2018年 5月 の投稿一覧

恒星一覧

恒星占星術については、こちらの記事をご覧下さい。

本ページでは、占星術における恒星の紹介をします。恒星はたくさんあり、占星術界でもまだ研究途上の分野です。徐々に書き足していく予定です。

また、各恒星のホロスコープ上の度数については、astro.comで表示したものを用いています。

アキュメン(ACUMEN)

アキュメンは、蠍座の毒針のそばにある星です。アキュレウスも蠍座の毒針のそばにあり、アキュメンとセットになります。

批判や精神的な攻撃を受けやすい傾向があるとされます。火星と月の性質を持つとも。特に、アキュメンは影の領域に関わります。

また、アキュメンとアキュレウスは視力に関わります。この星との関連を持つ人は、視力が悪い人が多い。視力が悪いゆえに、目に見えないものについては鋭い洞察力となる。

蠍座。ホロスコープ上の位置:射手座28度31分
サビアンシンボル:芝を刈る太った少年
A fat boy mowing the lawn.

アルファード(ALPHARD)

アルファードは恐怖体験を表します。9つの頭をもつヒドラの心臓部。土星と金星の性質。恐怖といっても必ずしも悪いものというわけではありません。異次元から扉をゆさぶられると、そのときに恐怖として表面化することがあります。これによって、無意識に蓄積された力を調整しています。そういったわけでアルファードの力は、衝動にもなり得るし、叡智にもなり得ます。異次元の扉の向こうから浮かびあがる力を、揺れながら調整します。

うみへび座α星。ホロスコープ上の位置:獅子座27度06分
サビアンシンボル:大きな木の枝にとまるたくさんの小鳥
Many little birds on a limb of a large tree.

アルフェッカ(ALPHECCA)

強運や名誉を示しが、必ずしも自分の努力ではない部分で栄光を手にすることも。

もしも心理的な耐久力の準備ができないまま栄光を手にした場合、耐えきれないこともあり、また周囲の人に足を引っ張られることもある。

また、アルフェッカとは「欠けたものの(かんむりのこと)の明るいもの」という意味を持つ。欠けてるまま光るということかもしれない。

自分を完璧な人間だと思いあがらずに、基本的には欠けていて、誰かのおかげで引き立ててもらったことを知っておくと良いのだと思う。金星と水星の性質。

かんむり座α星。ホロスコープ上の位置:蠍座12度06分
サビアンシンボル:実験をしている発明家
An inventor experimenting.

カペラ(CAPELLA)

動くことや移動することに関連します。強い好奇心や、風に当たったときの爽快な気持ちのようなイメージ。

動くこと自体の楽しさに関わります。火星と水星の性質。

ぎょしゃ座α星。ホロスコープ上の位置:双子座21度41分
サビアンシンボル:バーン・ダンス
A barn dance.

 ミラク(MIRACH)

若い肥沃な処女というイメージ。感受性が高く直観的、霊感的。芸術センスにも関わる。

自由と公平さを求めるので、非所有に走る傾向も。優しさや結婚の幸運。

他の人に刺激的な効果をもたらし、友人を簡単に作り、他人によって人生で助けられる。敵をつくらない。

注意深く、よく調整された穏やかなアプローチ。アンドロメダが女神性をもつ。金星の性質。

アンドロメダ座β星。ホロスコープ上の位置:牡牛座0度13分
サビアンシンボル:清らかな山の小川
A clear mountain stream.

リゲル(RIGEL)

リゲルはオリオンの足先にあたります。この星は、オリオンの中で研究や教育、学者的な面を持ちます。

学者的な探求心とその分野における継続力として発揮されます。教育・研究の王道的な星になります。

太陽よりもずっとずっと大きく、非常に明るい星です。性質は、木星と土星に近く、慈悲や名誉、豊さ、名声にも関わります。木星と土星の性質。

同じオリオン座の1等星であるベテルギウスという星があります。

オリオン座β星。ホロスコープ上の位置:双子座16度39分
サビアンシンボル:知力の頭に溶けていった健康の頭
The head of health dissolved into the head of mentality.

 

無料メールマガジン登録【読むだけでホロスコープを感じる7日間】

マイナーアスペクト

はじめに

アスペクトの根底にあるのは幾何図形であると考えられます。

アスペクトについては、アスペクト幾何学図形から理解するもご覧ください。

メジャーアスペクト

  • 円そのまま⇒0度(コンジャンクション)
  • 円を2分割⇒180度(オポジション)
  • 正三角形⇒120度(トライン)
  • 正方形⇒90度(スクエア)
  • 六角形⇒60度(セクスタイル)

マイナーアスペクト

  • 五角形⇒72度(クインタイル)★
  • 七角形⇒51.428度
  • 八角形⇒45度(セミスクエア)★
  • 九角形⇒40度

加えて、近年は、150度(クインカンス/インコンジャンクト)が取り上げられることが多いようです。このページでは、72度(クインタイル)、45度(セミスクエア)について記載します。

クインタイル:72度

72度は円の5分割です。つまり五角形の一辺です。5の数字は、遊びの精神や創造的な意欲を表します。また、五角形とは人間そのものを表す図形です。

クインタイルを形成する天体のサインやハウス、他の天体とのアスペクトの状況などによって、具体的な読み方は変わります。そのパターンは膨大になるため、ここではクインタイルの基本的な意味や性質を記載します。

  • 遊び精神、クリエイティビティ
  • 自分の主観を外に表現しようとすること(内側→外側への流れであり、外からの影響を跳ね飛ばす)
  • 自分の都合のよい視点で物事を捉え、外からの要求には応えない(自分勝手さ)
  • 外敵に強い(ペンタゴンや、五稜郭など、防衛に関係する建物が五角形であることからもわかる。また西洋魔術では防御の印となる。)
  • 劇的でロマン的な気分
  • 自発的な個人的な主張(一方で、要求されて発揮するのはセクスタイル)
  • 自由にのびのびと好きなことをしようとする
  • 表現意欲
  • 傍若無人で好き勝手(他人が見て、マネしたいと思うような楽しむ姿勢)
  • 思い込みが強い
  • 常に吐き出し続ける。(関連する天体によっては、より高次な領域から内的な力をチャージしているケースも)
  • あまりへこまず、人生を元気に生きる
  • 通常起こるような場面でも、ネタにして笑いに変えるようなリアクション
  • 性に目覚めていない子どものような状態 など

セミスクエア:45度

45度は円の8分割です。八角形は、力の圧縮を意味します。凝縮されたため圧力を持ち、押しの強い性質です。スクエアが正四角形となり、それを重ね合わせた形となります。また、たとえば、クオリティが活動サイン-固定サインといった組み合わせとなるため、この2種類の活動パターンの落差を取り込むことができるアスペクトです。

他の天体とどのようにアスペクトをとっているかによって、現れ方は変わりますが。ここでは、以下にセミスクエアの基本的な意味や性質を記載します。

  • 月が関わっている場合、濃密な濃い感情
  • エネルギーの圧縮や凝縮
  • 強いパワーの蓄積とそれによる充足感
  • (結果的に)殻を破る
  • 水星が関わると、より強い実感や説得力、地上的な力
  • 縛りの強さ
  • 土星が関わると社会的に揺るがないもの
  • 強い集中力 など

マイナーアスペクトのオーブ

オーブについては決まりはありません。読み手の好みを反映しても良いでしょう。とはいえ、一般的にマイナーアスペクトについてはオーブ3度以内を目安にすることが多いようです。

 

その他

参考文献

無料メールマガジン登録【読むだけでホロスコープを感じる7日間】