座の基本的な性格

穏やかで分別があり、几帳面な性格です。純粋で信仰心があります。実用的な仕事に優れ、賢明で頼りがいのある人として尊敬されます。

このレメディが対応する心理状態

意志薄弱、ノーと言えない

解説

乙女座は、変化する大地です。他者からの要望に応えようとして、自身の状態は常に変化にさらされます。それでも、自分の個性を尊重しつつ、他者のために奮闘することができます。

ときに、人のために頑張りすぎて過労になることがあります。心優しく、人のためになることに喜びがあるため「ノー」と言えないのです。

このレメディは、人から頼まれたときに断れる意志を持つ手助けとなります。

【天秤座】スクレランサス

支配星:金星

天秤座の基本的な性格

愛嬌があり、口調が柔らかく、社交的です。調和を好み、内面の調和を交流関係でも表現します。公平さを大事にして、本質の両面を見ます。

このレメディが対応する心理状態

躊躇、アンバランス

解説

天秤座は動く風です。7つめのサインであるため、乙女座までの6つのサインと、後半の6つのサインとの間で、しばし揺れ動くのです。前進するべきか、戻るべきか。二面を比較します。

2つの選択肢を前にしたとき、立ち止まって、秤にかけるところがあります。心が定まるまでの間は、ためらいが生じやすいのです。

このレメディは、揺れる気持ちを調停して、心を定め、静かな確信を得るための助けとなります。

【蠍座】チコリー

支配星:冥王星(火星)

蠍座の基本的な性格

すべてを透かし見るような、鋭い識別力を持ちます。サイキックな能力とも関連します。人やお金、エネルギーを留め、積極的に活用します。

このレメディが対応する心理状態

独占欲、他者への過度な干渉

解説

蠍座は止まる水です。水はエネルギーを溜める性質があります。壁を溶かしてつながり、他の領域にアクセスすることもできます。それゆえ、受け取ったエネルギーを、他者への無条件の愛として注ぐことができるのです。

ときに、その力を他者をコントロールするという形で使ってしまうことがあります。このレメディは、自分本位な状態から脱し、見返りを期待しない愛を注ぐための手助けとなります。

【射手座】アグリモニー

支配星:木星

射手座の基本的な性格

冒険家で、哲学を愛します。まだ見ぬ遠いものへの憧れがあり、行動家です。熱意をもって我が道を行きます。外交的で、探究心があります。

このレメディが対応する心理状態

苦悩、心を開けない、人に悩みを言えない

解説

射手座は、変化する火です。高みを目指し、歩き続けます。柔軟さとマイペースさの両面の性質を持ちつつ、意識を上昇させるために熱心に先へ進みます。常に上を見ているため、自分の心の中を見逃してしまうことがあります。

このレメディは、本当の感情に蓋をして、平静を装ってしまう状態に対処します。心を開いて、本音を語りたいときや、不安な気持ちに素直に向き合いたいときに、助けとなります。

 

【山羊座】ミムラス

支配星:土星

山羊座の基本的な性格

山羊座は、登山家のような性格です。障害物を乗り越え、着実に歩みを進めます。野心を持ち、諦めずに、自己を鍛錬します。

このレメディが対応する心理状態

不安、恐れ、臆病

解説

山羊座は、動く大地です。慎重な面はありますが、何に挑戦するべきか、自分で決めて、活発に動き回ります。やり遂げる力があり、ゆっくりと落ち着いた態度で歩み続けます。原因があって結果がある、という法則を信用しています。

理由がわかるが、対処の難しい不安感に苛まれることがあります。人や人間関係、出来事、特定のモノなどに恐怖を覚えます。このレメディは、その不安感から抜け出す助けとなります。

【水瓶座】ウォーターバイオレット

支配星:天王星(土星)

水瓶座の基本的な性格

自分は一歩引いたところから、人の性質や事情などを鋭く観察できます。深みがあり、超然としています。個人主義でありながら、博愛的です。

このレメディが対応する心理状態

プライド、よそよそしさ、寂しさ

解説

水瓶座は、止まる風です。静謐で、誇り高い人です。それゆえ、あえて自分を強く主張しません。他人を説得しようともしません。それは、自分が多才で独創的であることを知っているからなのです。精神的に自足的で、未来志向ですが、それゆえに今現在の人間関係の親密さに欠けることがあります。

このレメディは、人との距離を置きがちなときに、心を開き、打ち解ける手助けとなります。

【魚座】ロックローズ

支配星:海王星(木星)

魚座の基本的な性格

感覚的に、混沌としたものを理解します。共感能力に優れ、真に感情面での交流ができます。浮世離れした不思議な雰囲気があります。

このレメディが対応する心理状態

恐怖、パニック、怯え

解説

魚座は、変化する水です。魚座は12サインの最終サインであり、包括的な性質です。自他の区別は曖昧で、目に見えない領域にも敏感です。そのため、環境や他人の感情の影響を受けやすいところがあります。自分を見失いそうな感覚があります。

このレメディは、無意識レベルから来る、未知の恐怖心を感じるときに、平常心と落ち着きを取り戻す手助けとなります。

フラワーエッセンスの飲み方

フラワーエッセンスについての基本的な飲み方を紹介します。
※詳しくは、購入されたレメディの説明書きをご覧ください。

飲み方

1回4滴(2種類同時に摂るときは、各2滴で計4滴)を目安に、お水の中に入れて、何度かにわけて少しずつ飲んで下さい。一度にたくさん飲むことよりも、少しずつ回数を多く摂り入れるようにします。

1日4回以上を目安に、取り入れて下さい。とくに上限はありません。

なお、最大で6~7種類程度、同時に飲むことができます。

また、直接、舌の下に落として飲むこともできます。

飲用に抵抗のある方は、お風呂に入れることもできます。湯船に入れるときは、一度に、8滴~程度入れて下さい。

期間

1ヶ月くらい毎日、同じ種類のものを飲み続けてみると、変化を客観的に判断しやすいと思います。

ボトル1本飲みきるころに、再度、同じレメディを続けるか、あるいは別のレメディを試してみるか、ご自身の気持ちの変化などから、判断してみてるのもオススメです。

また、一時的に気持ちを落ち着かせるためなど、そのとき心理状態に応じて単発的に取り入れても大丈夫です。

注)詳細はメーカー毎に異なる可能性がありますので、購入したフラワーレメディのボトル表記などを確認してください。

参考文献

より詳しく知りたい方は、こちらの書籍がおすすめです。読みやすくまとまっています。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】