読み方

ホロスコープから金運を読む方法

ホロスコープから金運を読むということ

わたしたちが現代社会で生きていくにあたって、お金は必要不可欠なものですね。

「お金より人が尊い」その前提があった上での金銭的な豊かさは、わたしたちの選択肢を広げてくれます。

この記事では、ホロスコープからあなたの金運を読む方法をお伝えします。あなたにとって最適なお金の流れ方を知ることは、充実した人生を送るために大切なことです。

もちろん、どんなに恵まれた星の配置を持っていたとしても(また、その逆だったとしても) 勤勉さは必要です。条件が良いことだけに甘んじていると、あっというまに富を失います。

なお、ここで紹介する内容は、これはあくまでパターン化して部分的に抜き出したものです。

ひとりひとりの状況は異なりますから、絶対そうだ、というものではありません。ホロスコープは複雑で、総合的に読まなければ見えないことが多々あります。

ですが、読み解きのヒントにはなると思います。

惑星とハウスとアスペクトから金運を読む

いくつか代表的な読み方の例を、お伝えします。

お金のハウス

収入を読むのは、主に第2ハウス。相続を読むのは第8ハウスです。そのほかのハウスも間接的に成功や富をもたらします。

第1ハウスの太陽

積極的で強い性格をもっており、この人がお金を稼ぐことに焦点をあてていれば、成功する確率は高いです。よいアスペクトを持つ木星が1ハウスにある場合も、利益をもたらすことがあります。

第2ハウスの太陽

お金を稼ぐ意欲のある人です。お金を稼ぐことで人格を育てるタイプの人で、成功するまで満足感を得ることができません。

また、よいアスペクトを持つ土星が第2ハウスある場合も「成功」の実現が現実的になります。

第4ハウスの太陽

家業、財産、富を受け継ぐことがあります。4ハウスの良いアスペクトを持つ土星は、不動産などを家系的な縁で相続することがあります。

第7ハウスの太陽

パートナーを通して、成功はもたらされます。パートナーがどのような人であるかが、大事です。

第8ハウスの太陽

第8ハウスは、株式・保険・パートナーのお金・他人のお金・投資・相続したお金などを表します。8ハウスに太陽がある人、パートナーを通してお金を受け取ります。そもそも、パートナーを豊かにする助けをしているのです。よいアスペクトを持つ土星が8ハウスにある場合も、良い投資結果をもたらすことがあります。

第10ハウスの太陽

キャリアチャンスを引き寄せます。野心的な人が多く、社会的な地位を得たいと思っています。

惑星とアスペクト

  • トランスサタニアン(天王星、海王星、冥王星)が金星や木星とのソフト・アスペクトは、富をもたらすことがあります。
  • 海王星や金星とソフト・アスペクトにある天王星は、予想外の富をもたらすことがあります。(このようなアスペクトの組み合わせを持つ人々は、宝くじに当選しやすいという占星術家もいます)
  • 木星や金星と冥王星のコンジャンクションは、豊かさの象徴です。とくに、木星と冥王星は億万長者の象徴ともいえます。たとえば、ビル・ゲイツのホロスコープは木星と冥王星が2ハウスで合ですし、投資家のウォーレン・バフェットは、第7ハウスで木星と冥王星が合です。
  • 土星と火星のアスペクトには、お金を稼ぐごとに対する努力の仕方があらわれることがあります。

惑星の度数(27、28、29度)

ホロスコープの27、28、29度に惑星がある人は、人生の中で特別な何かを達成することがあります。

27度、28度、29度に惑星がある大富豪や有名人はたくさんいます。(巨大な富か破産、どちらか両極端な結果をもららしている可能性もありますが・・特に29度は涙の度数ともいわれます。)

なお獅子座の場合は、29度は「パワーと成功」をもたらす幸福な度数ともいわれています。

お金を消費するアスペクト

お金を消費したり減らすエネルギーを持つ惑星は、月・金星・土星・海王星です。

とくに、月-土星月-金星月-海王星のハード・アスペクトは、取り扱いに気を付けたほうが良いでしょう。

金運とホロスコープ

ここで紹介したパターンは、ほんの一例であり、これがすべてだと断言するものでもありません。(矛盾するようですが、もちろん傾向としては”当たっている”ことはとても多いのですが・・)

いずれにしても、お金ってほとんどの人にとっては地球上で生きているための「手段」です。

生活のため、自己実現のため、家族のため、理想の実現のため・・と、なにか得たいものがあるから「お金」が必要であって、「お金」のために生きているわけじゃない。

だからこそ、知るべきはまず「自分はどんな人生を生きるべきか」「どう生きたいか」であり、お金はそれを、サポートするためのものであるということ。

自分らしく生きること」や「使命」について興味をもっていらっしゃる方は、よかったらホロマムのメルマガにもご参加くださいね。できるだけ本質的なことを、楽しくわかりやすく、お伝えするよう心掛けています。

↓↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

独学でホロスコープを読むための18ステップ|占星術の勉強法

ホロスコープを独学で読むのは難しい?

こんにちは、ホロマムです。

「占星術って難しい」

ホロスコープに興味を持った人誰もが、一度は感じたことがあるでしょう。

私の友人は、ホロスコープのことを「沼」と呼びます(笑)そのくらい奥が深くて難しそう、という意味のようです。

でも実は、ホロスコープを習得することは、あなたが思うほど難しいことではありません。

多くの人が難しいと感じるのは、適切なステップで学んでいないからなのです。

そして適切なステップで学べば、独学でも読めるようになります。

ただ、独学にこだわないのであれば、自分にあった先生から学ぶことは、あなたのホロスコープ習得を、格段に効率化してくれるでしょう。

もし、あなたが、ホロスコープを読めるようになって人生を豊かにして、周りの人にも星のアドバイスを伝えたい、そう思うなら。

一緒に学習計画をみていきましょう。

あなたのステップにあった、もっとも効果的な方法が見つかるはずです。

ホロスコープを学びたい!【占星術を習得するためのステップ一覧】

ホロスコープ・リーディング基礎編

目標:ホロスコープ(出生図)が読めるようになる!

【1】ホロスコープを学びたい!これから学ぶ人は、まず12サインを知ろう。

【2】12サインはイメージできる♬つぎは10の天体を攻略!

【3】いよいよハウスを学ぼう!人生に役立つレベルの占いができる!

【4】アスペクトを学ぶ!アスペクトは星の架け橋。

【5】アングルを腑に落とそう!

まずは、ここまで到達できれば大丈夫♬

自分や家族、友人、お客様のホロスコープ(出生図)が読めます。

次から具体的に解説しますね!

※「ホロスコープを感じるように読む方法」については、メルマガでもさらに踏み込んで紹介してますので、ぜひご登録くださいね↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

【1】ホロスコープを学びたい!これから学ぶ人は、まず12サインを知ろう。

まず最初に、12サインの感覚をとらえましょう。これを12感覚といいます。

12サインはいわゆる12星座占いの星座に相当します。

なぜ12サインが大切か?その理由は、12サインとは人間が持つ12の感覚だからです。

私たち一人一人、得意な感覚は違っています。

ですが、ホロスコープを読むということは自分が苦手な感覚についても、直観的に理解する力が必要になるということ。

「12サインってこういう感覚だよね」

このイメージが掴めることが、ホロスコープ・リーディングの第一歩です!

【2】12サインはイメージできる♬つぎは10天体を攻略!

12サインのイメージが掴めたら、今度は10天体を攻略しましょう。

10天体とは、月・水星・金星・太陽・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星のことです。

そして、10天体を学ぶということは、10の時間軸を理解すること。

これはどういうことかというと、天体というのは「時間」であり「動的なエネルギー」なのです。

一方で、サインは「静」のエネルギー。

この「静=サイン」と「動=天体」が組み合わさることで、次に説明するハウスというエリアにエネルギーが伝道されます。

天体の「動」の力を捉えるために、10天体を学びます。

【3】いよいよハウスを学ぼう!人生に役立つレベルの占いができる!

ハウスのレベルで、ようやく「あなたの人生」レベルの出来事が読めるようになります。

先に説明したように、サインは「静的な感覚」であり天体は「動的な時間軸」でした。

そこにハウスという「場」があることによって、宇宙的な力が地球上で循環し始めます。だからこそ、ハウスは超重要!

「私にあった働き方は?仕事は?」

「私にとってのパートナーシップは?結婚の意味は?」

これらは主にハウスを読むことで得られる情報です。

地球上で役立つ、つまり人生に役に立つレベルの占いをするには、ハウスまでたどり着く必要があります。

また、ハウスというのは実はサインと上下関係にあります。なので、最初にサインを学んだことが、ここでまた活きてくるのです。

【4】アスペクトを学ぶ!アスペクトは星の架け橋。

あなたは、神聖幾何学という言葉を聞いたことがありますか?

神聖幾何学は、幾何学図形から宇宙の理を知る学問です。

そして実は、ホロスコープにおけるアスペクト構造のベースには、幾何学図形が隠されています。

つまり、アスペクトには、宇宙理念が表現されています。

そして、サイン・天体・ハウスによって地球にもたらされた宇宙の力は、アスペクトの幾何学図形の意図に沿って、私たちの人生に作用します。

アスペクトがときに難しいのは、現代の人々が宇宙理念を学ぶことに慣れていないから。

ホロマムの講座では、アスペクト幾何学論として、宇宙理念を踏まえてわかりやすくお伝えしています。

【5】アングルを腑に落とそう!

アングルとは、アセンダント・ディセンダント・MC・ICのことです。生まれた時刻によって、アングルは決まってきます。

アングルによって、人生における立ち位置が定まります。

これらのアングルの意味を理解すると

  • 外見や体質
  • 人生を通して向かう方向
  • 得意なこと、無意識の癖
  • 対人関係から学ぶこと

さまざまなことが理解できるようになります。

また、これは私や占星術仲間の経験則なのですが、アングルが同じ人同士は、過去生のつながりが強い傾向があるようです。

中級ホロスコープ・リーディング

ここからは、中級以降の内容です。このホームページでもいくつか記事を書いてます。学習の参考にしてください!

目標:ホロスコープを複数チャート読めるようになる

基礎編の「出生図」が読めたら、あとは応用です。前世や魂レベル、そして二重円、三重円に進みましょう♬

【6】ドラゴンヘッドから前世を知ろう

【7】新月図、満月図を読もう

【8】プログレスチャートの太陽と月の運行を読もう。

【9】トランジット図から、今現在の星模様を読もう

【10】小惑星やその他感受点を読もう

【11】相性図−シナストリーを読んでみよう

【12】相性図−コンポジットを読んでみよう

【13】1年の運勢−ソーラーリターンを読んでみよう

  上級ホロスコープ・リーディング

目標:自分の占星術を極めよう!

ここまで来たら、もう説明は要らないですね。自らの好みや方向性の応じて、自分の占星術を究めていきましょう。

【14】サビアンシンボルのルールを知る

【15】アラビックパーツを読もう

【16】ハーモニクス占星術に挑戦

【17】恒星占星術―太陽系を飛び出そう

【18】時刻修正をしよう

他にも、まだまだ当ホームページに書ききれていない様々なホロスコープのチャートの種類や技法があります。

自分なりの占星術の道を見つけることができると良いですね!

ですが、色んな技法に走る前に・・

どんなことでも、一番大事なのは基本・基礎です。

最終的には、ホロスコープを丸っと感じることが大事ですから、そのために必要な本質的な学びは早い段階でしておきましょう!

「ホロスコープを感じる」方法については、メルマガで具体的にご案内していますので、ぜひご登録くださいね↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

【占星術の基礎】カーディナルサイン・フィクスドサイン・ミュータブルサインとは?

はじめに

ホロスコープは、複雑に読み込めばいくらでも難しくすることができます。

ですが、『パターン』をつかえば、簡単に、チャート全体の要領を得ることができます。

この『パターン』にはいくつか方法がありますが、ここではCFM(カーディナル・フィクスド・ミュータブル)というサインのクオリティ(三区分)から行動パターンを読む方法を紹介します。

ホロスコープの行動パターンを読む

まず、出生図より10天体のサインの位置を確認します。

そして、それそぞれのサインを以下に分類します。

  • カーディナルC(おひつじ座、かに座、てんびん座、やぎ座)
  • フィクスドF(おうし座、しし座、さそり座、みずがめ座)
  • ミュータブルM(ふたご座、おとめ座、いて座、うお座)

カーディナルの比率が大きい人ほど「攻撃的」になり、ミュータブルが多いほど「回避的」になります。

また、フィクスドの割合が大きい人は「守り」に入ることが多くなります。

まずは、ご自身のチャートあから、CFMの割合を確認してみてくださいね。

たとえば、4:3:3であれば、やや積極的な人物の標準像です。一方で、3:3:4であれば、状況や空気を読む人物の標準像ということになります。

ここから大きく突出する数字があれば、それはその人の特徴的な一面となります。

なお注意点として、ここに10天体以外の小惑星など他のものをいれないようにしてください。

この方法は、簡略化されていて要領を得ているからよいのです。複雑にすべきでありません。

サインのクオリティ(カーディナル・フィクスド・ミュータブル)

  • カーディナルC
  • フィクスドF
  • ミュータブルM

これらのクオリティについて、説明します。

カーディナル・サイン(活動宮)

占星術においてカーディナル・サインといわれるものは、おひつじ座/かに座/てんびん座/やぎ座の4つのサインです。

カーディナルは、積極的・行動的・何かを始めるパターンですが、本来のカーディナルという言葉は、ラテン語で「要点」「目につきやすい」という意味でした。

たとえば、おひつじ座は、一番目立つ人間の頭や顔をあらわします。

遠くからでも、その人物を認識できてしまうほどに「目につく」のがおひつじ座です。もちろん、行動パターンも「何かを始める」エネルギーに満ちていて、とても積極的です。

かに座の場合は、人間の胃袋をあらわします。

胃という臓器は人間の感情の起伏にもっとも敏感に反応します。ストレスや緊張で「胃が痛くなる」など、実際に痛みとて表れるほどです。

また、かに座のマーク♋は、女性の乳房を表すともいわれますが、これは優しい母性と同時に、激しい気性を抱えています。

かに座は大人しいイメージを持つ人も多いのですが、実際はとても内面や感情の動きが活発なのです。

そして、てんびん座。てんびん座は、腰を意味します。

踊り、ダンスなどでは「腰」がポイントとなりますが、腰の動きというのは人間の動き・行動の基盤となるものです。また、常に動きまわるてんびん座は、とても目立ちます。

最後に、やぎ座ですが、やぎ座があらわすのは骨格です。人間は骨があり、骨格があるから、動けるわけです。

フィクスド・サイン(固定宮)

占星術においてフィクスド・サインといわれるものは、おうし座/しし座/さそり座/みずがめ座の4つのサインです。

着実な努力と安定志向を示すサインです。また急激な変化を望みません。

とはいえ、ただそこに留まっているだけがフィクスドサインではないのです。何かを受け継ぐ・継承する・続けるというのが、フィクスドサインの行動パターンです。

おうし座であれば、なにか職人技を。しし座であれば、たとえば王位のようなものを。さそり座であれば、事業を引き継ぐなど。みずがめ座は、理念を。

始めるのは、カーディナル・サインだとすれば、それを引き継ぐのがフィクスド・サインです。

ミュータブル・サイン(柔軟宮)

占星術においてミュータブル・サインといわれるものは、ふたご座/おとめ座/いて座/うお座の4つのサインです。

ミュータブル・サインは、変化を好むサインです。

ふたご座であれば、新しい情報を取り込むことで変化します。(ふたご座は肺を表します。外の世界から新しい空気を取り入れるということです)

おとめ座であれば、他者との折衝のなかで、自己を鍛え変化させます。

射手座は己の脚をつかって自分の見る景色を変え、うお座は他者の世界観を取り入れることで、自分というのもを曖昧に変化させていきます。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

占星術を感性で読む方法

ホロスコープを感じるように読めたらいいな。

そう思ったことはありませんか?

この記事では、ホロスコープを感性で読む方法について説明します。

もしあなたもまた、ホロスコープを感じるように読みたいと願うなら。

ぜひ、この記事を読んで下さいね!

ホロスコープを読むのは難しい?

多くの方が、ホロスコープは読むのが難しいと感じているようです。

たしかにホロスコープは要素が多くて、複雑ですよね。

私自身も占星術に出会った当初は、

ホロスコープのあまりの複雑さに驚いて「これ、ほんとに読めるようになるのかな…?」と不安になったものです。

ですが、寝る間も惜しんで無我夢中で学ぶうちに、いつのまにかホロスコープからその人の魂のことや使命を感じ取れるようになっていました。

そうして鑑定を始めたのですが、次第に占星術を教えて欲しいという生徒さんが来てくださるようになりました。

さらに生徒さんたちのお悩みを聞いているうちに、多くの方が、あることに悩んでいることを知りました。

それは、

たくさん本を読んだり講座に通ったり、中には5年以上勉強してるけど、

一向にホロスコープが読める感覚がつかめないという方が、少なくなかったのです。

それで、私自身はどうしてホロスコープから感じ取れるのだろう?

そう思ったときに、ハッと気付いたことがありました。

ホロスコープを感じるために必要なこと

私の場合は、ホロスコープを本質から学んだことが、とても良かったようなのです。

当時から、とにかくホロスコープの構造と本質が知りたい!という欲求が強かったのですね。

そこで、占星術の書籍だけではなく、スピリチュアル全般について貪るように学びました。

中でもハマったのは、シュタイナーの宇宙論。

あんまりにも難しくて、挫折しそうになりながらも

学ぶうちに、4エレメントの本質や12星座の持つ本当の意味などが明らかになりました。

宇宙レベルの歴史が腑に落ちてからというものは、とにかく12サインのイメージが明瞭かつより体感的に理解できるようになりました。

それを足がかりに、天体とは?時間とは?

アスペクトとは?神聖幾何学とは?

乾いたスポンジが水を吸い込むかのように夢中で学んだ結果、気がつけば、ホロスコープのリーディングに奥行きが出て、ホロスコープを丸ごと感じる感覚を掴んでいました。

ホロスコープの本質を伝えよう

そうした自分の経験から得た知識をわかりやすく伝えることで、生徒さんたちも、より深いリーディングができるようになるはず。

そう思い、講座を作り始めました。

本質を知る→そのルールや法則にのっとりイメージを膨らませる

という順序です。

実際にこの手順で学んでもらうと、パターンを暗記したりせずとも、ざっくりとでも、自分のイメージと感性で読める手かがりを早い段階で掴んでくれるようでした。

ホロスコープは、暗記じゃない。

こうした経験の積み重ねから、ホロスコープは暗記だけではなく、本質から学ぶべきものだ!と強く思うようになりました。

そもそも、ホロスコープって占い用に作られたものではありません。

今の私たちの生きる時代以前からあるもので、宇宙の真理を知るための神聖なものでした。

だからこそ、手っ取り早く読み解こうとするよりも、じっくり本質的な基礎から学んだ方がよいのです。

私は、そのための具体的な学びを伝えたいです。

メールマガジンでも説明してるので、ホロスコープを感じたいなと思う方は、ぜひお読みくださいね。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

ホロスコープで使命を鑑定する方法

ホロスコープの星の配置は、あなたの使命そのもの。

あなたは、自分の人生の使命を知っていますか?

人は、ただ寝て食べて、それだけで「生きている」とは感じられないものです。

なぜ生きるのか?自分とは何者なのか?

それを知ることで、より人間らしく生きていると感じられるのでしょう。

もし、あなたもまた、自分のことを知りたい、生まれてきた意味を知りたい、そう思っているとしたら。

ホロスコープは「あなたが、あなたらしく生きる意味」を知るための、大きな手かがりとなってくれます。

使命は、壮大なビジョンでもなければ、偉業でもない。

使命とは何か。それは文字通りあなたの命を使って成すこと、それが使命です。

ですが、ここに、ひとつ落とし穴が!

多くの人が「使命とは壮大でなければならない」と思い込んでいるのです。

使命とは、別に世界平和に貢献するとか、立派な発明をするとか、そういう「優れた偉業」である必要はありません。

ホロスコープはあなたの魂のことを語ります。魂には、世俗的な価値観は通用しません。だから、わざわざ世間の常識を当てはめる方がおかしいのです。

ですので、ある人にとっての使命は、

「生きてるうちに、いろんな感情を全て味わい尽くすこと」

かもしれないし、またある人の使命は、

「時間をかけて本物の愛を見つけること」であったりします。

他にも、

  • 女性たちの女性性を解放する
  • 世の中に知られてない秘密を明らかにする
  • 本物の性を、人々に伝える
  • 運命の人とともに、家庭を築く
  • 関わる組織をアップグレードする役割
  • 家を守り、周りの人を守る
  • 宇宙の真理を歌うように伝える
  • 人々の生活の質の向上
  • あらゆるしがらみを抜け出し自由になること etc…

そう、個人の数だけ、使命の数があるのです。

ホロスコープには、こういった内容・レベル感での使命が描かれているのです。

あなたの使命は、もしかしたら他人にとってはどうでもよいものかもしれない。

でもあなた自身にとってはすごく大切なこと。

使命とは、そういうものなのです。

運命は変えられないのか?知っておきたい、ホロスコープに流れる2つの宇宙の流れ。

ホロスコープから使命がわかったとして、それが気に入らなかったらどうするの?

なんで、星に自分の人生の意義を決められなきゃいけないの?

そんなふうに思う方もいらっしゃるかもしれませんね。むしろそれが「真っ当な」価値観かもしれません。

「星に使命を決められるなんて、身もふたもない」

そう感じる人もいるでしょう。

だけど、あなたの運命の全てが、決定事項としてホロスコープに決められてしまうわけではありません。

たしかに、ホロスコープにはあなたの使命が描かれます。

ですが同時に、あなたは自分の意思で運命を切り開くことができます。

この一見矛盾したように見える2つの流れ−つまり、宇宙から降りてきた使命と、あなたの意志で生きる人生−その2つの流れというのは、紛れもなく存在しています。

私たちは、この矛盾のなかで生きていくのです。

ならば、ホロスコープなら使命を知っておいたほうがいいし

同時に、自分自身がどう生きたいのか?その意思をハッキリと自分で決めるべきなのです。

大半の人が

「自分のしたいことがわからない」と言い、そして「使命もわからない」と言うのです。

あなたがあなたらしく生きるためには、自分の意思も、使命も、どちらもハッキリさせたほうがいいに決まってます。

あなたは、どうして今の時代の地球に生まれましたか?

そして、今、どう生きたいですか?

いざ、ホロスコープから使命を読もう。使命の読み方。

ヘリオセントリックチャート

さて。ここまで読んで、あなたもまた、自分の使命を知りたくなったでしょうか?

使命や天命・運命、そういった命運を知るために、古くから占いは用いられてきました。

もちろん占いにも種類があり、その人の命運を読むものが、命占と呼ばれる占いです。

占星術もまた、命占のひとつ。

ホロスコープから使命を読むためには、すべての知識を総動員してホロスコープに向き合いましょう!

たとえば、人生の約10年単位の流れを知りたいなら、まずはあなたの天体の持つ意味を確認します。

とくに、人生で重要となるジャンルを知るには天体が多く入っているハウスを。

天体の力が、どんな作用をもたらすかを知るには、天体同士のアスペクトを。

他にも、これは中級者以上が対象とはなりますが、プログレスチャートや新月図、トランジット図の変遷を見ていくことで、時系列に沿って、これまでの経験と未来を紡ぐ、あなたの使命が浮かび上がるのです。

より宇宙的な視点から使命を知りたい場合は、ヘリオセントリック占星術を用いることもオススメです。ですが、まずはジオセントリックという通常のホロスコープを読んでいただくほうがいいでしょう。

ホロスコープで使命を簡単に読む方法はある?

「使命の簡単な読み方を教えてください」

私自身が使命鑑定を専門としていることもあって、生徒さんからこの質問をよくいただきます。

この問いに答えるためには、使命というのもについて一度考えてみる必要がありでしょう。

けっきょく使命とは、なんなのでしょうか?

私はこう考えます。

使命とは、ホロスコープに描かれたあなたの星々のすべてを生きることです。

ホロスコープの一部を切り取った人生ではなく、ホロスコープに描かれたエネルギーを丸ごと全部つかって生きること。

それが使命。

だから、使命に関しては簡単に読むことはできません。

使命を知るには、ホロスコープを丸ごと感じて理解することが必要だからです。

だから難しいし、面白い。ホロスコープを読む醍醐味だと思っています。

『ホロスコープを感じる方法』は、メールマガジン&講座にてお伝えしています。本質的だからこそ「使命」のレベルまでたどり着ける内容です↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

ホロスコープで使命を鑑定する方法

ここまでお伝えしてきたように、使命を簡単に読む方法ない・・のですが、手がかりくらいはあってもいいですよね。

次の章では、わたしが普段、使命鑑定をしている方法を、ホロマムのサイトにたどり着いてくださったあなたへ、こっそり伝授します。

ちなみに、なぜ私が使命というのもに詳しいのか。そのバックグラウンドをほんの少しだけ、お話させてください。

わたしは、2017年に使命鑑定専門の占い師に転向しました。

それまでは、仕事運・金運・恋愛運・結婚運・・と、クライアント様の希望に沿ってバラバラに鑑定結果をお伝えしてきたのですが、何百人もの方の鑑定を続けるうちに、けっきょく人は「使命」という本当の自分を生きることでしか、真に自由にはなれないのだと気が付いたんですね。

それ以降、人々の使命だけをひたすら読み続けました。

いまでこそ、使命を読んでくれる先生は増えましたし、そうした方法を紹介している方もおります。ですが、2017年当時は、わたしが探した限りでは、占星術の先生で使命を読んでくれる方はおりませんでした。

ですから、当時はほんとうに道なき道という感じで・・試行錯誤して、いまの形にたどりついています。

何度も言いますが、使命を読むというのは、ホロスコープを丸ごと読むということです。

サイン、ハウス、アスペクト、アングル・・これらを統合的に全て読みます。

そのうえでさらに、サビアンシンボルを読んでください。もっとも簡単な方法は、10天体(月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星)のすべてのサビアンシンボルを並べることです。

ホロスコープを統合的に読んだ情報に加えて、サビアンシンボルの意味を加えていくことで、使命がより立体的に具体的になっていきます。

とくに何度も同じモチーフが出てくるときは、そこにも注目してください。

たとえば「男」「子ども」「女」「老人」と、サビアンシンボルの登場人物像はいくつかあるのですが、不思議と10天体のなかに登場人物が偏ってあらわれることがあります。

また、先日、藤井風さんというアーティストのホロスコープをサビアンシンボルを使って読みましたので、よかったら参考にしてみてください。

ホロスコープを感じるように読むこと、それが使命を感じとることにもつながります。

使命については、メルマガでもかなり深掘りしていますので、興味がありましたら読んでみてくださいね。(ちなみに、深すぎて驚いきました・・とよくご感想いただきます。なので気軽に登録される方は、ご注意くださいね!)

↓↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

あなたの適職は?ホロスコープ・西洋占星術で仕事運を読む。

あなたの適職を知りたいですか?【ホロスコープに書いてあります】

もっと自分にあった仕事があるはず。今の仕事では、自分の才能を活かしきれてないように思う…。一体どうしたら、適職に出会えるんだろう?誰か具体的な方法を教えてー!」

こういった疑問に答えます。

✔本記事のテーマ

ホロスコープ・占星術を読んで、あなたの適職を知る。

✔ホロスコープから適職を読む手順

1.テーマとなるハウスの特徴から適職を知る
2.あなたのチャートルーラーのメッセージを受け取る
3.ホロスコープを総合的に読む

✔この記事を書いてる人

記事を書いてる私は、使命鑑定専門の占星術師です。2年で200名近い女性たちの使命をお伝えしてきました。天職・適職は、もっとも多いお悩みであり、一番の得意分野です。

✔読者さんへの前置きメッセージ

本記事ではホロスコープから、あなたの適職を読む方法をお伝えします。基本的なホロスコープの読み方(サイン、ハウス、惑星の意味がわかる)がわかる方を対象としております。

私自身、自分の人生の目的がわからず、何年もモヤモヤしたまま生きてきました。以前、あるスピリチュアルリーダーさんにオーラを見てもらったときに「あなたのオーラ、薄い小豆色みたいな残念の色をしている」(ちょっと言い方かひどいとは思いますが…)と言われました。

そのくらい、モヤっとしてどんよりしたオーラだったのでしょう。

それが、占星術に出会い、霧が晴れたように自分自身のことがわかるようになりました。

今では、長年勤めた会社を辞めて、占い師として独立して自分らしい働き方をしています。そんな占星術に対して、感謝の気持ちを込めつつ、この記事を書いています。

それでは、さっそく見ていきましょう。

①テーマとなるハウスの特徴から適職を知る

仕事のことを知るときに、ホロスコープの中でもっとも頼りになるのがハウスです。

ハウスとは、あなたの人生のテーマそのものです。

▶ハウスの意味について知りたい方は、ホロスコープにおけるハウスの意味をご覧ください💁‍♀️

あなたのテーマとなるハウスを特定する方法

人生のテーマとなるハウスを知るための方法は、簡単です。その方法をお伝えします。

まず、ホロスコープチャートを出しましょう。そして、あなたのハウスのなかで最も天体の数が多いハウスを特定して下さい。

ハウスのなかに天体が多いということは、それだけ多くのエネルギーが、そのハウスに注がれるということです。

さあ、天体の多いハウスを特定しましたか?

特定したら、そのハウスの解説を読んで下さいね。

あなたのハウスの特徴から、あなたの適職を知りましょう。

1ハウスに天体が多いあなた

1ハウスのあなたの適職は、自分自身を表現する仕事です。モデル、自分の生き方や経験を伝えるオリジナルな職業などが向いています。

既存の職業の枠組みにとらわれずに、とにかく自分らしさを純度高く表現すること。それがあなたの天職・適職につながります。

カリスマ性がある人が多いので、そこを強みとして最大限活用しましょう!

2ハウスに天体が多いあなた

2ハウスのあなたの適職は「自分自身の才能・資質」を最大限いかす仕事です。

自営業・フリーランス・実力主義の会社で働くことが向いています。とにかく、自分自身の時間単価は可能な限り上げましょう。

たとえば、時給1,000円で働くのではなく、時給10,000円以上になるように努力するべきです。

流通業向きとも言われ、商品をたくさん販売することにも適性があります。

3ハウスに天体が多いあなた

学習意欲が旺盛なあなた。好奇心がありフットワークが軽いのが特徴です。

常に知的好奇心を満たすことができ、かつ、多くの人と出会うことができる仕事が良いでしょう。

ひとつの物事にじっくり取り組むタイプではありません。興味の幅が広いので、人によってはライターなどのお仕事も向いているでしょう。

4ハウスに天体が多いあなた

4ハウスは家・家庭です。在宅でできる仕事が適職です。4ハウスに太陽があれば、主婦業も向いているでしょう。

5ハウスに天体が多いあなた

自分で事業をしてみましょう。事業内容は、とにかく自分が熱中していて、情熱を捧げられること。とてもクリエイティブな方なので、ハンドメイドなど、趣味を仕事レベルに引き上げるのも良い選択肢です。規模の大きな企業の経営といよりは、個人経営が向いています。

6ハウスに天体が多いあなた

会社に雇用されること、大企業など安定した職場に勤めることが向いています。また健康管理・医療・人を癒す仕事への適性があります。6ハウスに配置される天体とアスペクトによっては、身体を壊すまで働き続けてしまうこともあるので要注意です。

自分の健康を第一に、働いて下さいね。

7ハウスに天体が多いあなた

人とのコミュニケーションがとにかく上手なあなた。営業職や接客業など、常に人と関わる仕事が適職です。ひとりで仕事をしていると、だんだん自分が何者か?よくわからなくなってしまいます。美容・ファッション関係の仕事も吉。

8ハウスに天体が多いあなた

8ハウスは金融の部屋でもあるので、投資家に向いています。融資を受ける才もあるため、事業経営にも向いていています。お金の取扱いが得意です。

9ハウスに天体が多いあなた

研究者肌です。研究者、大学レベルの高等教育に適性があります。また、外国語が得意な人も多いです。

何かを研究・探求する仕事が適職です。

10ハウスに天体が多いあなた

社会的地位の伴う仕事が適職です。企業で出世したり、社会一般で認められるような資格を取って地域社会で活躍するなど。

しっかりとした肩書きを持つことが重要です。

11ハウスに天体が多いあなた

ベンチャー企業などで、これまでにない新しい業界や仕事に携わるのが向いています。未来志向なので、新しい革新的なテクノロジーを扱う仕事が適職です。

12ハウスに天体が多いあなた

スピリチュアル的な仕事、マスメディアに関わる仕事が向いています。とくに、ヒーラーや占い師など、スピリチュアル的な仕事をしている方は12ハウスにテーマを持つ人も多いです。

②あなたのチャートルーラーのメッセージを受け取る

テーマとなるハウスを見つけることができましたか?

今度は、あなたのチャートルーラー(チャートを支配するあなたの人生のメインとなる天体)を知って、どうすれば適職に出会う道が開けるのか?

その方法を知りましょう。

✔結論:チャートルーラーは、あなたが適職に出会うための「人生の切り開き方」を表す。

この章では、あなたが人生を切り開くポイントについて解説します。

そのためには、あなたのアセンダントサインとチャートルーラーの雰囲気を知ってください。

それでは、あなたがどのように適職に出会うのかを見ていきましょう。

チャートルーラーとは?

あなたのホロスコープのアセンダントのサインに対応する天体のことです。

アセンダントの見方はわかりますか?アセンダントとは、チャートのこの部分(黄色で〇を付けている部分)になります。

この図ではアセンダントが天秤座なので、チャートルーラーは金星です。

次に、サインとルーラーの関係を記しておきます。

牡羊座-火星
牡牛座-金星
双子座-水星
蟹座-月
獅子座-太陽
乙女座-水星
天秤座-金星
蠍座-冥王星/火星
射手座‐木星
山羊座-土星
水瓶座-天王星/土星
魚座-海王星/木星

アセンダントサインと、チャートルーラー

あなたのアセンダントごとのチャートルーラーと適職への道について説明します。

アセンダントサインが、牡羊座

アセンダントが牡羊座のあなたのチャートルーラーは、火星です。あなたが適職に出会うためには、とりあえず「やってみる」ことが重要です。

火星は行動の星なので、とにかく興味を持ったことをやってみて、動き回りましょう。それによって、適職への道が開かれます。

アセンダントサインが、牡牛座

アセンダントが牡牛座のあなたのチャートルーラーは、金星です。あなたが適職に出会うためには、目の前の対象をワクワクしながら継続することが大事です。

金星は感性の星なので、あなた自身の五感とセンスを信じてください。

アセンダントサインが、双子座

アセンダントが双子座のあなたのチャートルーラーは、水星です。あなたが適職に出会うためには、興味を持ったことを学ぶことが鍵となります。

水星は知性・学習の星なので、あなたが学習したことによって、道が切り開かれます。

アセンダントサインが、蟹座

アセンダントが蟹座のあなたのチャートルーラーは、月です。あなたが適職に出会うためには、自分の感情に寄り添うことが大切です。

月は感情を担当する星なので、感情を安定させることが必要です。どうすれば感情敵に、無理をしない状態でいられるのか?あなた自身の試行錯誤によって工夫してみてくださいね。

アセンダントサインが、獅子座

アセンダントが獅子座のあなたのチャートルーラーは、太陽です。あなたが適職に出会うためには、あなた自身の魂を輝かせることが必須です。

あなた自身が本当はどうしたいのか?どんな状態が最もあなたらしいのか?徹底的に自己表現してください。

アセンダントサインが、乙女座

アセンダントが乙女座のあなたのチャートルーラーは、水星です。あなたが適職に出会うためには、情報分析をしましょう。

水星は情報処理を司る星であり、あなたがどうするべきなのか?様々な情報を整理・分析することによって、進むべき道が開けてくるはずです。マインドマップなどを活用するのも吉。

アセンダントサインが、天秤座

アセンダントが天秤座のあなたのチャートルーラーは、金星です。あなたが適職に出会うためには、まずは見た目から入りましょう。

あなたが憧れる人のファッションや立ち振る舞いを取りいれてみると良いです。金星は感性の星なので、魅力的だと感じるものを、自分自身でも再現してみてください。

アセンダントサインが、蠍座

アセンダントが蠍座のあなたのチャートルーラーは、冥王星です。あなたが適職に出会うためには、人生の転機において、徹底的に変化すること。生まれ変わるような劇的な経験をすることがあるでしょう。

冥王星は、宇宙からやってくる力なので、タイミングは選べません。変化のときは相当辛いはず。それでも、乗り越えましょう。それによって新しい人生が始まります。

アセンダントサインが、射手座

アセンダントが射手座のあなたのチャートルーラーは、木星です。あなたが適職に出会うためには、常に歩み続けることです。立ち止まって停滞しても、適職には出会えません。木星は拡大の星です。

常に進み続けることによって、道が切り開かれます。

アセンダントサインが、山羊座

アセンダントが山羊座のあなたのチャートルーラーは、土星です。あなたが適職に出会うためには、物事をコツコツと積み上げることが必要です。

自分の人生の意味は?と常にあなた自身に問いかけながら、これまでの経験を活かしながらできることを見つけていきましょう。

アセンダントサインが、水瓶座

アセンダントが水瓶座のあなたのチャートルーラーは、天王星です。あなたが適職に出会うためには、未来を見据えましょう。

「今ここ」には、あなたの適職はありません。なぜなら天王星は、現状維持を嫌い、未来を良くするために働く星だから。どんな未来を望むのか?それを問いかけることによって、道は開けます。

アセンダントサインが、魚座

アセンダントが魚座のあなたのチャートルーラーは、海王星です。あなたが適職に出会うためには、あなた自身におきた出来事を一度受け止める必要があります。

海王星はスピリチュアル的な星で、宇宙から様々なメッセージがあなたに降りてきます。その意味を感じてみてくださいね。エンジェルナンバーなど、いろんな形でヒントが訪れているはずです。

③ホロスコープを総合的に読む

さて、テーマとなるハウスから適職のタイプを知り、そしてチャートルーラーから「適職との出会い方」を知ることができましたか?

他にも、天体の発達年齢域という概念やトランシットという技術を使って「時期ごとのテーマ」を読むことなどもできます。

ホロスコープは複雑なので、ざまざまな観点から読んでいくことができるのですが、今回の記事では代表的な読み方として

  • ハウスのテーマ
  • チャートルーラーによる特色

を取り上げて解説しました。

そして、さいごにひとつ。

もしかして、あなたは「仕事」ではなくて、生き方に悩んでいるのかも。

なぜなら、生き方さえ定まれば、おのずと適職は見つかるからです。

適職だけではなく、使命が知りたいあなたへ。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

ホロスコープで使われるマーク・記号【占星術】

ホロスコープ・占星術で使われるマーク・記号

ホロスコープを読むには、まずはマーク(記号)を覚える必要があります。

この記事では、占星術で使う次の記号について説明します。

  • 星座記号
  • 惑星記号

星座記号

12星座それぞれに、星座記号があります。最初に12個、覚えてしまいましょう。

覚え方のポイントも解説します!

牡羊座(おひつじ座)のマーク・記号

牡羊座の記号

羊の角の形と覚えましょう。くるっと丸まっていて、空にひらけているのがポイントです。

牡牛座(おうし座)のマーク・記号

こちらも牡牛(おうし)の角の形と覚えましょう。

双子座(ふたご座)のマーク・記号

双子座の記号

双子座は、ふたりの人間が隣り合っている姿を思い描きましょう。

蟹座(かに座)のマーク・記号

蟹座の記号

蟹座は、蟹の2つの爪の形と覚えましょう。「陰陽」を表すとも言われますし、内側へ閉じるマークだとも言われます。

獅子座(しし座)のマーク・記号

獅子座の記号

跳ねる獅子(ライオン)の姿を思い描きましょう。

↓↓↓

乙女座(おとめ座)のマーク・記号

乙女座の記号

少し複雑な記号ですね。さそり座の記号と似ていますが、さそり座との違いは「刺すしっぽ」がないことです。

乙女座は、手に稲穂を持っていることがポイントです。

↓↓↓

天秤座(てんびん座)のマーク・記号

天秤座の記号

これはそのまま、てんびんの形ですね。

蠍座(さそり座)のマーク・記号

蠍座の記号

おとめ座と似ていますが、しっぽに毒針があるのがさそり座です。

射手座(いて座)のマーク・記号

射手座の記号

ケンタウロスが上に向けて射る弓です。

↓↓↓

山羊座(やぎ座)のマーク・記号

やぎ座は一番複雑ですね。くるっとしている部分が、ヤギの下半身だと覚えましょう。

星座のヤギは、パニックになったときにこんな風に、誤って下半身が魚になってしまいました

↓↓↓

水瓶座(みずがめ座)のマーク・記号

水瓶座の記号

みずがめ座は、電気・電波を表します。記号もまた、電波のマークです。

魚座(うお座)のマーク・記号

うお座は、2匹の魚を表します。離れ離れにならないように、しっぽを結びあっています。

↓↓↓

天体・惑星の記号

次に、占星術で使われる10の惑星記号を覚えましょう。

月のマーク・記号

月の記号は、そのまま月の形です。

水星のマーク・記号

知性を表す水星には、頭に角が生えていますね。杖の象徴という説もあります。

金星のマーク・記号

金星は、女性・ヴィーナスのマークです。

太陽のマーク・記号

太陽は二重丸のような形をしています。

火星のマーク・記号

火星は男性のシンボルマークです。

木星のマーク・記号

木星は、数字の4のようなマークです。

土星のマーク・記号

土星は少し複雑で、難しい形をしています。数字の5という説もあります。

天王星のマーク・記号

天王星の発見者であるハーシェルさんの頭文字である「H」が隠れています。

海王星のマーク・記号

海神ポセイドンの三つ又の槍のマークです。

冥王星のマーク・記号

冥王星には複数記号があり、この図の記号以外にも、冥王星(プルート)のPとLを繋げた、の記号も使われます。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

占星術・ホロスコープのやり方、読み方。【あなたは占星術向き?】

そもそもあなたは占星術師向き?人は導かれて、占星術に興味を持つ。

「ホロスコープが読めるようになりたい!」

「占星術がなぜか気になる!」

きっとこの記事を読んでるあなたは、占星術に興味がありますよね。

でも、本当に自分は占星術に向いているだろうか・・?

ふと、疑問がよぎることもあるかもしれません。

そこで、占星術のやり方・読み方をお伝えする一歩前に、あなたが占星術向きかどうか、チェックしてみましょう!

私が生徒さんや同業の仲間と出会ってきた経験上、占星術に惹かれる人には、ある特徴があることがわかりました。

次のような傾向がある方が多いです。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

☑頭であれこれ考えるのが好き。
☑考え事をする時間が長い。
☑幼少期から、人から「変わっている」と言われることが多い。
☑字を書くのが、得意ではない。
☑勉強好き。
☑自分の本当の居場所は”ここではないどこか”のような気がする。
☑自分では制御できない不思議な体験をしたことがある。
☑両親との関係で悩んだ経験がある。
☑子ども時代よりも、大人になってからのほうが生きやすい
☑頭のサイズは普通か、普通より少し大きい(小さくはない)

いかがでしたか?

要するに、占星術に興味を持つ傾向があるのは、宇宙とのパイプが強い人たちです。

ホロスコープを読むには、宇宙法則を知ること。

さて、あなたが占星術に向いてるタイプかどうか、ピンと来るものがありましたか?

占星術に興味を持つ人は、宇宙とのパイプが強く、宇宙法則にもまた興味を持つ人だということですね。

なぜなら、占星術というのは《天王星》の支配下にあり、《水瓶座》のエネルギーを持つからです。

天王星そして水瓶座の象徴は「宇宙法則」「普遍的理念」「本質」「変革」です。

もしあなたが、心に興味があるのであれば、心理学やカウンセリングを習えば良いでしょう。

人助けに興味を持つならば、他に方法はいくらでもあります。

また、占いにしてもタロットカードや四柱推命、易占い、手相、風水・・と様々な種類があります。

そのなかでも、あなたは占星術に興味を持ったということは

占星術やホロスコープの奥に隠された《宇宙法則》に惹かれているからでしょう。

※『ホロスコープに隠された宇宙法則』については、メルマガで詳しくお伝えしています↓↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

ホロスコープに隠される宇宙法則を学ぼう。それが占星術・ホロスコープの読み方/やり方につながります。

ホロスコープを構成する要素には、宇宙理念が貫かれています。

具体的に、見ていきましょう。

サイン(星座)

サインとは、星座の概念を西洋占星術で用いる場合に使う用語です。

いわゆる12星座のことだと思って下さい。

サインや星座は、宇宙にある12の感覚を表しています。宇宙の歴史をつくっているエネルギーでもあり、私たち人間の五感もまた、12の感覚の一部です。

サインを学ぶということは、宇宙にある12の感覚を学ぶということになります。

1~12という数字にもまた「数字の象徴」という普遍的な宇宙法則が含まれます。

惑星

惑星(天体)とは、太陽系の10の星のことです。

月・水星・金星・太陽・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星です。

天体に隠されている法則は

  • 人間が成長する魂プロセス
  • 宇宙(銀河系)に流れる10の時間軸

となります。

ハウス

ハウスは、12サインとの関係があります。

ハウスというのは地球上の活動領域そのものです。

サインというのは、宇宙の「静」のエネルギーであり、天体は「動」のエネルギーなのですが、これらのエネルギーの具体的な活動場所がハウスになります。

ハウスにもまた、人間が精神的に成長する過程が描かれており、数字の法則も適用されます。

アスペクト

アスペクトは、星と星の角度を表す要素です。

ホロスコープ上に現れる幾何学図形の一辺です。

神聖幾何学という言葉を聞いたことがありますか?

神聖幾何学については知らなくても、フラワーオブライフや、生命の樹については聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

このように幾何学図形のなかには、宇宙の生命の秘密が隠されています。

そして、ホロスコープ上のアスペクトには、この幾何学図形の意味が含まれています。

宇宙法則がわかれば、生きやすくなる。

ホロスコープを学ぶことは、宇宙法則を見出すことである、ということをお伝えしてきました。

だからこそ宇宙志向の人が、占星術を学ぶことで結果的に生きやすくなるというのは理にかなっていると感じます。

占星術に惹かれる人というのは地球社会よりも宇宙的な法則の価値観に魂が馴染んでいるからです。

つまり、ホロスコープが読めるから、人生が良くなるというよりも

宇宙の普遍的な原理を知るからこそ、地球に生きることの意味を思い出し、結果的に生きやすくなるのです。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

支配星とハウスの関係性―ホロスコープをより深く読む方法―

支配星とハウスの関係性

西洋占星術において、支配星とは?

サインと天体には、互いに関係があります。

そして、それぞれのサインに縁の深い天体が関連付けられています。これが、支配星という概念になります。

なお、世界の物事は「形」と「力」の両面で成り立っています。「静」と「動」の両面ともいえるでしょう。

占星術においては”空間”が「形」を表し、”時間”が「力」を表します。

12サインが「形」の面に相当します。そして、天体が「力」の活動に表されます。

12サインの静的な状態は、天体によってハウスに運ばれて、ハウスからハウスへのエネルギーの流れを作り出します。

現代の支配星一覧

中世までは、天体は7つしか使われていませんでした。しかし近代になって、天王星、海王星、冥王星が相次いで発見されたため、この3天体も支配星としての役割を与えられています。

そのため、現代では次のようなハウスとサイン、支配星の関係となっています。

ハウスとサイン、支配星の表

第1ハウス:牡羊座♈:火星♂
第2ハウス:牡牛座♉:金星♀
第3ハウス:双子座♊:水星☿
第4ハウス:蟹座♋:月☽
第5ハウス:獅子座♌:太陽☉
第6ハウス:乙女座♍:水星☿
第7ハウス:天秤座♎:金星♀
第8ハウス:蠍座♏:冥王星♇/副支配星として火星♂
第9ハウス:射手座♐:木星♃
第10ハウス:山羊座♑:土星♄
第11ハウス:水瓶座♒:天王星♅/副支配星として土星♄
第12ハウス:魚座♓:海王星♆/副支配星として木星♃

なお、水星と金星がについては主の支配星が、被っている(ふたつの天体の支配星を担っている)ことから、将来新たな天体の発見が期待されています。

トランスサタニアンの発見について

サインの支配星がどのハウスにあるか辿る:支配星の読み方

ホロスコープ・リーディングにおいて、サインの支配星がどのハウスにあるかによって、ハウスの活動に大きな違いが出ることが読み取れます。

たとえば、2ハウスのカスプ(ハウスの始まりの位置)の支配星が12ハウスにあれば、あまり現実的ではないことにお金を使うような指向性を表します。

このように2ハウス(金銭関係などを主に表す)のカスプのサインに対応する支配星が、どのハウスに位置しているかによって、金銭の使い道などがわかります。

他にも、たとえば1ハウスのカスプのサインの支配星が10ハウスにあれば、この人は社会的な経歴を向上させることに、個人のエネルギーを消費するでしょう。野心家的な性格が見て取れます。

このケースでは、もし1ハウスのカスプが牡羊座であれば、その支配星である火星の位置するハウスを確認すれば良いです。

このように、それぞれのハウスのカスプのサインの支配星が、どのハウスに存在しているかを確認することにより、ハウスからハウスへのエネルギーの流れがわかります。

参考文献:最新占星術入門/松村潔 著

ホロスコープのなかで、どのハウスからハウスへとエネルギーが注がれているのか、全てのパターンが網羅的・完結に記載されています。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

コンポジットチャートで二人の相性を読む【占星術・ホロスコープ】

コンポジットチャートの読み方

この記事では、占星術におけるコンポジット・チャートを読む方法について記述します。

ホロスコープで相性を見る方法は、シナストリーとコンポジット

ホロスコープで相性を見る方法として、代表的なのは次の2つです。

  • シナストリー
  • コンポジット

シナストリーとは、ホロスコープのネイタルチャート間で相性を見るために用いる技法のひとつです。詳細は、シナストリー【相性】にまとめています。

そしてコンポジットとは、ミッドポイントの考え方を基にしたチャートで、2つ以上の出生図を合成することによって作成したチャートを読む技法です。

コンポジット・チャートにおける各ハウスの読み方

2つの出生図を合成することによって作成されたコンポジットチャートを読む場合には、一人の個人ではなく、複数の人間にあてはまる言葉を選ぶ必要があります。

以下に、コンポジットチャートにおける1ハウス~12ハウスの読み方をお伝えします。

コンポジットチャートにおける1ハウス

コンポジットチャートでの1ハウスは、パートナー同士がどんな関係であるかを表します。自分たちの関係性をどのように認識しているかが現れます。また、1ハウスのカスプであるアセンダントのサインも重要です。

またアセンダントサインの支配星についても、2人の人生において重要案意味を持ちます。

コンポジットチャートにおける2ハウス

2ハウスは、2人の共通の価値観、共有財産、金銭感覚と将来設計を表します。

2ハウスについては、出生図における2ハウスでの金銭の読み方とも共通した部分があります。たとえば2ハウスに海王星があれば、2人が一緒にいることで、いつの間にか散財してしまうでしょう。あるいは木星があれば、金銭的に困らない生活ができるはずです。

コンポジットチャートにおける3ハウス

3ハウスは、2人の日常的にどういった関係性であるかを示します。また、お互いの家族関係についてどう感じているかを表します。

コンポジットチャートにおける4ハウス

4ハウスは、家庭環境、生活環境を表します。またコンポジットチャートの場合、2人の関係がどういう家庭に発展するかが現れるのです。たとえば、4ハウスに天秤座の天体が存在するような場合、自宅にたくさんの人が訪れる開かれた場所になるでしょう。

コンポジットチャートにおける5ハウス

5ハウスは2人の子どもに関することに加えて、ともに楽しむことについても示します。

5ハウスの支配星あるいは5ハウス内にある天体と、トランジット天体の関係から、出産が2人にとってどのような意味を持つかを知ることもできます。

コンポジットチャートにおける6ハウス

6ハウスからは、日々の暮らしにおける2人の雑事について読み取ることができます。

たとえば、6ハウスが双子座・乙女座・射手座・魚座いずれかの柔軟宮のサインであれば、お互いに日常の雑事を手分けして対応するでしょう。

コンポジットチャートにおける7ハウス

7ハウスでは、友人や親戚などの周囲の人たちが、2人をどのように見ているかが表れます。とくに7ハウスのサインの性質が、2人の特徴をよく表すでしょう。蟹座であれば「家庭的で家族に対して献身的な夫婦」といったイメージになるでしょう。

コンポジットチャートにおける8ハウス

8ハウスは性的な関わりはもちろんですが、加えてお互いの助け合いがどのように行われるかも表します。どのようにお互いが求めあっているかを示す場所です。

また性に関することは、たとえば、乙女座や山羊座は性に対して強い興味関心を示さないサインです。そのため、ハウスやハウス内の天体などにこれらのサインがあれば、淡白な関係になることも想像できます。

コンポジットチャートにおける9ハウス

9ハウスは、宗教や文化に対する姿勢に加えて、旅行に対する価値観や、倫理的な価値観を示します。

水や地のエレメントのサインであれば、調和的な姿勢になるでしょう。一方、火のサインがあればやや激しい側面が見えます。風のサインの場合は、いずれにしても多くのコミュニケーションが必ようであることを示します。

コンポジットチャートにおける10ハウス

10ハウスはパートナーとともに共有する地位や名誉を表します。加えて、この先達成する可能性のある業績なども示します。

もし10ハウスに太陽があれば、大きな成果を達成するための手がかりが、チャートに示されているでしょう。

コンポジットチャートにおける11ハウス

11ハウスはパートナー同士の友情、また、2人の共通の友人との関係が示されます。

コンポジットチャートにおける12ハウス

12ハウスは出生図と同様に解釈のもっとも難しいハウスです。2人のプライベートな時間を表す場合もありますし、秘密の関係を示す場合もあります。他人からは見えない部分であり、2人が他人には決してみせない部分でもあるでしょう。

コンポジットチャートにおける天体・惑星の読み方

コンポジットチャートにおける天体の読み方を記述します。

コンポジットチャートにおける月

月は2人の感情表現、日常の習慣などを表します。お互いのことをどのように思っているかを最も端的に伝えるのが、月のサイン、ハウス、アスペクトです。ハードアスペクトが関わるような場合は、お互いにぶつかりあって学ぶ関係である場合もあります。

コンポジットチャートにおける水星

水星は2人のコミュニケーションの仕方、知的姿勢を明らかにします。どのサインやハウスにあるかによって、2人がまわりの出来事をどのように分析しているかを知ることができます。

コンポジットチャートにおける金星

コンポジットチャートにおいても、金星は愛の星です。2人の愛情の深さや、性質などを読み取ることができます。

コンポジットチャートにおける太陽

太陽は、2人の関係の基礎です。自分たちの持つ2人のイメージを表します。

コンポジットチャートにおける火星

火星は情熱の炎を表します。その2人の情熱が攻撃的なものなのか、あるいは建設的なものであるのか、チャートの内容から見ていくことができます。

コンポジットチャートにおける木星

木星は2人が拡大し成長していく可能性を示しています。

コンポジットチャートにおける土星

コンポジットチャートにおいて、土星は重要な役割を持ちます。2人の関係の”堅さ”に関わるからです。長い目でどのような関係を築き上げていくのか、そのヒントを知ることができます。

コンポジットチャートにおける天王星

天王星は覚醒、自由などを表す天体であり、コンポジットチャートにおいて天王星が位置するハウスに一種の動揺を生じさせるでしょう。

コンポジットチャートにおける海王星

海王星は、ポジティブに解釈すると、2人の共通の夢のありかを表します。一方で、ごまかしや不正などの出来事を示す場合もよくあります。

コンポジットチャートにおける冥王星

冥王星のあるハウスにおいて、変化や改革が起こりやすいと言われます。よい意味となるか、そうでないかは、2人の生きる姿勢によって大きく変わってくるでしょう。

3人以上のコンポジットチャート

コンポジットチャートは、当事者が何人であっても、全員を含んだコンポジットチャートを作成することができます。

最もよく使う機会が多いのは、恋人や夫婦などのパートナーでしょう。ですが、他にも親子や、家族全員、友人グループ、仕事のチーム、プロジェクトメンバーなど、複数人集まって何かをする際の方向性をみるときにも利用できます。

その他

参考文献

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】