12星座とハーブ・アロマ

ハーブ・アロマと星座は、たびたび関連付けられます。ただし、星座とハーブの分類については諸説あるため、この記事では星座とハーブの特徴を捉えていただければと思います。

牡羊座・蠍座に対応するハーブ【惑星:火星】【性質:熱・乾】

牡羊座支配星は火星です。蠍座は副支配星が火星となります。

火星は、積極的な行動力・能動性を表します。男性性の強い惑星です。この火星に対応するハーブは、葉の先が尖がっていて、成長するにつれ赤くなったり、辛味のあるものが多いとされます。主にスパイス類が対応します。

  • 温熱作用
  • 刺激作用
  • 血行促進作用

などを持つハーブが対応となります。

精油

ブラックペッパー、ガーリック、バジル、ジンジャー、クミン、コリアンダー など

牡牛座・天秤座に対応するハーブ【惑星:金星】【性質:冷・湿】

牡牛座と天秤座の支配星は、金星です。そして、愛と美の象徴である金星のハーブは、甘い香りと白い花を持つ植物であるとされています。葉の形も丸くなめらかな植物が多いようです。

  • 内分泌調整作用
  • 皮膚分泌調整作用
  • 細胞修復促進作用

などを持つハーブが対応します。女性の美や健康に関わるハーブと考えると良いでしょう。

精油

ローズ、イランイラン、ペパーミント、ゼラニウム、マートル、タイム など

双子座・乙女座に対応するハーブ【惑星:水星】【性質:冷・乾】

双子座・乙女座の支配星は水星です。知性やコミュニケーションに関係する惑星である水星は、人間の大脳や肺、舌、記憶、腸と関連があるとされます。神経系や呼吸器系に作用するハーブが主に対応となっています。

痩せた砂地で育つハーブが多く、シード類のハーブも多いです。

精油

フェンネル、ディル、バーチ、オレガノ、ラベンダー、クラリセージ、スイートマジョラム、ペパーミント、マートル、レモングラス など

蟹座に対応するハーブ【惑星:月】【性質:冷・湿】


蟹座の支配星である月は、体の体液や水分量に関係する星です。また月は女性性の象徴でもあり、月経周期にも密接な関係があります。そのため、蟹座に対応するハーブは、水の多い場所でよく育つハーブが多いです。少し甘味のあるハーブも多いようです。

  • ホルモン作用
  • 鎮静作用
  • 鎮痛作用
  • 健胃作用

などがある精油が、主に蟹座に対応するハーブとされています。

ハーブ(精油)

クラリセージ、ジャスミン、メリッサ、ライム、レモン、サントリナ、ローマンカモミール など

獅子座に対応するハーブ【惑星:太陽】【性質:熱・乾】

太陽の光をいっぱいに浴びて成長する植物が、太陽の支配星とする獅子座のハーブです。柑橘類などが太陽のハーブとされます。太陽のような形をしたキク科の植物もまた、獅子座のハーブに分類されます。

太陽は自己の輝きの象徴であることから、病原菌を寄せ付けずない作用があるハーブが多いとされます。

  • 免疫促進作用
  • 抗菌作用
  • 抗炎症作用
  • 細胞修復作用

などがあるハーブが獅子座のハーブとされています。

ほかにも瞑想、儀式などに使用されてきた、樹脂系のハーブも、獅子座に対応するハーブであると言わます。

ハーブ(精油)

ジュニパー、スイートオレンジ、カモミール、ローズウッド、ローズマリー、グレープフルーツ、マンダリン、ベルガモット、ミルラ、オリーブ、フランキンセンス など

射手座・魚座に対応するハーブ【惑星:木星】【性質:熱・湿】

射手座の支配星は木星です。魚座は副支配星が木星となります。

また、木星は肝臓と関連が不快ことから、

  • 胆汁分泌作用
  • デトックス作用

などを持つハーブとなります。

精油

ジュニパー、レモンバーベナ、メリッサ、セージ、フェンネル など

山羊座・水瓶座に対応するハーブ【惑星:土星】【性質:冷・乾】

山羊座の支配星は土星です。水瓶座は副支配星が土星となります。

人生における制限や厳しさ、人生をかけて到達する物事を象徴する土星に対応するハーブは、冷乾の性質を持ちます。そのため、冷やす作用を持ちます。また厳しい星であることから、毒性を持つ植物もあてはまります。

  • 解熱作用
  • 毒性をもつハーブ

精油

ユーカリ、シダーウッド、サンダルウッド など

ハーブの種類と4元素

占星術でおなじみの四元素は、ハーブと関連付けられることも多いです。

四気質とハーブの関係

ハーブは「熱・冷・湿・乾」といった特性を有しています。それぞれ、元素と気質との関係を表にまとめます。

気質についてはこちらの記事でまとめています。

気質

四大元素

性質

胆汁質 熱・乾
粘液質 冷・湿
多血質 熱・湿
憂鬱質 冷・乾