スピリチュアル

月と太陽の秘密を、数字から知る。

こんにちは、水澤純です。

この記事では、少し不思議な月と太陽と数字のお話をします。

占星術と数字の法則

数字というのは、世界的に共通の概念ですよね。

というのも、

数字というのは、地域性を超えていて、宇宙法則に属する概念だからです。

占星術は宇宙法則によって成り立っていますから、もちろん数字とも関連してきます。

※ホロスコープを理解するためには、宇宙法則レベルでの理解が欠かせません。メルマガで詳しく説明してます↓↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

占星術に主に登場する数字は、1~12です。

惑星は10個で、星座は12種類ですね。ハウスも12あります。

 

ですが、今日この記事では「13」の数字が登場します。

※コラム的に楽しんでお読みください♬

月と13という数字

13という数字は、ホロスコープ上では見えにくい数字です。

ですが、とても興味深い数字です。

そもそもあなたは、13という数字にどんなイメージを持っていますか?

  • 不吉な数?
  • タロットの死神のカードの数字?

多くの人にとっては、ハッピーなイメージよりも「縁起の悪い」数字というイメージが強いと思います。

※これは、過去に「13」をネガティブなものとして印象付けたい宇宙的なグループによる、ネガティブキャンペーンの影響ともいわれています。

ですから本当は、とてもパワーのある数字なんですね。

太陽と月の数字

占星術的には、12が太陽だとすると、13は月になります。

太陽も月も、どちらも大事な天体ですよね。

なお、この数字は次の計算から導き出しています。

太陽

太陽が1年で、12宮(12サイン)を通過することから、太陽=12となります。

1年が12カ月というのもまた、太陽=12の根拠です。

一方、月は、公転周期が28日。

28×13=364となりり、1年の長さのためには13周必要です。

このことから月=13という数字になります。

 

なお、12は偶数ですが、13は奇数です。

そして、13という数字は1か13かでしか割ることができない数です。

 

ですから「割り切れない」「腑に落ちない」と、なんとも定義しがたい数字が13であり、そして月なのです。

 

占星術を学んでいると気が付くかもしれませんが、月には象意がたくさんあり、とても複雑な意味合いを持つ天体です。

月というのは、とても曖昧な天体なんですね。

※プロの占星術師になるには、その曖昧性を許容することも必要です。それはそのまま、人間の曖昧性を受け入れることにもつながるからです。

月にまつわるスピリチュアルな話

ここから突然、ものすごくスピリチュアルな話をします。苦手な方はごめんなさい。

 

数字には、実は「宇宙人」が関わっているとも言われます。

現在の地球のベースを構成するのがプレアデス系であるともいわれますが、彼らが好むのは7とか12といった数字です。

一方で、13という数字は、アルクトゥルス系の宇宙種族が扱うことができる数字。

 

とてもパワーのある数字なのですが、13は12を切り替えるための作用を持つとも言われています。

今の世界は、12という数字で固まってしまって少し停滞している、とも考えられるのです。

 

この少し硬直した世界を、揺り起こすスイッチとしての数字が13

だからこそ、13はパワフルで不思議な数字なんですね。

太陽と月と数字のまとめ

12という数字はわかりやすいです。目的意識のハッキリとした太陽的です。

一方で、13はわかりにくく曖昧で無意識的です。これは月的な数字です。

 

ここで面白いのが、

13はホロスコープや数秘などの体系からはみ出した数字ということ。

 

太陽が示す、意識とか意志という合理的なものとは正反対ですよね。

 

合理性からはみ出した、狂気的な無意識領域。

それが月であり13という数字です。

参考文献

鏡リュウジ先生の本は文化的で知的好奇心が満たされます↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

月と女性性〜スピリチュアルの観点から知る月の秘密〜

月とは何か?~地球の転生歴から見る月の秘密~

ポラール時代からヒュペルボレアス時代へ。地球から太陽が分離。

ルドルフ・シュタイナーの宇宙論によると、はるか昔、地球と太陽と月は一体でした。この時代のことを、ポラール時代といいます。

その後、ヒュペルボレアス時代になり、地球から太陽が放出されました。

このときは歳差運動をさかのぼると、牡羊座の時代。もしかすると、牡羊座のマーク♈は、太陽がでていったことを表すのかもしれません。また当時の人間が鐘の形だったことから、人を模した記号かもしれません。

なおその後、太陽から、水星と金星が放出されます。また、これより以前に、土星と木星、火星が分離しています。

レムリアの時代に地球から月が分離し、両性に分かれた。

ヒュペルボレアス時代には、人間は子どもを産むと、すぐに自分の心が子どもの身体の中に入っていったため、死は経験しませんでした。
その後時代が過ぎ、レムリアの時代になります。レムリアの時代の中盤で、今度は地球から月が分離しました。

このとき時代は、歳差運動をさかのぼると、双子座の時代。♊のマークは、私たち人間から受胎能力が外へ出て行ったことにより、男性と女性に分かれたことを示すのかもしれません。

こうして人間は、受胎能力を持つ月を自らの外に放出したため、自己受胎ができなくなりました。

これが、月が女性性の象徴と言われる所以だと考えられます。生殖に関わるものが月です。

また、地球から月が分離したことにより、地上の女性は自らと違う人格の子どもを産むようになりました。これにより、人間は死を経験するようになります。

人が輪廻転生するようになったのです。これにより、私たちの魂は一度の人生で成長し進化することが難しくなりました。そのために人生を終えると、一度霊界へ戻るのです。その仕組みを司るのが、月です。

だから月は女性性に加え、前世、生まれ持った資質、本能などを含みます。また月は天使の支配領域とも言われ、前世の不完全さなどを月に保持しているのです。

ドラゴンヘッドとカルマ

ドラゴンヘッドが、カルマにかかわるのも、こうした月の作用が影響しているのでしょう。ドラゴンヘッドは、月よりもより集合的な、魂のクラスタ単位でのカルマかもしれません。

ドラゴンとカルマ

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】