トランジットの月を読む~月読みで日々のムードを感じてみよう。

占星術が好きな人でしたら、日々のことも自分で読んでみたいな!と思いますよね。

日々の雰囲気を知るには、まず最初は、トランジットの月を見るのがおすすめです。

なんでトランジットの月を見るといいの?

月は、10個の惑星のなかで、一番動きの速い星だからです。

月はおよそ2日半で、ひとつのサインやハウスを通過していきます。

ですので、移り変わりやすい日々のムードを知るには、まず月の位置を確認するといいですね。

また、トランジットの月が、あなた自身の出生ホロスコープのどの場所に位置するか確認してみてください。

現在運行中のトランジットの月が、あなたに投げかける”雰囲気”がわかりますよ。

トランジットの月×出生ホロスコープのハウスから見る、日々のムード

トランジットの月が、各々の出生ホロスコープのどのハウスに位置するかによって、それぞれのハウスのテーマを無意識で感じやすくなります。

トランジットの月がネイタル第1ハウス

あなた自身の存在感が強まり、何かを始めるとき。

トランジットの月がネイタル第2ハウス

お金に関すること。ショッピングに行きたくなるかも。

トランジットの月がネイタル第3ハウス

学びのとき。情報発信をしたくなるタイミングかも。

トランジットの月がネイタル第4ハウス

家にいたくなったり、家族と過ごすなど。

トランジットの月がネイタル第5ハウス

なにか楽しいことやレジャーに繰り出すかも。

トランジットの月がネイタル第6ハウス

健康や美容を重点的に。あるいは日々のルーティンを強化するとき。

トランジットの月がネイタル第7ハウス

人との関わり増えるかも。

トランジットの月がネイタル第8ハウス

人や組織などと、深く関わるタイミング。

トランジットの月がネイタル第9ハウス

見聞を広げる。旅にでる。想いを馳せる。

トランジットの月がネイタル第10ハウス

仕事のことがテーマになるかも。

トランジットの月がネイタル第11ハウス

趣味の交流関係などが気になるかも。

トランジットの月がネイタル第12ハウス

過去を振り返って、内省しがち。

トランジットの月だけでいいの?

占星術では主に10個の惑星を使いますから、ほんとうは全部見たほうが正確です。

とはいえ、すべて考慮すると大変なので、

日々のムードを知るくらいでしたら、月をパッと確認してみるということですね。

個人的になかなか面白いな、と思うのは

トランジットの月が土サインに位置しているときには、急に気温が下がって肌寒くなることがよくあります。

日々のお天気もまた、月のムード演出のひとつかもしれないですね。

参考文献

星の動きとリズム、読み方について、詳しく書いてあります。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】