2019年 4月 の投稿一覧

トランジットの月を読む~月読みで日々のムードを感じてみよう。

占星術が好きな人でしたら、日々のことも自分で読んでみたいな!と思いますよね。

日々の雰囲気を知るには、まず最初は、トランジットの月を見るのがおすすめです。

なんでトランジットの月を見るといいの?

月は、10個の惑星のなかで、一番動きの速い星だからです。

月はおよそ2日半で、ひとつのサインやハウスを通過していきます。

ですので、移り変わりやすい日々のムードを知るには、まず月の位置を確認するといいですね。

また、トランジットの月が、あなた自身の出生ホロスコープのどの場所に位置するか確認してみてください。

現在運行中のトランジットの月が、あなたに投げかける”雰囲気”がわかりますよ。

トランジットの月×出生ホロスコープのハウスから見る、日々のムード

トランジットの月が、各々の出生ホロスコープのどのハウスに位置するかによって、それぞれのハウスのテーマを無意識で感じやすくなります。

トランジットの月がネイタル第1ハウス

あなた自身の存在感が強まり、何かを始めるとき。

トランジットの月がネイタル第2ハウス

お金に関すること。ショッピングに行きたくなるかも。

トランジットの月がネイタル第3ハウス

学びのとき。情報発信をしたくなるタイミングかも。

トランジットの月がネイタル第4ハウス

家にいたくなったり、家族と過ごすなど。

トランジットの月がネイタル第5ハウス

なにか楽しいことやレジャーに繰り出すかも。

トランジットの月がネイタル第6ハウス

健康や美容を重点的に。あるいは日々のルーティンを強化するとき。

トランジットの月がネイタル第7ハウス

人との関わり増えるかも。

トランジットの月がネイタル第8ハウス

人や組織などと、深く関わるタイミング。

トランジットの月がネイタル第9ハウス

見聞を広げる。旅にでる。想いを馳せる。

トランジットの月がネイタル第10ハウス

仕事のことがテーマになるかも。

トランジットの月がネイタル第11ハウス

趣味の交流関係などが気になるかも。

トランジットの月がネイタル第12ハウス

過去を振り返って、内省しがち。

トランジットの月だけでいいの?

占星術では主に10個の惑星を使いますから、ほんとうは全部見たほうが正確です。

とはいえ、すべて考慮すると大変なので、

日々のムードを知るくらいでしたら、月をパッと確認してみるということですね。

個人的になかなか面白いな、と思うのは

トランジットの月が土サインに位置しているときには、急に気温が下がって肌寒くなることがよくあります。

日々のお天気もまた、月のムード演出のひとつかもしれないですね。

参考文献

星の動きとリズム、読み方について、詳しく書いてあります。

無料メールマガジン登録【読むだけでホロスコープを感じる7日間】

独学でホロスコープを読めるようになる【占星術の学習順序】

ホロスコープを独学で読むのは難しい?

「占星術って難しい」

ホロスコープに興味を持った人誰もが、一度は感じたことがあるでしょう。

私の友人は、ホロスコープのことを「沼」と呼びます(笑)そのくらい奥が深くて難しそう、という意味のようです。

でも実は、ホロスコープを習得することは、あなたが思うほど難しいことではありません。

多くの人が難しいと感じるのは、適切なステップで学んでいないからなのです。

そして適切なステップで学べば、独学でも読めるようになります。

ただ、独学にこだわないのであれば、自分にあった先生から学ぶことは、あなたのホロスコープ習得を、格段に効率化してくれるでしょう。

もし、あなたが、ホロスコープを読めるようになって人生を豊かにして、周りの人にも星のアドバイスを伝えたい、そう思うなら。

一緒に学習計画をみていきましょう。

あなたのステップにあった、もっとも効果的な方法が見つかるはずです。

ホロスコープを学びたい!【占星術を習得するためのステップ一覧】

ホロスコープ・リーディング基礎編

目標:ホロスコープ(出生図)が読めるようになる!

【1】ホロスコープを学びたい!これから学ぶ人は、まず12サインを知ろう。

【2】12サインはイメージできる♬つぎは10の天体を攻略!

【3】いよいよハウスを学ぼう!人生に役立つレベルの占いができる!

【4】アスペクトを学ぶ!アスペクトは星の架け橋。

【5】アングルを腑に落とそう!

まずは、ここまで到達できれば大丈夫♬

自分や家族、友人、お客様のホロスコープ(出生図)が読めます。

次から具体的に解説しますね!

※「ホロスコープを感じるように読む方法」については、メルマガでもさらに踏み込んで紹介してますので、ぜひご登録くださいね↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけでホロスコープを感じる7日間】

【1】ホロスコープを学びたい!これから学ぶ人は、まず12サインを知ろう。

まず最初に、12サインの感覚をとらえましょう。これを12感覚といいます。

12サインはいわゆる12星座占いの星座に相当します。

なぜ12サインが大切か?その理由は、12サインとは人間が持つ12の感覚だからです。

私たち一人一人、得意な感覚は違っています。

ですが、ホロスコープを読むということは自分が苦手な感覚についても、直観的に理解する力が必要になるということ。

「12サインってこういう感覚だよね」

このイメージが掴めることが、ホロスコープ・リーディングの第一歩です!

【2】12サインはイメージできる♬つぎは10天体を攻略!

12サインのイメージが掴めたら、今度は10天体を攻略しましょう。

10天体とは、月・水星・金星・太陽・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星のことです。

そして、10天体を学ぶということは、10の時間軸を理解すること。

これはどういうことかというと、天体というのは「時間」であり「動的なエネルギー」なのです。

一方で、サインは「静」のエネルギー。

この「静=サイン」と「動=天体」が組み合わさることで、次に説明するハウスというエリアにエネルギーが伝道されます。

天体の「動」の力を捉えるために、10天体を学びます。

【3】いよいよハウスを学ぼう!人生に役立つレベルの占いができる!

ハウスのレベルで、ようやく「あなたの人生」レベルの出来事が読めるようになります。

先に説明したように、サインは「静的な感覚」であり天体は「動的な時間軸」でした。

そこにハウスという「場」があることによって、宇宙的な力が地球上で循環し始めます。だからこそ、ハウスは超重要!

「私にあった働き方は?仕事は?」

「私にとってのパートナーシップは?結婚の意味は?」

これらは主にハウスを読むことで得られる情報です。

地球上で役立つ、つまり人生に役に立つレベルの占いをするには、ハウスまでたどり着く必要があります。

また、ハウスというのは実はサインと上下関係にあります。なので、最初にサインを学んだことが、ここでまた活きてくるのです。

【4】アスペクトを学ぶ!アスペクトは星の架け橋。

あなたは、神聖幾何学という言葉を聞いたことがありますか?

神聖幾何学は、幾何学図形から宇宙の理を知る学問です。

そして実は、ホロスコープにおけるアスペクト構造のベースには、幾何学図形が隠されています。

つまり、アスペクトには、宇宙理念が表現されています。

そして、サイン・天体・ハウスによって地球にもたらされた宇宙の力は、アスペクトの幾何学図形の意図に沿って、私たちの人生に作用します。

アスペクトがときに難しいのは、現代の人々が宇宙理念を学ぶことに慣れていないから。

私の講座では、アスペクト幾何学論として、宇宙理念を踏まえてわかりやすくお伝えしています。

【5】アングルを腑に落とそう!

アングルとは、アセンダント・ディセンダント・MC・ICのことです。生まれた時刻によって、アングルは決まってきます。

アングルによって、人生における立ち位置が定まります。

これらのアングルの意味を理解すると

  • 外見や体質
  • 人生を通して向かう方向
  • 得意なこと、無意識の癖
  • 対人関係から学ぶこと

さまざまなことが理解できるようになります。

また、これは私や占星術仲間の経験則なのですが、アングルが同じ人同士は、過去生のつながりが強い傾向があるようです。

同じ魂グループを表しているのかもしれません。

中級ホロスコープ・リーディング

ここからは、中級以降の内容です。このホームページでもいくつか記事を書いてます。学習の参考にしてください!

目標:ホロスコープを複数チャート読めるようになる

基礎編の「出生図」が読めたら、あとは応用です。前世や魂レベル、そして二重円、三重円に進みましょう♬

ドラゴンヘッドから前世を知ろう

新月図、満月図を読もう

プログレスチャートの太陽と月の運行を読もう。

トランジット図から、今現在の星模様を読もう

小惑星やその他感受点を読もう

相性図−シナストリーを読んでみよう

相性図−コンポジットを読んでみよう

  上級ホロスコープ・リーディング

目標:自分の占星術を極めよう!

ここまで来たら、もう説明は要らないですね。自分の占星術を究めていきましょう。

サビアンシンボルのルールを知る

アラビックパーツを読もう

ハーモニクス占星術に挑戦!

恒星占星術―太陽系を飛び出そう

時刻修正をしよう

他にも、まだまだ当ホームページに書ききれていない様々なホロスコープのチャートの種類や技法があります。

自分なりの占星術の道を見つけることができると良いですね!

ですが、色んな技法に走る前に・・

どんなことでも、一番大事なのは基本・基礎です。

最終的には、ホロスコープを丸っと感じることが大事ですから、そのために必要な本質的な学びは早い段階でしておきましょう!

「ホロスコープを感じる」方法については、メルマガでもご案内していますので、ぜひご登録くださいね↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけでホロスコープを感じる7日間】

【学ぶ価値ある?】ホロスコープでわかること。

ホロスコープでわかること。

「ホロスコープから、一体どんなことがわかるの?そもそも、ホロスコープって学ぶ価値ある?」

こういった疑問に答える記事です。

✔本記事のテーマ

ホロスコープ・占星術からわかること。あなたにとって、占星術は学ぶ価値があるか?を知る。

✔この記事を書いてる人

記事を書いてる私は、占星術師です。2年で200名近い女性たちのホロスコープを読み、伝えてきました。また、プロの占星術師を養成・輩出しています。

✔読者さんへの前置きメッセージ

本記事ではホロスコープからわかることをお伝えします。そして、あなたにとって占星術は本当に学ぶ価値のある学問であるかどうか見定めてくださいね。

私自身は、占星術を学び手に入れた知識や視野は、ほんとうに価値のあるものであったと感じています。

自分自身が占いの仕事をしていること自体ももちろんですが、それ以上に、人間関係が良くなり圧倒的に生きやすくなりました。

占星術は、この混沌とした世の中で魂を輝かせて生きるための智慧です。

ぜひ、この記事を読んで、占星術・ホロスコープが、あなたの人生にとってもまた必要なものであるかどうか、確かめて下さいね。

それでは、さっそく見ていきましょう。

ホロスコープとは何か?

ホロスコープとは、あなたの魂の1日としての「人生」の設計図です。

ですが、それはあなたの運命をすべて決めてしまうというものではありません。

意外に思われるかもしれませんが、占星術には、宿命的な要素は少ないのです。

そのため、たとえ全く同じチャートを持つ双子であっても、人生の歩みは違います。

もちろん共通する部分もあります。その純粋なエネルギー(未だ形になっていないもの)を、どう人生にいかし、具現化していくのか?その方法は、人生の数ほどに存在するのです。

なぜホロスコープは当たるのか?

ホロスコープを支える構造は、宇宙法則です。宇宙法則とは時代や国を問わず普遍的なものであり、人間という存在もまた、そうした大きな法則の一部として生きています。

それゆえ、ホロスコープは「当たる」というよりも、ものごとの理(ことわり)を表していると考えると良いでしょう。

そこから「人生に役立つ」レベルの情報をと読み解けるかどうかは、占星術師の腕次第というわけです。

ホロスコープから具体的にわかること。

さて、ここからは具体的に「人生に役立つレベル」で、ホロスコープから読み解けることをお伝えします!

年代別に鍛えるテーマ

ホロスコープからは、およそ10年単位でのあなたのテーマが読み取れます。天体それぞれに発達年齢域という概念があり、年齢ごとに学ぶテーマがあらわれます。なお、これはもっともベーシックな基本形です。

ほかにも、プログレスの月を見る手法では1ヶ月単位のテーマを知ることができますし、土星のサイクル(サターンリターン)を見ることで、29年単位の学びのテーマを知ることができます。さらにこの29年を4分割して7年単位で見ることもできますね。

つまり、小さな単位から大きな単位まで、あなたのなかには複数の時間軸が流れていて、それらを知ることで「人生」というスパンにおいて「今」やるべきことがわかるのです。

【発達年齢域】ホロスコープから読む、あなたの人生。【人生の軌跡】

前世とカルマ

あなたは「前世」や「輪廻転生」を信じていますか?占星術は、魂が転生する前提で成り立っています。

そのため、前世や前世から持ち越したカルマ(偏り)について知ることができます。

前世は月、そしてドラゴンテイルにあらわれます。

月星座と前世
ドラゴンヘッドホロスコープから知るあなたの前世
ドラゴンヘッドとカルマ

なお、転生については、他にも面白い説があります。

エドガーケイシーという有名な人物がいるのですが、ケイシーは「人は地球に転生するまでの間に地球以外の惑星に滞在していて、それがホロスコープに表れる」というユニークな転生観を伝えています。

ただ、占星術業界で一般的な考え方として浸透しているものではないです。もしあなたが占星術マニア(?)であれば一読されても良いかなと思います。

性格や体質、健康について

基本的な性格もまた、ホロスコープから読み取ることができます。天体のサインやエレメント、アスペクトの状態によくあらわれます。

また重要なポイントとなるのがアセンダントです。アセンダントはその人のもっとも基礎となる人格の土台です。

そのため、 アセンダントを知ることで、基本的な性格を知ることができるのです。

アセンダント―12星座別の性格

また、健康状態については

    • 月へのアスペクト
    • 6ハウスの状態

これらを読み解くことで、身体の弱い部位やストレス耐性などがわかります。

サイン体の部位と星座の対応

本から学ぶとしたら、松村潔先生のこちらの本が良いと思います。

人生を通して目指す方向

北極星のように、常に目印となる指針があれば・・そう思ったとき、ホロスコープにおけるMCというポイントを見ます。

MCというのは、太陽の通り道の一番天高い場所。そこへ到達できるかどうかは別にして、そこは社会で生きてくあなたが目指す場所です。

人生の終着点のイメージ

子ども時代、青春時代、大人になってから・・いろんな人生のチャレンジや苦楽があったでしょう。

その結果、私たちの人生は、どこに着地するのでしょうか?

ホロスコープにおいては、土星が、あなたの人生の終着点を表します。

人生を通していろいろ頑張ってみた結果、最終的に落ち着く生き方や暮らし方、考え方などが土星にあらわれます。

もっとも、それはあなたが自分の人生をしっかりと生きていたら、の話。

というのも、自分の人生を生きていない人の場合、その人の土星は、自分ではない人の「常識」に乗っ取られてしまうから。

なお、土星が発達する以前の若い人のホロスコープの場合は、土星を「苦手意識」や「コンプレックス」として読むのが一般的です。

インナーチャイルド

インナーチャイルドという言葉を聞いたことがありますか?

幼少期のトラウマや心の傷のことを、インナーチャイルドと言い表すことがあります。

そして、このインナーチャイルドの正体は「幼少期に感じた辛い感情」なのです。

くすぶったまま心のなかに居座ってしまった感情が、大人になっても昇華されずにいる状態のことを「インナーチャイルドが傷ついている」と言い表すのです。

ホロスコープにおいては、月が、インナーチャイルドの状態を読み解く手掛かりとなります。

仕事の能力タイプ

何をしてどこで誰と働くか?多くの人にとって、仕事は人生において重要な位置を占めるでしょう。

企業に勤めるのか、家事や育児に専念するのか、 自営業となるのかなど、現代の日本においては選択肢は多いです。

ホロスコープからは、主にハウスを読んでいくことで

  • あなたにあった働き方
  • あなたに向いている職場環境
  • 人によっては仕事のジャンル
  • お金を稼ぐことに対する意識

など、多くのことがわかります。

働き方に悩む人にとって、ホロスコープは自分らしく働くための有意義な指針になるはずです。

あなたの適職は?
ホロスコープでわかる自分らしい働き方。自営業の6つのパターン。

異性の好み

どんな男性に惹かれやすい?理想の結婚相手はどんな人?

女性の場合は、火星や太陽を通して「男性」のイメージが投影されます。

また、恋愛体質であるか?依存的になりやすいか?そういったことも、エレメントなどから読み解いていくことができます。

両親との関係や幼少期の家庭環境

両親との関係もまた、ホロスコープに表れることがあります。

教科書的に読み解くと、太陽=父親像であり、月=母親像です。ですが、これは必ずしも100%当てはまるわけでもないようです。

ただし、いくつかパターンがあり、たとえば2ハウスに月がある人は母親との縁が強い傾向があります。

また、家庭環境については4ハウスの状態も見ます。

家系的な縁の深さや、家系の種類

家系を表すのは、4ハウスやICです。これらは、その人のルーツや拠り所を示します。

ICが土星とハードアスペクトをとっていたり、4ハウスにトランスサタニアン(海王星・天王星・冥王星)がある場合、家庭環境が特殊な状況になりやすいです。

お金の稼ぎ方

仕事のタイプとも似てきますが、お金の稼ぎ方はハウスに顕著にあらわれます。

2ハウスに天体が多い場合、自分の能力をいかして稼ぐ才がありますし、7ハウスの場合は、ビジネスパートナー次第で状況は大きく変化します。

8ハウスの場合は、事業を引き継ぐ場合もあります。投資にも向いていると言われます。10ハウスはが強い人は、社会的な肩書き・ステータスが金運につながります。

趣味やセンスの雰囲気

その人の持つ感性やセンスについてもホロスコープに表れることがあります。

上品な雰囲気なのか、独特で尖っているのか。あるいは退廃的であったりノスタルジックであったり、貴族のようなひ豪奢なセンスを持っていたり。

ホロスコープを読んでいると、ひとりひとり、それぞれ別の小説を読んでいるかのように感じるほどです。

なお、センスや感性については金星を読みます。天王星が絡んでいると、オリジナルな雰囲気が出てきますね。

他にもサビアンシンボルを全体的にみていくと、共通する雰囲気を拾い上げることができます。

常識的を重んじるタイプか、破天荒なタイプか。

常識を重んじるタイプの人は、社会の安定を支える役割を持っていることが多いようです。

一方で、 破天荒なタイプの人は、世の中をひっかきまわす役割であるか、あるいは変革を担う立場の人です。

常識を重んじるタイプの方は、土星がオポジションなどのアスペクトで目立っているようなケースが多いですね。

破天荒タイプの人は、風のエレメントが多かったり、トランスサタニアンの影響が顕著で、変革タイプの人は、天王星や11ハウスに何かしらの特徴があるようです。

あなたの人生のテーマ

人生のテーマは、人それぞれ。別の記事まとめています。

【あなたの魂タイプ】人生の目的を、ホロスコープから知る。
ホロスコープで使命を知るということ。

占星術を学んだほうが良い人。

ここまで説明した内容を読んで、どのように感じられたでしょうか?

次のいずれかに当てはまる人であれば、占星術を学び、ホロスコープを読めるようになることで大きなメリットを得られるはずです。

  • この記事に書かれた内容を知って、自分の人生に活かしたい!と思う人。
  • 人のホロスコープを読むことで、ひとりひとりのオリジナルな人生観に触れて、視点を増やしたい人
  • 自分の視点だけで生きるのではなく、多様性を学び、受け入れていきたいと感じる人
  • これらを学び、人々に伝える仕事をしていきたい人

当てはまるものはありましたか?

加えて、占星術が好きな人にはある特徴があるようです。こちらの記事も参考にしてくださいね。

占星術のやり方・読み方。《あなたは占星術向き?》

無料メールマガジン登録【読むだけでホロスコープを感じる7日間】