キロン

心理占星術とは【おすすめ本の紹介】

心理占星術の意味について

「心理占星術ってなに?普通の西洋占星術と何が違うの?」

私自身も、最初に心理占星術のことを知ったときには、そのように思いました。

占星術自体は、はるか昔から存在します。古典占星術という言葉もあるくらいです。一方で『心理占星術』は比較的近年になって確立された分野です。

心理占星術とは何か?

一言で言うと、心理学の思想や手法を取りいれた西洋占星術です。特にユング心理学の流れを汲んでいます。

そのため、心理占星術を習得するためには、占星術の知識に加えて、心理学の素養が必要となります。

心理占星術の特徴

心理占星術における代表的な考え方を紹介します。

心の4つの機能とエレメント

心とエレメント・星座にも、心理学的関連があります。

心の機能の定義

ユング心理学においては、心の機能を次の4つに定義しています。

  • 直観機能
    • 五感ではとらえられない総合的な判断
  • 感覚機能
    • 現実に存在するものを五感でとらえ、快・不快で判断する
  • 思考機能
    • 情感よりも論理を重視して、合意的に考える働き
  • 感情機能
    • 論理より情感を重んじ、好き嫌いで判断する

これらの心の機能を、4つのエレメントに対応させて考えるのが心理占星術となります。

直観機能

火の星座に対応。牡羊座、獅子座、射手座

感覚機能

地の星座に対応。牡牛座、乙女座、山羊座

思考機能

風の星座に対応。双子座、天秤座、水瓶座

感情機能

水の星座に対応。蟹座、蠍座、魚座

心の構造と、惑星の対応

通常の西洋占星術と、心理占星術の大きな違いとして、惑星に対する考え方があります。

占星術においては、惑星のエネルギーは宇宙構造と対応するものとして考えます。一方、心理占星術においては、心理的なエネルギーとしてとらえます。

たとえば、心理占星術においては、惑星を次のように定義しています。

個人レベルの意識

太陽と月

個人レベルの無意識

水星、金星、木星、土星

集合無意識

天王星、海王星、冥王星

通常の占星術における惑星の考え方については、こちらの記事もどうぞ。

ホロスコープから読むあなたの人生

無意識の影:シャドウ

シャドウとは意識のなかの影の部分です。本来、あまり人が見たくない部分でもあります。

そして心理学において、よく知られた現象として「シャドウの投影」というものがあります。

たとえば、人が悪口を言っているときには、他者を非難しているようで実際は自分のシャドウ(心の影の部分)を他人に投影していると考えるのです。

そして、心理占星術においては、土星の状態からあなたのシャドウを見つけ出そうとします。

たとえば、土星が牡羊座にあれば

  • 牡羊座的な率直な生き方に対して、恐れを抱く
  • あるいは、過剰に牡羊座的であろうとして、自己中心的になりすぎる

など、シャドウの影響を考慮する、といった方法でホロスコープを読んでいきます。

カイロンに見る心の傷

心理学においては心の傷や、トラウマについても考慮されます。

そして心理占星術においては、小惑星カイロン(キロン)を見ることによって、その人の深いところにある傷にアプローチしようとします。

カイロン(キロン)については、別に記事をまとめています。

まとめ

心理占星術とは、心理学的アプローチと占星術が融合したものです。

占星術の世界は、基礎は同じですが、途中から道が分かれていきます。

自分にとってより良い占星術の道を見つけてくださいね。

心理占星学を学ぶための書籍

心理占星学で有名な本です。ユング心理学との関連がわかりやすく説明されています。

また翻訳本ではなくもともと日本語で書かれていることから、読みやすい一冊です。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

キロン―キロンの位置するハウスからわかる、あなたの傷・トラウマ―【占星術・ホロスコープ】

キロンとは

キロンは、1977年11月1日にカリフォルニアで発見された天体です。この記事では、キロンの占星術的な意味について解説します。

キロンについて

キロンの意味

キロンは「魂の傷(トラウマ)」を表します。

「傷ついた癒し手」とも呼ばれ、癒し・ヒーリングに関わる天体です。

キロンの位置

土星と天王星の間に位置する天体です。土星までが人生の範疇であり、地球上での時間軸が適用されると言われます。天王星以降は、人智を超えたレベルの象徴となります。そのため、内惑星とトランスサタニアン橋渡し的なポジションが、キロンの役割になります。

トランスサタニアンとは

キロンの公転周期とキロンリターン

公転周期は、およそ50年です。50年に1度、キロンリターンを迎えます。キロンリターンは、50歳ころ。魂の傷を癒すためには、50年必要なのです。

キロンの神話

キロンは、ギリシャ神話におけるケンタウロス族の一人、ケイロンがキロン(カイロン)の名前の由来です。神話でのケイロンは、母親から見捨てられます。その痛みを知っているからこそ、ケイロンは優れた賢者となりました。

キロンが取り上げられる時代背景

キロンが提示するテーマは「トラウマ」です。キロンが占星術的に取り上げられるようになった背景には、とりわけ現代社会における心理学的アプローチへの興味・関心の高まりがあります。

というのも、現代人は次ような孤独や疎外感を感じている人が多いからです。

  • 父親の不在
  • 母親からの拒絶

キロンの傷が表すは、現代社会の病理でもあります。だからこそ、近年、ヒーリングや癒しに関することが流行しています。

キロンの影響を受けやすい人

キロンの影響を受けやすい人は、ホロスコープ上で次のような配置を取る人と言われます。

  • 1ハウス、4ハウス、7ハウス、10ハウス(アンギュラーハウス)にキロンがある。
  • キロンがライツ(太陽、月)とアスペクトを持つ。
  • アセンダントの支配星とキロンがアスペクトを持つ。

キロンとハウス

出生図のなかで、キロンがどのハウスにあるか確認してください。キロンの位置するハウスは、あなたの魂がどのような傷を持つか、表しています。

キロンが1ハウス

1ハウスは「自我感覚」「アイデンティティ」「個の確立」を意味します。1ハウスのキロンがある場合、自分が世界に存在する意味について、問いかける人が多くいます。自分の身体にコンプレックスを抱く場合も。セラピストにも多い配置です。

キロンが2ハウス

2ハウスは「所有」「資産」「価値観」を表します。この位置にキロンがあると、自分自身に価値があると思えず、その代わりに所有欲が強くなることも。お金や自分の欲求のコントロールが苦手なケースもあります。

キロンが3ハウス

3ハウスは「コミュニケーション」のハウスです。自分自身の言語能力、知性や論理性に対して、コンプレックスがある場合があります。特に小学生くらいの時期に、コンプレックスを感じやすいです。

キロンが4ハウス

4ハウスは「家庭」「安心できるホーム」を表します。この位置にキロンがあると、幼少時に心が安定する場所が得られないケースがあります。子どものころに、両親が離婚したケースなどで傷つく経験なども、可能性としてあります。

キロンが5ハウス

5ハウスは「創造」「楽しみ」です。そのため、5ハウスにキロンがある場合、子ども時代に伸び伸びとした自己表現や、遊びが十分にできず、そのことが傷となっている場合もあります。その傷が癒されないと、人から極端に「愛されたい」という気持ちを抱くことも。

キロンが6ハウス

6ハウスは「労働」「健康管理」のハウスです。ここにキロンがあると、身体的なコンプレックスを抱えていることも。あるいは潔癖症になったり、まったく日常的な家事などができなくなるケースも。

キロンが7ハウス

7ハウスは「他者との関係」を表すハウスです。そのため、人間関係や親との関係において、傷を持つこともあります。その結果、結婚や親密な人間関係を築くことに恐れを感じることも。

キロンが8ハウス

8ハウスは「魂のつながり」「生命力」です。この位置にキロンがあると、死への恐怖を感じやすくなったり、自己破壊衝動を持ちやすくなります。

キロンが9ハウス

9ハウスは「思想・哲学」「探求」のハウスです。この位置にキロンがあると、意味のない退屈な人生を送ることへの恐れを抱きやすい傾向があります。哲学や宗教に救いを求めたり、放浪生活を送る人も。

キロンが10ハウス

10ハウスは「社会的な地位」「仕事」「野心」などを表します。この位置にキロンがある場合、権威的な親や社会に傷ついた経験を持ち、その結果、確固として社会的地位を築くことに困難を感じることがあります。

キロンが11ハウス

11ハウスは「志の通じる人」「組織の外」を表します。ここにキロンがあると、自分は”社会のはみ出し者だ”という思いを持ちやすいです。自分の居場所探しをして、スピリチュアルなグループを渡り歩くことも。異質なものを認める力があります。

キロンが12ハウス

12ハウスは「秘密」「精神的なもの」を表します。ここにキロンがある場合、誕生以前の前世から、何らかの魂の傷を持ちこしていることがあります。現実感覚よりもイメージ感覚が強い人も。

キロンとアスペクト

キロンに対して、ライツ(太陽・月)がハードアスペクトの場合、キロンの傷が葛藤を引き起こしやすいと言われます。イージーアスペクトの場合、キロンの傷には無自覚なことが多いでしょう。

アスペクトについて

その他

参考文献

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】