この記事では占星術を学習中の方に向けて、次のような疑問にお応えします。

  • 水星逆行ってなに?
  • 水星逆行時は、どんな影響があるの?

そもそも、天体逆行とは?

水星だけではなく、占星術における惑星は、月と太陽以外は逆行をします。

逆行というのは、物理的にに天体が逆向きに移動しているわけではなく、地球からみて『逆行しているように見える』現象のことです。これは地球と他の天体の位置関係から、逆向きに天体が動くように『観測』されるということです。

逆行による影響を見る方法

ですので、逆行というのは占星術・ホロスコープ上での出来事です。

そのため、チャートを読むときに意識する必要がでてきます。

具体的には、次のようなポイントを確認すると良いでしょう。

  • 自分の出生図(ネイタル)のどのハウスで逆行が起きるか?
  • 逆行天体が、他の天体や感受点とアスペクトを取るか?

逆行の留(ステーショナリー)とは?

逆行が始まる前後、終わる前後に、だんだん天体が速度を落として止まるときがあります。

このタイミングを、留(ステーショナリー)と呼び、逆行期間のなかでも最も「逆行に関する影響が強い」時期と言われます。

水星逆行の意味

10天体のなかでも、水星逆行は良くある事象であり、また逆行による影響を感じる方も多いようです。

水星はどのくらい逆行するの?

1年に3~4回、1度の逆行期間はおよそ3週間程度です。

水星逆行の意味

水星というのは、太陽に付き従う特徴があります。

そのため、水星は常に「太陽の示す意志・目的」をフォローするような役割があります。

ですが、水星逆行期間中は、水星が太陽の捕捉から少し逃げ出すんですね。

そこで、逆行中の水星は、ある意味目的を見失います。

『なんのために』という部分が曖昧になりやすくなるということです。

水星逆行期間中は、水星が太陽に従わずに、自由に動き出すというイメージを持っていただくと良いかもしれません。(ちょっと可愛いですよね)

そのため、水星逆行期間中は、いつもと違う方向で水星の力を使うことになります。

水星の象意から逆行の影響を知る

水星はコミュニケーションや通信を象徴する天体であるため、逆行期間中には次のような事象が発生しやすいとされています。

  • コミュニケーション・ミス
  • 各種機器の通信障害
  • 交通機関の停滞や混乱
  • 書類やメールなどの間違い
  • 発言の真意が誤解されやすい

上記だけだとネガティブなイメージを持つかもしれませんが、良い点もあります。

たとえば、

  • 過去を振り返ったり復習するのに最適
  • 内省するのに良い
  • プランを練り直す、見直すのに良いタイミング
  • 意識が外側よりも内側に向きやすいので、部屋にこもって書き物をしたり、創作するのに向いている

こうした特徴があるので、ネガティブ面だけにとらわれずに、上手にポジティブに水星逆行と付き合いたいですね!

出世図(ネイタル)の水星が逆行している人

※補足として、ネイタルの逆行水星について説明します。

水星が逆行しているときに生まれた人は、もちろんネイタルのホロスコープ上の水星が逆行している状態になります。

当然、水星が逆行していることは、その人のパーソナリティや思考方法に影響します。

具体的には、ネイタルの水星が逆行している人の場合は「世間一般」「メジャー」な考え方をするよりも、自分自身のユニークな思考をすることが多いとされます。

あのスティーブ・ジョブズも水星逆行時に生まれています!納得ですね。

無料メールマガジン登録【読むだけでホロスコープを感じる7日間】