ハウス

【プロが解説】ホロスコープでハウスの偏りからわかること

ホロスコープを作成すると、天体がどこかに偏って配置されているケースもありますよね。

人によっては、天体がホロスコープの上半分下半分に、また右半分左半分に集中して配置されていることがあります。

この天体の配置の偏りをハウスを基準に見てみると、わかることがあります。

ハウスの偏りから何がわかるのか。また、偏りが意味することについてお伝えします。

 

ハウスの偏りの見方

天体の偏りを見るときは、ホロスコープを1ハウスの始まりと7ハウスの始まりを結んだ線を水平に置いて見ます。

1ハウスと7ハウスを結んだ線を水平線とすると、大まかに以下のような区分となります。

1ハウス~6ハウス:下半分


7ハウス~12ハウス:上半分

4ハウス~9ハウス:右半分


10ハウス~3ハウス:左半分

ハウスの偏りは、天体が上下左右のどのハウスに偏っているかを見ていきます。

ハウスの偏りが意味すること

ハウスの偏りからは、大まかな個人の性格や傾向を知ることができます。

それでは、ハウスの偏り別に、個人の性格や傾向について紹介していきますね。

上半分のハウスに天体が偏っている

ホロスコープの上半分のハウスに天体の分布が偏っている人は、上昇志向が高く、社会的な価値や世間からの評価を大切にします。

ホロスコープの上半分は「陽の当たる昼の世界」でもあるので、社会的に認知され評価される生き方が、その人にとって大切だからです。

下半分のハウスに天体が偏っている

ホロスコープの下半分のハウスに天体の分布が偏っている人は、社会的な評価や、世間からどう見られるかよりも、自分自身が納得しているか、満足できるかどうかを大事にしています。

左半分のハウスに天体が偏っている

ホロスコープの左半分のハウスに天体の分布が偏っている人は、主体性が強く、自分の主張や考えを基準にして、物事を考えたり行動します。

あまり、環境や他者からの影響を受けず、自己責任で決めていく人です。

右半分のハウスに天体が偏っている

ホロスコープの右半分のハウスに天体の分布が偏っている人は、他者との出会いや、関係性を重視する傾向があります。

人からどのように見られているか、どんな関係を築けるか、相手にあわせて思考したり行動する傾向があります。

ハウスに偏りがなく、全体に散らばっている場合

ハウスに偏りがある人がいる一方で、ホロスコープ全体に天体が散らばっている人も、もちろんいます。

天体がまんべんなくホロスコープ全体に散らばっている人は、2つのケースが考えられます。

・性格の傾向として、バランスが取れている

・太陽や月といった主要な天体がある半球が、メインの価値観となっている

 

ホロスコープ初心者の方は、まず、ハウスの偏りに着目して、大まかに性格や傾向を把握してみるのもいいですね。

 

あわせて読みたい

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

ハウスに天体が集中するステリウムとは?読み方を解説

ホロスコープ上で、特定のハウスに天体が集中している場合があります。

一か所に天体が集中しているのは、何か意味ありげに感じますよね。

天体が一か所に固まってる状態は、西洋占星術ではステリウムと呼ばれています。

どういう状態をステリウムと呼ぶのかの定義と、ステリウムの読み方について解説します。

 ステリウムとは?

ホロスコープで天体が特定のハウスに集中しているステリウムの定義は、西洋占星術の専門家の間でも見解の相違があります。

・1つのハウスに3つ(もしくは4つ)の天体が集中している状態

・ハウスに関係なく、5~6度以内で星が集まっている状態

などが、よく言われている見解です。

一般的にステリウムと呼ぶときは、だいたい3つか4つの天体が一か所に固まっている状態を指すことが多く、特定のサインやハウスに収まる場合もあれば、またがることもあります。

私自身も、3つ以上の天体がグル―プとして機能する場合をステリウムという、と考えています。

より厳密な定義としては、日本の占星学研究者である石川源晃氏は、ステリウムを次のように定義されています。

ステリウムはホロスコープの天体がグループになって、アスペクトを形成するような特殊な場合である

ステリウムからわかること

ステリウムの場合は、天体一つひとつの働きだけではなく、ステリウムを形成する「天体のグループ」という新しい単位での働きがあると考えてみてください。

ステリウムがあると、ホロスコープから使命を読み解く大きな手がかりとなります。

なぜなら、ステリウムに対する他の天体とのアスペクトがあると、そのステリウムは人生において、「なんらかのやるべき仕事、天命」を果たすための役割を担っているはずだからです。

とくに、ステリウムのグループと、土星以降の天体(天王星、海王星、冥王星)とのアスペクトがあれば、よりその傾向は強化されるようです。

1ハウスに集中するステリウム

一般的に、力強く魅力的な人が多いので、その魅力を活かしていくといいですね。

多くの天体が人格の領域に入ってくるので、上手く使いこなす自制心と忍耐力を身に着ける必要があります。

自分を中心として物事を考えやすいので、他人からの客観的なアドバイスをもらいながらも、自分の在り方を整えるといいです。

2ハウスに集中するステリウム

自分の資質を活かして働くことや、お金を稼ぐこと・使うこと、何かを所有することなどに対して、強く天体が働きます。

うまく使いこなせば成功することもありますし、そうでなければ財政的な危機に陥ることもあります。

3ハウスに集中するステリウム

学ぶこと、好奇心を満たすことに対して、エネルギーを注ぎやすいです。

次から次へと学んでばかりで、成果につながらないこともよくあるので、何かを達成したい場合は、点を線につなげて伴走してくれるような、サポーターの力を借りるといいです。

4ハウスに集中するステリウム

家の問題、家族のこと、心の安定というものに、多くのエネルギーを注ぎます。

不動産に関わる人もいます。家族を心理的にサポートするような仕事をしている人もいますし、歴史などの「ルーツ」に関わることをしている人もいます。

5ハウスに集中するステリウム

「楽しいことは何でもする」というように、あらゆる選択肢をやってみる人になりやすいです。

子どものように、いつまでもエネルギーに溢れるタイプか、あるいは出産子育てを通してその力を使っていく人もいます。

6ハウスに集中するステリウム

あまりにたくさんの仕事(とくに他者を手助けするようなサービス業や、労働など)を請負いすぎる傾向があります。

たくさんの仕事を請け負いすぎると、どこかで限界がくることもあります。限界がきたときに「相手に委ねる」といった、自分の手から離すことを学ぶことが必要なときがあるでしょう。

7ハウスに集中するステリウム

特定の相手に自分の判断を委ねる傾向があるので、相手選びだけは慎重に。

よいパートナー、理解者になれます。その一方、相手に振り回されたり、あるいは振り回したりすることもあるので、定期的に自分を客観的に見つめる時間が必要です。

8ハウスに集中するステリウム

8ハウスは、生、性、金融、死後の世界など、コントロールできないものの領域です。普通の人にとってはコントロールできないものですが、8ハウスステリウムであれば、それに向き合い、付き合い、その人なりのやり方で逆に「支配」していくような生き方になっていきます。

9ハウスに集中するステリウム

9ハウスは思想や哲学の領域ですが、ここに集中しすぎると「頭のなか」「理想の中」だけで生きがちです。

道徳や倫理を説く人もいますが、できれば、より具体的な知識や情報を、人に教えることもあわせて行っていくと、バランスがとれるようになります。

10ハウスに集中するステリウム

10ハウスステリウムの人は、自分にとっての権威者、たとえば父親や母親、上司との関係に悩みをもつことがあるでしょう。

上手く使いこなせない天体エネルギーは、他人の形を使って表れてくることがあるからです。時間はかかるかもしれませんが「自分の責任者は自分である」という環境をつくりだせるといいです。

11ハウスに集中するステリウム

11ハウスステリウムの場合、集団や団体の思想を強化してしまいがちです。自分や相手の、ひとりの個人としての考えを置き去りにしてしまうような面がでてきます。

理想に向かってまい進する力があるとともに、極端に走りすぎないように「個としての表現の場」なども持っておくといいです。

12ハウスに集中するステリウム

12ハウスは貢献、奉仕のハウス。12ハウスステリウムは、誰かのために捧げるための時間を持つといいです。

前世から修道院などの暮らしを経験しているかもしれません。同じくらい、自分の世界、ひとりの世界も必要なので、自分のために引きこもることも大切です。

ステリウムとオーバーロードの違い

同じように天体が集中している状態を指す言葉に「オーバーロード」があります。

オーバーロードはひとつのサインに天体が集中している状態を呼びます。

オーバーロードからわかること

オーバーロードの場合、12サインのうちの特定のサインが強調されることになります。

そのため、オーバーロードがあるサインの良い面と、欠点のようなものを同時に表れてきます。

サインの力を上手く使えていると、強力なパワーとなりますが、飲み込まれると許容できないリスクを生み出すこともあります。

だから、オーバーロードを持つ人は、そのサインの扱いを注意したほうがいいとされています。

また、サインが偏っていると、その人の持っている世界観が偏りやすく、周りから見ると「個性的な人」になりやすいです。

オーバーロードを持つひとは、自分に足りないサインを補う人と出会って協力関係を築けると、人生がうまく運ぶようになります。

これまでたくさんの方のホロスコープを見ていて、オーバーロードのサインの性質が強調されすぎると「底が抜ける」みたいな状況になることがあると感じてます。

わたし自身、山羊座に3つ天体がありますが、会社で働き過ぎて過労になったり、「家族の時間を大切にしたい!」「もっと人と感情的な交流がしたい!」と、社会的信用の高い会社をドロップアウトして、突然占い師になりました。

山羊座の底が抜けてしまうと、180度反対にあるサインの性質(山羊座の場合はかに座)も、入り込んでくるようです。

あわせて読みたい

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

独学でホロスコープを読むための18ステップ|占星術の勉強法

ホロスコープを独学で読むのは難しい?

こんにちは、ホロマムです。

「占星術って難しい」

ホロスコープに興味を持った人誰もが、一度は感じたことがあるでしょう。

私の友人は、ホロスコープのことを「沼」と呼びます(笑)そのくらい奥が深くて難しそう、という意味のようです。

でも実は、ホロスコープを習得することは、あなたが思うほど難しいことではありません。

多くの人が難しいと感じるのは、適切なステップで学んでいないからなのです。

そして適切なステップで学べば、独学でも読めるようになります。

ただ、独学にこだわないのであれば、自分にあった先生から学ぶことは、あなたのホロスコープ習得を、格段に効率化してくれるでしょう。

もし、あなたが、ホロスコープを読めるようになって人生を豊かにして、周りの人にも星のアドバイスを伝えたい、そう思うなら。

一緒に学習計画をみていきましょう。

あなたのステップにあった、もっとも効果的な方法が見つかるはずです。

ホロスコープを学びたい!【占星術を習得するためのステップ一覧】

ホロスコープ・リーディング基礎編

目標:ホロスコープ(出生図)が読めるようになる!

【1】ホロスコープを学びたい!これから学ぶ人は、まず12サインを知ろう。

【2】12サインはイメージできる♬つぎは10の天体を攻略!

【3】いよいよハウスを学ぼう!人生に役立つレベルの占いができる!

【4】アスペクトを学ぶ!アスペクトは星の架け橋。

【5】アングルを腑に落とそう!

まずは、ここまで到達できれば大丈夫♬

自分や家族、友人、お客様のホロスコープ(出生図)が読めます。

次から具体的に解説しますね!

※「ホロスコープを感じるように読む方法」については、メルマガでもさらに踏み込んで紹介してますので、ぜひご登録くださいね↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

【1】ホロスコープを学びたい!これから学ぶ人は、まず12サインを知ろう。

まず最初に、12サインの感覚をとらえましょう。これを12感覚といいます。

12サインはいわゆる12星座占いの星座に相当します。

なぜ12サインが大切か?その理由は、12サインとは人間が持つ12の感覚だからです。

私たち一人一人、得意な感覚は違っています。

ですが、ホロスコープを読むということは自分が苦手な感覚についても、直観的に理解する力が必要になるということ。

「12サインってこういう感覚だよね」

このイメージが掴めることが、ホロスコープ・リーディングの第一歩です!

【2】12サインはイメージできる♬つぎは10天体を攻略!

12サインのイメージが掴めたら、今度は10天体を攻略しましょう。

10天体とは、月・水星・金星・太陽・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星のことです。

そして、10天体を学ぶということは、10の時間軸を理解すること。

これはどういうことかというと、天体というのは「時間」であり「動的なエネルギー」なのです。

一方で、サインは「静」のエネルギー。

この「静=サイン」と「動=天体」が組み合わさることで、次に説明するハウスというエリアにエネルギーが伝道されます。

天体の「動」の力を捉えるために、10天体を学びます。

【3】いよいよハウスを学ぼう!人生に役立つレベルの占いができる!

ハウスのレベルで、ようやく「あなたの人生」レベルの出来事が読めるようになります。

先に説明したように、サインは「静的な感覚」であり天体は「動的な時間軸」でした。

そこにハウスという「場」があることによって、宇宙的な力が地球上で循環し始めます。だからこそ、ハウスは超重要!

「私にあった働き方は?仕事は?」

「私にとってのパートナーシップは?結婚の意味は?」

これらは主にハウスを読むことで得られる情報です。

地球上で役立つ、つまり人生に役に立つレベルの占いをするには、ハウスまでたどり着く必要があります。

また、ハウスというのは実はサインと上下関係にあります。なので、最初にサインを学んだことが、ここでまた活きてくるのです。

【4】アスペクトを学ぶ!アスペクトは星の架け橋。

あなたは、神聖幾何学という言葉を聞いたことがありますか?

神聖幾何学は、幾何学図形から宇宙の理を知る学問です。

そして実は、ホロスコープにおけるアスペクト構造のベースには、幾何学図形が隠されています。

つまり、アスペクトには、宇宙理念が表現されています。

そして、サイン・天体・ハウスによって地球にもたらされた宇宙の力は、アスペクトの幾何学図形の意図に沿って、私たちの人生に作用します。

アスペクトがときに難しいのは、現代の人々が宇宙理念を学ぶことに慣れていないから。

ホロマムの講座では、アスペクト幾何学論として、宇宙理念を踏まえてわかりやすくお伝えしています。

【5】アングルを腑に落とそう!

アングルとは、アセンダント・ディセンダント・MC・ICのことです。生まれた時刻によって、アングルは決まってきます。

アングルによって、人生における立ち位置が定まります。

これらのアングルの意味を理解すると

  • 外見や体質
  • 人生を通して向かう方向
  • 得意なこと、無意識の癖
  • 対人関係から学ぶこと

さまざまなことが理解できるようになります。

また、これは私や占星術仲間の経験則なのですが、アングルが同じ人同士は、過去生のつながりが強い傾向があるようです。

中級ホロスコープ・リーディング

ここからは、中級以降の内容です。このホームページでもいくつか記事を書いてます。学習の参考にしてください!

目標:ホロスコープを複数チャート読めるようになる

基礎編の「出生図」が読めたら、あとは応用です。前世や魂レベル、そして二重円、三重円に進みましょう♬

【6】ドラゴンヘッドから前世を知ろう

【7】新月図、満月図を読もう

【8】プログレスチャートの太陽と月の運行を読もう。

【9】トランジット図から、今現在の星模様を読もう

【10】小惑星やその他感受点を読もう

【11】相性図−シナストリーを読んでみよう

【12】相性図−コンポジットを読んでみよう

【13】1年の運勢−ソーラーリターンを読んでみよう

  上級ホロスコープ・リーディング

目標:自分の占星術を極めよう!

ここまで来たら、もう説明は要らないですね。自らの好みや方向性の応じて、自分の占星術を究めていきましょう。

【14】サビアンシンボルのルールを知る

【15】アラビックパーツを読もう

【16】ハーモニクス占星術に挑戦

【17】恒星占星術―太陽系を飛び出そう

【18】時刻修正をしよう

他にも、まだまだ当ホームページに書ききれていない様々なホロスコープのチャートの種類や技法があります。

自分なりの占星術の道を見つけることができると良いですね!

ですが、色んな技法に走る前に・・

どんなことでも、一番大事なのは基本・基礎です。

最終的には、ホロスコープを丸っと感じることが大事ですから、そのために必要な本質的な学びは早い段階でしておきましょう!

「ホロスコープを感じる」方法については、メルマガで具体的にご案内していますので、ぜひご登録くださいね↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

占星術・ホロスコープのやり方、読み方。【あなたは占星術向き?】

そもそもあなたは占星術師向き?人は導かれて、占星術に興味を持つ。

「ホロスコープが読めるようになりたい!」

「占星術がなぜか気になる!」

きっとこの記事を読んでるあなたは、占星術に興味がありますよね。

でも、本当に自分は占星術に向いているだろうか・・?

ふと、疑問がよぎることもあるかもしれません。

そこで、占星術のやり方・読み方をお伝えする一歩前に、あなたが占星術向きかどうか、チェックしてみましょう!

私が生徒さんや同業の仲間と出会ってきた経験上、占星術に惹かれる人には、ある特徴があることがわかりました。

次のような傾向がある方が多いです。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

☑頭であれこれ考えるのが好き。
☑考え事をする時間が長い。
☑幼少期から、人から「変わっている」と言われることが多い。
☑字を書くのが、得意ではない。
☑勉強好き。
☑自分の本当の居場所は”ここではないどこか”のような気がする。
☑自分では制御できない不思議な体験をしたことがある。
☑両親との関係で悩んだ経験がある。
☑子ども時代よりも、大人になってからのほうが生きやすい
☑頭のサイズは普通か、普通より少し大きい(小さくはない)

いかがでしたか?

要するに、占星術に興味を持つ傾向があるのは、宇宙とのパイプが強い人たちです。

ホロスコープを読むには、宇宙法則を知ること。

さて、あなたが占星術に向いてるタイプかどうか、ピンと来るものがありましたか?

占星術に興味を持つ人は、宇宙とのパイプが強く、宇宙法則にもまた興味を持つ人だということですね。

なぜなら、占星術というのは《天王星》の支配下にあり、《水瓶座》のエネルギーを持つからです。

天王星そして水瓶座の象徴は「宇宙法則」「普遍的理念」「本質」「変革」です。

もしあなたが、心に興味があるのであれば、心理学やカウンセリングを習えば良いでしょう。

人助けに興味を持つならば、他に方法はいくらでもあります。

また、占いにしてもタロットカードや四柱推命、易占い、手相、風水・・と様々な種類があります。

そのなかでも、あなたは占星術に興味を持ったということは

占星術やホロスコープの奥に隠された《宇宙法則》に惹かれているからでしょう。

※『ホロスコープに隠された宇宙法則』については、メルマガで詳しくお伝えしています↓↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

ホロスコープに隠される宇宙法則を学ぼう。それが占星術・ホロスコープの読み方/やり方につながります。

ホロスコープを構成する要素には、宇宙理念が貫かれています。

具体的に、見ていきましょう。

サイン(星座)

サインとは、星座の概念を西洋占星術で用いる場合に使う用語です。

いわゆる12星座のことだと思って下さい。

サインや星座は、宇宙にある12の感覚を表しています。宇宙の歴史をつくっているエネルギーでもあり、私たち人間の五感もまた、12の感覚の一部です。

サインを学ぶということは、宇宙にある12の感覚を学ぶということになります。

1~12という数字にもまた「数字の象徴」という普遍的な宇宙法則が含まれます。

惑星

惑星(天体)とは、太陽系の10の星のことです。

月・水星・金星・太陽・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星です。

天体に隠されている法則は

  • 人間が成長する魂プロセス
  • 宇宙(銀河系)に流れる10の時間軸

となります。

ハウス

ハウスは、12サインとの関係があります。

ハウスというのは地球上の活動領域そのものです。

サインというのは、宇宙の「静」のエネルギーであり、天体は「動」のエネルギーなのですが、これらのエネルギーの具体的な活動場所がハウスになります。

ハウスにもまた、人間が精神的に成長する過程が描かれており、数字の法則も適用されます。

アスペクト

アスペクトは、星と星の角度を表す要素です。

ホロスコープ上に現れる幾何学図形の一辺です。

神聖幾何学という言葉を聞いたことがありますか?

神聖幾何学については知らなくても、フラワーオブライフや、生命の樹については聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

このように幾何学図形のなかには、宇宙の生命の秘密が隠されています。

そして、ホロスコープ上のアスペクトには、この幾何学図形の意味が含まれています。

宇宙法則がわかれば、生きやすくなる。

ホロスコープを学ぶことは、宇宙法則を見出すことである、ということをお伝えしてきました。

だからこそ宇宙志向の人が、占星術を学ぶことで結果的に生きやすくなるというのは理にかなっていると感じます。

占星術に惹かれる人というのは地球社会よりも宇宙的な法則の価値観に魂が馴染んでいるからです。

つまり、ホロスコープが読めるから、人生が良くなるというよりも

宇宙の普遍的な原理を知るからこそ、地球に生きることの意味を思い出し、結果的に生きやすくなるのです。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

支配星とハウスの関係性―ホロスコープをより深く読む方法―

支配星とハウスの関係性

西洋占星術において、支配星とは?

サインと天体には、互いに関係があります。

そして、それぞれのサインに縁の深い天体が関連付けられています。これが、支配星という概念になります。

なお、世界の物事は「形」と「力」の両面で成り立っています。「静」と「動」の両面ともいえるでしょう。

占星術においては”空間”が「形」を表し、”時間”が「力」を表します。

12サインが「形」の面に相当します。そして、天体が「力」の活動に表されます。

12サインの静的な状態は、天体によってハウスに運ばれて、ハウスからハウスへのエネルギーの流れを作り出します。

現代の支配星一覧

中世までは、天体は7つしか使われていませんでした。しかし近代になって、天王星、海王星、冥王星が相次いで発見されたため、この3天体も支配星としての役割を与えられています。

そのため、現代では次のようなハウスとサイン、支配星の関係となっています。

ハウスとサイン、支配星の表

第1ハウス:牡羊座♈:火星♂
第2ハウス:牡牛座♉:金星♀
第3ハウス:双子座♊:水星☿
第4ハウス:蟹座♋:月☽
第5ハウス:獅子座♌:太陽☉
第6ハウス:乙女座♍:水星☿
第7ハウス:天秤座♎:金星♀
第8ハウス:蠍座♏:冥王星♇/副支配星として火星♂
第9ハウス:射手座♐:木星♃
第10ハウス:山羊座♑:土星♄
第11ハウス:水瓶座♒:天王星♅/副支配星として土星♄
第12ハウス:魚座♓:海王星♆/副支配星として木星♃

なお、水星と金星がについては主の支配星が、被っている(ふたつの天体の支配星を担っている)ことから、将来新たな天体の発見が期待されています。

トランスサタニアンの発見について

サインの支配星がどのハウスにあるか辿る:支配星の読み方

ホロスコープ・リーディングにおいて、サインの支配星がどのハウスにあるかによって、ハウスの活動に大きな違いが出ることが読み取れます。

たとえば、2ハウスのカスプ(ハウスの始まりの位置)の支配星が12ハウスにあれば、あまり現実的ではないことにお金を使うような指向性を表します。

このように2ハウス(金銭関係などを主に表す)のカスプのサインに対応する支配星が、どのハウスに位置しているかによって、金銭の使い道などがわかります。

他にも、たとえば1ハウスのカスプのサインの支配星が10ハウスにあれば、この人は社会的な経歴を向上させることに、個人のエネルギーを消費するでしょう。野心家的な性格が見て取れます。

このケースでは、もし1ハウスのカスプが牡羊座であれば、その支配星である火星の位置するハウスを確認すれば良いです。

このように、それぞれのハウスのカスプのサインの支配星が、どのハウスに存在しているかを確認することにより、ハウスからハウスへのエネルギーの流れがわかります。

参考文献:最新占星術入門/松村潔 著

ホロスコープのなかで、どのハウスからハウスへとエネルギーが注がれているのか、全てのパターンが網羅的・完結に記載されています。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

インターセプト―ハウスに挟まれたサイン―【占星術・ホロスコープ】

インターセプトとは?

インターセプトとは、ハウスに挟まれて閉じ込められたサインのことです。

インターセプトには「封じる」「とらえる」という意味があります。

この記事では、インターセプトの解釈の方法を説明します。

プラシーダス・ハウスシステムで生じる現象

現代占星術で最もよく使用されるハウスシステムである「プラシーダス・システム」では、ハウスは均等に30度ずつに分割されていません。

そのため、出生図によっては、あるハウスの中にすっぽりとひとつのサインが入ってしまい、そのサインがカスプ※上に出てこないという現象が生じます。この状態をインターセプトといいます。

また、その隠されたサインのことを「インターセプト・サイン」と言います。

※カスプとはハウスの始まりの位置を指します。

インターセプト・サインの特徴

たとえば、インターセプトで山羊座のサインが、1つのハウスのなかにすっぽり収まってしまった場合、山羊座の180度の位置にある蟹座もまた、インターセプト・サインとなります。

インターセプト・サインの解釈

インターセプトのサインは、その影響が出てくるには時間がかかります。若いころはとくに、インターセプト・サインのなかにある天体の活動に対して自信が持てない人が多いです。

次第に、人生経験を通して自信を持つことで、ようやくインターセプト・サインと天体の働きが、表に出てくるようになります。

また、インターセプト・サインを含むハウスは、ハウス自体が大きな度数幅を持つことになります。そのため、インターセプト・サインの持ち主は、その特定のハウスについての体験をじっくり時間をかけて育てていくことになります。

私個人の占い師経験においては、たとえば12ハウスのなかにインターセプト・サインを持つ方がいらっしゃって

「魂のつながりのあった大切な人の想い出を、ずっと大事に、誰にも壊されないように”自分の心の中”だけにそっと閉まっている」という方がおりました。

大事なものをできるだけ長く、誰の目にも触れず、自分のなかに大切に封じている。そんな側面があるのかもしれません。

インターセプト・サインが位置するハウスの意味

インターセプト・サインがどのハウスのなかに”閉じ込められている”かによって、解釈が異なってきます。

インターセプト・サインが1ハウス、7ハウスにある

他人から認められた生き方や人格とは違い、もうひとりの自分が隠されています。本人にとって、インターセプト・サインが示すものが、より「自分らしい」自分だと感じるでしょう。年齢とともに、徐々にその性格もオープンになっていきます。

インターセプト・サインが2ハウス、8ハウスにある

隠れた才能を表します。それが発掘されることで、新たな仕事や収入源にもつながります。発掘には時間がかかりますが、実現すると、人生の満足感が上がります。

インターセプト・サインが3ハウス、9ハウスにある

知識の探求をとても大切にしているため、年を重ねるほどに、さらに新しいことを学びたくなります。学校に入りなおしたり、大人になってからも勉強し続ける人でしょう。

インターセプト・サインが4ハウス、10ハウスにある

社会に適応するのに、時間がかかるタイプです。自立することに対して、ゆっくりと取り組みます。結婚などによって、インターセプト・サインが表に出てくることで、人生が大きく変化する人も。

インターセプト・サインが5ハウス、11ハウスにある

趣味や自分のたのしみ、交流関係などを制限しがちです。その代わりに仕事など、実生活のことに一生懸命取り組むでしょう。年を重ねるごとに、自分のための楽しみを、徐々に見出していくでしょう。

インターセプト・サインが6ハウス、12ハウスにある

他人との関わりから遮断された「秘密」「心の中」など、大切なプライベートを持っています。

ひとつのサインのなかにカスプが2つある場合

インターセプト・サインとは反対に、あるハウス幅が狭すぎることで、ふたつのハウスのカスプが含まれる場合もあります。

この場合、このサインに対する価値を十分に認識する前に、次の活動に移ってしまうため、そのハウスの価値を極端に低く見積もってしまう場合があります。

また、その次のハウスと混同してしまう傾向もあります。

たとえば、6ハウスがひとつのサインのなかに入ってしまっている場合、仕事や実務をおろそかにしてしまう(6ハウス軽視)や、仕事場で人付き合いを優先してしまう(7ハウスの混同)といった傾向がある場合があります。

その他

参考文献

こちらの本は占星術を学ぶにあたっての基礎を網羅したオススメの参考文献です。コンパクトなのに情報量が多く、インターセプトについても詳しく説明されています。

インターセプトについては、完全マスター西洋占星術にも記載があります。

 

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

コンポジットチャートで二人の相性を読む【占星術・ホロスコープ】

コンポジットチャートの読み方

この記事では、占星術におけるコンポジット・チャートを読む方法について記述します。

ホロスコープで相性を見る方法は、シナストリーとコンポジット

ホロスコープで相性を見る方法として、代表的なのは次の2つです。

  • シナストリー
  • コンポジット

シナストリーとは、ホロスコープのネイタルチャート間で相性を見るために用いる技法のひとつです。詳細は、シナストリー【相性】にまとめています。

そしてコンポジットとは、ミッドポイントの考え方を基にしたチャートで、2つ以上の出生図を合成することによって作成したチャートを読む技法です。

コンポジット・チャートにおける各ハウスの読み方

2つの出生図を合成することによって作成されたコンポジットチャートを読む場合には、一人の個人ではなく、複数の人間にあてはまる言葉を選ぶ必要があります。

以下に、コンポジットチャートにおける1ハウス~12ハウスの読み方をお伝えします。

コンポジットチャートにおける1ハウス

コンポジットチャートでの1ハウスは、パートナー同士がどんな関係であるかを表します。自分たちの関係性をどのように認識しているかが現れます。また、1ハウスのカスプであるアセンダントのサインも重要です。

またアセンダントサインの支配星についても、2人の人生において重要案意味を持ちます。

コンポジットチャートにおける2ハウス

2ハウスは、2人の共通の価値観、共有財産、金銭感覚と将来設計を表します。

2ハウスについては、出生図における2ハウスでの金銭の読み方とも共通した部分があります。たとえば2ハウスに海王星があれば、2人が一緒にいることで、いつの間にか散財してしまうでしょう。あるいは木星があれば、金銭的に困らない生活ができるはずです。

コンポジットチャートにおける3ハウス

3ハウスは、2人の日常的にどういった関係性であるかを示します。また、お互いの家族関係についてどう感じているかを表します。

コンポジットチャートにおける4ハウス

4ハウスは、家庭環境、生活環境を表します。またコンポジットチャートの場合、2人の関係がどういう家庭に発展するかが現れるのです。たとえば、4ハウスに天秤座の天体が存在するような場合、自宅にたくさんの人が訪れる開かれた場所になるでしょう。

コンポジットチャートにおける5ハウス

5ハウスは2人の子どもに関することに加えて、ともに楽しむことについても示します。

5ハウスの支配星あるいは5ハウス内にある天体と、トランジット天体の関係から、出産が2人にとってどのような意味を持つかを知ることもできます。

コンポジットチャートにおける6ハウス

6ハウスからは、日々の暮らしにおける2人の雑事について読み取ることができます。

たとえば、6ハウスが双子座・乙女座・射手座・魚座いずれかの柔軟宮のサインであれば、お互いに日常の雑事を手分けして対応するでしょう。

コンポジットチャートにおける7ハウス

7ハウスでは、友人や親戚などの周囲の人たちが、2人をどのように見ているかが表れます。とくに7ハウスのサインの性質が、2人の特徴をよく表すでしょう。蟹座であれば「家庭的で家族に対して献身的な夫婦」といったイメージになるでしょう。

コンポジットチャートにおける8ハウス

8ハウスは性的な関わりはもちろんですが、加えてお互いの助け合いがどのように行われるかも表します。どのようにお互いが求めあっているかを示す場所です。

また性に関することは、たとえば、乙女座や山羊座は性に対して強い興味関心を示さないサインです。そのため、ハウスやハウス内の天体などにこれらのサインがあれば、淡白な関係になることも想像できます。

コンポジットチャートにおける9ハウス

9ハウスは、宗教や文化に対する姿勢に加えて、旅行に対する価値観や、倫理的な価値観を示します。

水や地のエレメントのサインであれば、調和的な姿勢になるでしょう。一方、火のサインがあればやや激しい側面が見えます。風のサインの場合は、いずれにしても多くのコミュニケーションが必ようであることを示します。

コンポジットチャートにおける10ハウス

10ハウスはパートナーとともに共有する地位や名誉を表します。加えて、この先達成する可能性のある業績なども示します。

もし10ハウスに太陽があれば、大きな成果を達成するための手がかりが、チャートに示されているでしょう。

コンポジットチャートにおける11ハウス

11ハウスはパートナー同士の友情、また、2人の共通の友人との関係が示されます。

コンポジットチャートにおける12ハウス

12ハウスは出生図と同様に解釈のもっとも難しいハウスです。2人のプライベートな時間を表す場合もありますし、秘密の関係を示す場合もあります。他人からは見えない部分であり、2人が他人には決してみせない部分でもあるでしょう。

コンポジットチャートにおける天体・惑星の読み方

コンポジットチャートにおける天体の読み方を記述します。

コンポジットチャートにおける月

月は2人の感情表現、日常の習慣などを表します。お互いのことをどのように思っているかを最も端的に伝えるのが、月のサイン、ハウス、アスペクトです。ハードアスペクトが関わるような場合は、お互いにぶつかりあって学ぶ関係である場合もあります。

コンポジットチャートにおける水星

水星は2人のコミュニケーションの仕方、知的姿勢を明らかにします。どのサインやハウスにあるかによって、2人がまわりの出来事をどのように分析しているかを知ることができます。

コンポジットチャートにおける金星

コンポジットチャートにおいても、金星は愛の星です。2人の愛情の深さや、性質などを読み取ることができます。

コンポジットチャートにおける太陽

太陽は、2人の関係の基礎です。自分たちの持つ2人のイメージを表します。

コンポジットチャートにおける火星

火星は情熱の炎を表します。その2人の情熱が攻撃的なものなのか、あるいは建設的なものであるのか、チャートの内容から見ていくことができます。

コンポジットチャートにおける木星

木星は2人が拡大し成長していく可能性を示しています。

コンポジットチャートにおける土星

コンポジットチャートにおいて、土星は重要な役割を持ちます。2人の関係の”堅さ”に関わるからです。長い目でどのような関係を築き上げていくのか、そのヒントを知ることができます。

コンポジットチャートにおける天王星

天王星は覚醒、自由などを表す天体であり、コンポジットチャートにおいて天王星が位置するハウスに一種の動揺を生じさせるでしょう。

コンポジットチャートにおける海王星

海王星は、ポジティブに解釈すると、2人の共通の夢のありかを表します。一方で、ごまかしや不正などの出来事を示す場合もよくあります。

コンポジットチャートにおける冥王星

冥王星のあるハウスにおいて、変化や改革が起こりやすいと言われます。よい意味となるか、そうでないかは、2人の生きる姿勢によって大きく変わってくるでしょう。

3人以上のコンポジットチャート

コンポジットチャートは、当事者が何人であっても、全員を含んだコンポジットチャートを作成することができます。

最もよく使う機会が多いのは、恋人や夫婦などのパートナーでしょう。ですが、他にも親子や、家族全員、友人グループ、仕事のチーム、プロジェクトメンバーなど、複数人集まって何かをする際の方向性をみるときにも利用できます。

その他

参考文献

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

おすすめの記事

キロンとハウスからわかる魂の傷・アスペクトの意味

キロンとは

キロンは、1977年11月1日にカリフォルニアで発見された天体です。この記事では、キロンの占星術的な意味について解説します。

キロンについて

キロンの意味

キロンは「魂の傷(トラウマ)」を表します。

「傷ついた癒し手」とも呼ばれ、癒し・ヒーリングに関わる天体です。

キロンの位置

土星と天王星の間に位置する天体です。土星までが人生の範疇であり、地球上での時間軸が適用されると言われます。天王星以降は、人智を超えたレベルの象徴となります。そのため、内惑星とトランスサタニアン橋渡し的なポジションが、キロンの役割になります。

トランスサタニアンとは

キロンの公転周期とキロンリターン

公転周期は、およそ50年です。50年に1度、キロンリターンを迎えます。キロンリターンは、50歳ころ。魂の傷を癒すためには、50年必要なのです。

キロンの神話

キロンは、ギリシャ神話におけるケンタウロス族の一人、ケイロンがキロン(カイロン)の名前の由来です。神話でのケイロンは、母親から見捨てられます。その痛みを知っているからこそ、ケイロンは優れた賢者となりました。

キロンが取り上げられる時代背景

キロンが提示するテーマは「トラウマ」です。キロンが占星術的に取り上げられるようになった背景には、とりわけ現代社会における心理学的アプローチへの興味・関心の高まりがあります。

というのも、現代人は次ような孤独や疎外感を感じている人が多いからです。

  • 父親の不在
  • 母親からの拒絶

キロンの傷が表すは、現代社会の病理でもあります。だからこそ、近年、ヒーリングや癒しに関することが流行しています。

キロンの影響を受けやすい人

キロンの影響を受けやすい人は、ホロスコープ上で次のような配置を取る人と言われます。

  • 1ハウス、4ハウス、7ハウス、10ハウス(アンギュラーハウス)にキロンがある。
  • キロンがライツ(太陽、月)とアスペクトを持つ。
  • アセンダントの支配星とキロンがアスペクトを持つ。

他にも、キロンに対してプログレス天体が合などのアスペクトをとるタイミングでも、心理的な影響が出ることが多いようです。

キロンとハウス

出生図のなかで、キロンがどのハウスにあるか確認してください。キロンの位置するハウスは、あなたの魂がどのような傷を持つか、表しています。

キロンが1ハウス

1ハウスは「自我感覚」「アイデンティティ」「個の確立」を意味します。1ハウスのキロンがある場合、自分が世界に存在する意味について、問いかける人が多くいます。自分の身体にコンプレックスを抱く場合も。セラピストにも多い配置です。

キロンが2ハウス

2ハウスは「所有」「資産」「価値観」を表します。この位置にキロンがあると、自分自身に価値があると思えず、その代わりに所有欲が強くなることも。お金や自分の欲求のコントロールが苦手なケースもあります。

キロンが3ハウス

3ハウスは「コミュニケーション」のハウスです。自分自身の言語能力、知性や論理性に対して、コンプレックスがある場合があります。特に小学生くらいの時期に、コンプレックスを感じやすいです。

キロンが4ハウス

4ハウスは「家庭」「安心できるホーム」を表します。この位置にキロンがあると、幼少時に心が安定する場所が得られないケースがあります。子どものころに、両親が離婚したケースなどで傷つく経験なども、可能性としてあります。

キロンが5ハウス

5ハウスは「創造」「楽しみ」です。そのため、5ハウスにキロンがある場合、子ども時代に伸び伸びとした自己表現や、遊びが十分にできず、そのことが傷となっている場合もあります。その傷が癒されないと、人から極端に「愛されたい」という気持ちを抱くことも。

キロンが6ハウス

6ハウスは「労働」「健康管理」のハウスです。ここにキロンがあると、身体的なコンプレックスを抱えていることも。あるいは潔癖症になったり、まったく日常的な家事などができなくなるケースも。

キロンが7ハウス

7ハウスは「他者との関係」を表すハウスです。そのため、人間関係や親との関係において、傷を持つこともあります。その結果、結婚や親密な人間関係を築くことに恐れを感じることも。

キロンが8ハウス

8ハウスは「魂のつながり」「生命力」です。この位置にキロンがあると、死への恐怖を感じやすくなったり、自己破壊衝動を持ちやすくなります。

キロンが9ハウス

9ハウスは「思想・哲学」「探求」のハウスです。この位置にキロンがあると、意味のない退屈な人生を送ることへの恐れを抱きやすい傾向があります。哲学や宗教に救いを求めたり、放浪生活を送る人も。

キロンが10ハウス

10ハウスは「社会的な地位」「仕事」「野心」などを表します。この位置にキロンがある場合、権威的な親や社会に傷ついた経験を持ち、その結果、確固として社会的地位を築くことに困難を感じることがあります。

キロンが11ハウス

11ハウスは「志の通じる人」「組織の外」を表します。ここにキロンがあると、自分は”社会のはみ出し者だ”という思いを持ちやすいです。自分の居場所探しをして、スピリチュアルなグループを渡り歩くことも。異質なものを認める力があります。

キロンが12ハウス

12ハウスは「秘密」「精神的なもの」を表します。ここにキロンがある場合、誕生以前の前世から、何らかの魂の傷を持ちこしていることがあります。現実感覚よりもイメージ感覚が強い人も。

キロンとアスペクト

キロンに対して、ライツ(太陽・月)がハードアスペクトの場合、キロンの傷が葛藤を引き起こしやすいと言われます。イージーアスペクトの場合、キロンの傷には無自覚なことが多いでしょう。

アスペクトについて

その他

参考文献

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

プログレスチャート(二重円)【占星術・ホロスコープ】

ホロスコープ プログレスチャートとは

プログレスチャートは、ホロスコープの出生図をベースとした加工チャートです。プログレスチャートは出生図の位置をスタート地点にして、動き続けます。その人の中で動きける体内時計のようなものです。内的な変化をあらわします。

その人の内側で進行するチャートであるため、現在運行中のチャート(トランジットチャート)とは連動しません。

プログレスチャートのことを、二重円と呼ぶことがあります。チャートが二重になっているものであれば、なんであっても二重円ではあるのですが、特にプログレスのホロスコープチャートのことを指す場合が多いようです。

出生図が一重円だとすると、プログレスチャートが二重円となります。

三重円(トランジット/トランシット)はこちら

ホロスコープ プログレスチャートの種類

セカンダリープログレッション 1日1年法

プログレスチャートでは、この方式がもっとも一般的です。他にも、ソーラーアークプログレッション法や、プライマリープログレッション法などがあります。

セカンダリープログレッションでは、太陽の1日の進行分(約1度)が、1年に相当します。つまり、出生図の位置から、およそ1年で1度ずつ先へ進む動きとなります。1サインをおよそ30年かけて進行します。

一方で、月は1か月で約1度進行します。1サインが30度なので、30カ月で1つのサインを通過します。

プログレスチャート、二重円の読み方

セカンダリープログレッションでは、それぞれ惑星の進行速度が異なります。

  • 太陽であれば、1年に約1度
  • 月は1年に約12度
  • 水星、金星は、1年に1度程度
  • 火星は、2年で約1度

不規則な動きをすることもあるので、正確にはチャートを見てほしいのですが、おおよそ上記の速度で進行します。

太陽より外の天体も進行しますが、比較的ゆっくりと動くことになります。そのため、ほとんど出世図からずれませんが、少しずれたタイミングで、ほかの天体とアスペクトを組むこともあります。(オーブは1.5度以内を目安にすると良いでしょう)

プログレスチャート(二重円)は、少しずつ動くプログレス天体同士のアスペクトに加えて、プログレスと出生図のアスペクトを読むと良いでしょう。また、そこにトランジットを加えたものを三重円といいます。

また、プログレス太陽は1年に1度、プログレス月は1か月に1度進行する特徴を活かして、太陽や月が在泊する度数のサビアンシンボルを読むこともおすすめです。1年単位あるいは1か月単位で、サビアンシンボルの流れにそったリーディングをすることもできます。

ホロスコープでプログレスの月を読む

プログレスの月は、他の天体に比べると速く進行するため、リーディングには使い勝手のよい天体でしょう。サビアンシンボルを読むのにも適しています。毎月テーマとなるサビアンシンボルを読むことができます。

サビアンシンボルとは

プログレスの月のもっともわかりやすい読み方は、プログレス月が在泊するハウスのテーマから、現在のその人の内面を知ることです。

プログレス月が1ハウス

「自分らしさとは何か」「自分は本当はどう生きたいのか」を問い直して、その結果何か新しいことを始めたくなる時期。

プログレスの月が2ハウス

「持って生まれた能力や才能をどういかすか」思案する時期。これまで取り組んできたことの土台を固めるために、安定や所有、蓄積というプロセスに入ります。

プログレスの月が3ハウス

好奇心を発揮して、さまざまなことに取り組んだり、学習する時期。フットワークが軽く良く動きまわる時期です。

プログレスの月が4ハウス

心身の回復と充電を図ろうとする時期。家族や地域社会とのつながりを取り戻して、3ハウスで摩擦した物事を解消する時期。

プログレスの月が5ハウス

4ハウスで充足したエネルギーを放出して創造性を発揮する時期。自分をアピールすることや、恋愛にも意識が向きやすい。

プログレスの月が6ハウス

5ハウスの時期に行ったことの結果について、調整をしていく時期。社会や他者と折り合いをつけながら、自己管理などを学ぶ時期。

プログレスの月が7ハウス

他者の視点を意識したうえで社会と関わる時期。プログレス月が1~6ハウスを通過してきた14年間に取り組んできたテーマを、ここで改めて他者へ向けて提示する時期。

プログレスの月が8ハウス

家族や血縁者、配偶者、恋人、身近な人との人間関係に深くかかわる時期。自力では困難であった成長を果たす。

プログレスの月が9ハウス

なじんだ場所や人間関係から飛び出して、より遠い場所へ向かおうとする気持ちがわいてくる時期。

プログレスの月が10ハウス

社会的な地位・立場や肩書きを確立する時期。仕事や事業に関して目に見える成果を得るために努力する。社会的発展性がピークになる時期。

プログレスの月が11ハウス

10ハウスの成果の次に、新たな姿勢で新しい何かを模索する時期。職場以外での人間関係の開拓など。

プログレスの月が12ハウス

対外的な活動を控えて、物静かな生活のなかで、自分の好きなことにじっくりと取り組みたくなる時期。

参考文献

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】