ホロスコープの出生時間がわからない

出生時間のわからないホロスコープを読むには、どうしたらいいか

「生まれた時間がわからないホロスコープは、どう読めばいいですか?」

占星術を教えていると、生徒さんからたびたび聞かれる質問です。

結論からいうと、出生時間のわからないホロスコープを読む方法は2つあります。

  • ハウスやアングルを無視して読む
  • レクティフィケーション(出生時間の割り出し)する

以上の2パターンになるかと思います。

どちらの方法で鑑定をするか、鑑定をする人は事前にご自身のスタンスを決めておいて、お客様にも伝えておくと良いでしょう。

なお、お仕事でホロスコープ・リーディングをされる場合、出生時間のわからない人のレクティフィケーションについては、追加料金を設定する占星術の先生が多いようです。出生時間の割り出しは、それだけ、手間暇かかることです。

それでは、以下に具体的な方法をお伝えしていきます。

ホロスコープの出生時間がわからないの対処法1:ハウスを無視して読む

出生時間がわからないと、アセンダントが定まりません。その結果、ハウスについても特定できなくなります。

また、天体のなかで最も足の速いに関しては、およそ2時間で1度移動します。

つまり出生時刻がわからなければ、月の正確なホロスコープ上の位置がわからず、月星座(月のサイン)までも変わってくるのです。

ですから、出生時刻がわからないままホロスコープ・チャートを読む場合、

  • 天体のサイン
  • 天体のアスペクト
  • 月については、時間による移動を考慮

こうした観点を中心にリーディングしていくことになります。

また当然ながら、アセンダントやMCといった感受点も読むことができません。

この範囲で得られる情報ですと、その人の性格的な傾向は十分に読み取れますが、その人が持つ才能を社会や家庭生活・地域社会でどのように活かしていくか?という点については、正直かなり読み解きが難しくなってきます。

そこで、おすすめなのがレクティフィケーションという技法です。

ホロスコープの出生時間がわからないの対処法2:レクティフィケーションする

レクティフィケーションというのは、その人の生まれた時刻をヒアリングとホロスコープを照らし合わせながら割り出す手法です。

これが正直なところ、占星術という「沼」のなかでも「沼中の沼」でして、かなり奥が深くて難易度も高いのです。

突き詰めていくと、どこまでも答えはないような気がするのですが、そうは言っても出生時刻の割り出しができないとホロスコープ・リーディングがままならないわけです。

そこで、占星術の基礎を学ばれた方であれば実践できるレクティフィケーションの手順を以下にまとめました。

わたしの生徒さんたちも、この手法で実践して成果を出してくださっています。

レクティフィケーション

ぜひ、参考にしてくださいね。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】