風の時代

2023年冥王星水瓶座時代へ|影響は?どんな生き方をする?

冥王星は西洋占星術で使用する10天体のなかで、一番公転速度の遅い天体です。そのため、冥王星のサインは、1つの時代の特徴を表しているとも言えます。

2008年から冥王星は山羊座に滞在しており、2023年に水瓶座へ移動します。

こうした天体が新しい次のサインに入ることを、占星術用語でイングレスといいます。

冥王星が水瓶座にイングレスすることで、時代的にどんな変化があるのかについて解説しますね。

なぜ、冥王星水瓶座時代が注目されているの?

冥王星は、12サインを通過し一周するのに、約248年かかります。天体は公転周期が長いほど影響力が強いため、冥王星はわたしたちの世界に最も深刻なインパクトを与えうる天体です。

冥王星がサインにイングレスするとき、時代が大きく変容します。

そのため、占星術に関心が高い人たちは、「冥王星水瓶座時代が始まるよ」と注目しているんですね。

冥王星水瓶座時代はいつからいつまで?

冥王星水瓶座時代は、2023年3月24日~2043年3月9日。

約20年にわたり、冥王星は水瓶座に滞在します。

ただし、2024年までの間に逆行が2回あり、次の期間は冥王星が山羊座に移動します。

  • 2023612日~2024120
  • 202493日~20241119

そのため、2024年の後半から、本格的な冥王星水瓶座時代とも言えるでしょう。

冥王星水瓶座時代、どんな影響があるの?

冥王星はそのサインの価値観を破壊し、再生する働きを持ちます。

たとえば、前回冥王星が山羊座に入った2008年は、仮想通貨の考え方が提唱された年です。

山羊座=ローカルな制度、国家を表します。

1978年に金本位制度が終焉を迎えてから、現在の管理通貨(各国の裁量で通貨発行する方法)に移行しました。ですが、2008年冥王星山羊座イングレスによって、これまでの通貨の在り方が根底から覆り始めました。

このように、仮装通貨の考え方は、旧態依然とした山羊座的なものに風穴をあけたと言えるでしょう。

冥王星山羊座時代に変革が起きたように、冥王星が水瓶座に入ることによっても、何かしらの社会変革が起きるはずです。

冥王星山羊座時代から、冥王星水瓶座時代への移行。何が起きる?

山羊座の冥王星が、国家、社会構造、企業、権威、既得権益の変革を意味するならば、水瓶座の冥王星は、次のような変革が起きることが予想されます。

・社会を結びつけるルールや社会規範
・人間性についての考え方
・人工知能や遺伝子工学などの科学技術の革新

また冥王星が水瓶座に完全に移行するまでの間には、山羊座的な価値観を維持したいと考える人々からの反発が起こり、争いに発展する可能性があります。

前回の冥王星水瓶座自体に起きたことは?

より具体的に未来を想像するために、前回の冥王星水瓶座時代にヒントを探してみましょう。

前回、冥王星が水瓶座を通過したのは、1777年から1797にかけてです。

この時期は、世界的に啓蒙主義がピークに達し、個人主義や合理主義の思想が広まっていました。そして、植民地や王政支配を破壊し、自由と人権を獲得するための混乱と戦いの時代となりました。

<アメリカの出来事>
イギリスの植民地から、独立
1775年~1783年 アメリカ独立戦争
1776年 アメリカ独立宣言採択
1778年 米国で初めて奴隷の輸入を禁止する法案が通る
1787年 アメリカ合衆国憲法制定

また、アメリカ独立宣言は、フランス革命にも影響を与えました。

フランス革命は、1789年の王政の打倒、封建制度の廃止、「フランス人権宣言」から始まりました。

水瓶座が象徴する科学技術においても変革が起き、産業革命が加速し、技術が大幅に進歩しました。

1782年 モンゴルフィエ兄弟が熱気球で初飛行
1784年 ジョン・ミッチェルがブラックホールの理論を発表
1795年 メートル法が発明され、正式に制定される
1796年 天然痘のワクチンが開発される

水瓶座が象徴する博愛主義や人権に関しては、次のような変革が起きました。

哲学の世界では、アメリカやフランスの革命に触発されたトマス・ペインが1791年に『人間の権利』、1794年に『理性の時代』を発表。これにより、より多くの人の幸福を実現する方法についての議論がなされるようになりました。

また、メアリ・ウルストンクラフトは、1792年に『女性の権利の擁護』を発表。フェミニズムの先駆者とななりました。

この流れや符号を見るだけでも、冥王星水瓶座時代に、いかに人権の概念が急速に確立し広まっていったのかが見て取れます。

冥王星水瓶座時代の生き方

2023年からの冥王星水瓶座時代に必要なのは、社会や未来についての新しいビジョン、人々や人類全体のために働くビジョンです。

前回の冥王星水瓶座時代は、植民地支配、封建制度、王政、奴隷制度といった制度が破壊され、より多くの人々が平等に人権と幸福を獲得していく時代でした。

2023年からは、国家すら超えていくのでしょう。

なお、前回の冥王星水瓶座時代のように、「もしかすると多くの革命や社会混乱、戦乱が起きるのでは?」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、前回の冥王星水瓶座時代は、現在のような風の時代ではなく、火の時代に当たります。

ですから、私たちの革命は、戦火ではなく風が象徴するテクノロジーや知性、個の意識革命によってもたらされていくはずです。(そう、信じたいですね)

また、水瓶座のネガティブな側面として、集団的な狂信主義に陥ることがあります。水瓶座の思想は人間愛を基礎にしているため、思想的で身体性には根差していません。

冥王星が水瓶座に入ると、ますます科学技術の進歩が見られ、社会構造も変化していくことが予想されます。

ですが、それが「人間本来の形」を置き去りにして、猛スピードで進むことは、危険な流れでもあります。

わたしたち一人ひとりに必要なことは、まずは狂信に陥らない「冷静な自己認識」であり、人間性の確認です。

人間であることの意味を理解しなければいけません。

AI(人工知能)や技術、VR(バーチャルリアリティ)がいかに発展しようとも、「人間だからできること」を見失わないようにだけは、気をつけなければいけません。

愛情をもって人と支え合う心。触れ合う喜び。子どもを慈しみ育てること。詩的な感傷や喜び、表現。自分の人生と身体を、自己管理できること。

デジタルテクノロジーの時代だからこそ、ひとりひとりが「データ」として扱われ消耗されるのではなく、アナログで血の通った暮らしと生活に根差していくことが、より一層大切になります。

そのバランスを見失わなければ、わたしたちは争うことなく、この惑星で共に生きる方法を考えることができる時が来ています。水瓶座は未来志向で、社会や未来をより良い場所にしたいと考えているのですから。

12サイン別、ワンポイントアドバイス

冥王星水瓶座時代、どんなことを意識して日々を送っていけばいいのかについて、太陽星座別に、ワンポイントアドバイスを紹介します。

牡羊座

他者を思いやりながら、自分らしさをより伸びやかに発揮していきましょう。

牡牛座

過去やポリシーを、ほんの少し緩めていきましょう。新しい風を楽しみましょう。

双子座

目的を意識しながらも、より軽やかに人との繋がりと学びを大切に。

蟹座

温かな情緒的交流と、慈しむ心をこれからも大切に。

獅子座

自分が何者であるかを知り、どんどん表現していきましょう。

乙女座

これまで以上にチームプレーを大切に。仲間とともに役割を果たしていきましょう。

天秤座

思いついたことは、なんでも表現して、自らが風を巻き起こしていきましょう。

蠍座

大切なものは何か。守り続ける強さとともに、多くの価値観に出会っていきましょう。

射手座

自由の体現者です。風の時代に、場所の制限はありません。バーチャルリアリティ分野での先駆者にもなれます。

山羊座

これまでのやり方を、一度見直してみるといいでしょう。そうすれば、風の時代においても、しっかりとした自己基盤をつくっていくことができます。

水瓶座

肩書のない生き方にいち早く適応できる人です。古い常識にとらわれない自己を、体現していきましょう。

魚座

愛をイマジネーションが必要とされる時代です。より多くの人に、あなたの想像力に触れてもらいましょう。

 

あわせて読みたい

 
ホロスコープや占星術、歴史などのより深い話は、メールマガジンにてお届けして参ります。よかったらぜひ、メルマガにもご登録くださいね。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

風の時代に生きやすい人・生きにくい人|特徴や星座別の傾向

2020年から始まり、この後200年続く風の時代は、一人ひとりがインスピレーションを受け取り「自我・魂」を、表現する時代になっていくでしょう。

これまで社会的に通用していた「肩書」「経歴」「職歴」「資格」「会社の看板」以上に、その人個人にライトが当たっていくはずです。

社会的な地位や名誉よりも、今後は「自分らしく魅力的」であるほど、気の合う仲間とつながれる時代に変わっていきます。

そんな世の中の価値観の変化により、「生きやすくなった」と感じる人もいる一方で「生きづらくなった」と感じる人も出てくるかもしれません。

そこで、風の時代に生きやすい人、生きにくいと感じる人について、それぞれの特徴や、星座別の風の時代の波に乗るポイントをお伝えします。

あわせて読みたい

 

風の時代に生きやすい星座と特徴

風のサインを持つ人は、自然と風の時代に適応しやすいです。風のサインの天体を多く持つ人にとっては、生きやすい時代となるでしょう。

<風のサイン>
双子座・天秤座・水瓶座

2040年までは水瓶座の風の時代です。月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星の天体のいずれかが水瓶座にある人は、一番時代の空気に合いやすく、新しい風の時代の感覚をキャッチしやすいでしょう。

また、月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星いずれかに、火のサインを持つ人にとっても、火の魅力をインターネットなどにのせて、広く伝えることができる時代です。

自分の魅力を理解し堂々と表現できる人にとって、風の時代においては、まさに「風に乗る」だけで、自己表現が実現する時代でしょう。

<火のサイン>
牡羊座・獅子座・射手座

風のサインの特徴

双子座が多い人の特徴

双子座の天体を持つ人は、双子座のもつ知性や好奇心が、どこまでも伸びやかに広がっていきます。

これまで以上にワクワクしながら、オンライン・オフラインの境目なく学びを広げていけるでしょう。

天秤座のが多い人の特徴

天秤座の天体をもつ人にとって、風の時代的な「自分と他者の違いを知り、その違いを磨いていく」といった価値観は、これまでもあたりまえに持っていたものでした。

そのため、「ようやく、周りのみんなも、自分の違いを知って磨くことの大切さに気が付いた?」なんて感じているかもしれません。

水瓶座が多い人の特徴

水瓶座さんにとっては、これまでの地の時代は「独特な考え方をするね」なんて言われて、生きにくさを感じることもあったかもしれません。

ですがこれからは、生きにくかった世界が一変し、「○○さんみたく、ユニークに尖りたいんですが、どうしたらいいのでしょうか」なんて相談される世の中になってくるかもしれません。

自らの天才性を、存分に発揮していくときです。

風の時代に生きにくい星座と特徴

風のサインの対極にある地のサインを持つ人は、風の時代の変化に戸惑い「生きにくいな」と感じることもあるかもしれません。

「軽やかに、自分を表現していいよ」なんて言われても、どうやったらいいのか、頭を悩ませる場面もあるでしょう。

また、これまでのようにコツコツ頑張って積み上げている横で、風の質をもった人が、あっという間に時代の波に乗って頭角をあらわし、一世を風靡していく場面を横目で何度も見るかもしれません。

地のサインと風のサインは、たしかに相性は良くないと言われます。ですが、地という基盤なしには、風の時代は成り立ちません。

風の力を身に付けた地のサインを持つ人々は、地の圧倒的な努力と基盤の上にたち、安定感を保ちながら時代の流れにも乗っていくことができます。

風の時代は、地のサインの人にとっては、殻を破るときです。

風の時代のやり方を拒絶するのではなく、受け入れて取り入れてみてくださいね。

地のサインの特徴

牡牛座が多い人の特徴

牡牛座はマイペースなサインです。外からの変化を嫌い、自分の美意識を信じて、目の前のことにコツコツと取り組みます。

芸術家、アーティストには、牡牛座の性質は欠かせません。風の時代は、ある意味、誰もがアーティストになりうる時代です。軽やかに自己表現する人々を見て、なんだか軽薄な印象を受けてしまうかもしれません。

ですがそんなときこそ、牡牛座さんの美意識を活かすときです。積み上げ、磨き上げた技術や感性は、誰にも奪うことができないものですからね。

乙女座が多い人の特徴

乙女座は、現実的に世の中の役に立とうとします。風の時代においても、変わらずに活躍します。

その一方で「自分らしく」と言われても、ピンと来ない部分があるかもしれません。「求められる役割を担う」ことが、賞賛されにくい風潮にもなってくるからです。

ですが、そうした姿勢を含めて「自分らしさ」を認識して、磨いていくことができればいいのです。

山羊座が多い人の特徴

天体が山羊座にある人は、野心的で、社会の頂点を目指してきました。風の時代においては「どの山を登ればいいのか……」と、そもそも自分が登るべき山を消失してしまった感覚を持つ人もいるかもしれません。

でも、山が消えてしまったわけではありません。

山もまた、これまでの常識では見つけられないような、個性的でユニークなものに変わってきているのです。

【星座別】風の時代を生き抜くために大事なこと

どんなことを意識したり、どんなことに取り組むことで、風の時代の変化に上手に乗っていけるのかについて、太陽のサイン別のワンポイントアドバイスを紹介します。

※太陽のサイン:一般的な星占いで使う星座

牡羊座の風の時代の生き方

これまで以上に、インスピレーションで行動することが、しやすくなる時代です。

時代の空気も流行りも、何もかもが流れるように早く進む世の中において、直感的にスピード感を持って進める牡羊座さんの本領が発揮できるときです。

牡牛座の風の時代の生き方

自分がコントロールできる範囲で、美しく暮らしたいと願う牡牛座さん。

ですが、風の時代においては、外から賑やかな風がビュンビュン吹いてきます。それを煩わしいと感じることもあるかもしれませんし、計画通りにいかないこともあるでしょう。

その賑やかさを、あえて楽しんでみることがポイントです。新しく吹き込んできた風は、牡牛座さんに新しい世界の刺激と魅力を教えてくれます。

双子座の風の時代の生き方

好奇心旺盛で軽やかなコミュニケーションが得意な双子座さんにとって、風の時代にはチャンスがたくさんあります。

信頼できる人と関わり、計画的に進くことさえできれば、あっという間に成功に近づきます。

蟹座の風の時代の生き方

情緒豊かで共感力のある蟹座さんにとって、風の時代は、どこかドライなものに感じられるかもしれません。

インターネットよりも、身近な仲間と過ごす時間のほうが自然なものに感じられるため、「風の時代に乗れているかな?」と、不安に思うこともあるかもしれません。

ですが、風の時代においても人の気持ちは変わりません。コミュニケーションにおいて寄り添うことは、風に時代でも大事なこと。

蟹座さんらしく自分を見失わず、波風が立つなかでも静かに自分の心を見つめ、チューニングしていくことで、風の時代の変化に対応していけるでしょう。

獅子座の風の時代の生き方

風の時代は、獅子座さんにとってチャンスのときです。風の時代の「新しい風」に乗って、多くの出会い、友情、人脈が見つかるはずです。

あまりにも多くのチャンスがあり、すべてのチャンスを手に入れることはできないかもしれません。受け取れるものは、あくまで、自分の手のひらの大きさのものだからです。

だからこそ、「その手に何を残すのか?」と、自分にとって一番大切なものを選んでいくことが大事な視点になります。

乙女座の風の時代の生き方

もともと乙女座さんは、チームで協力して物事を実らせることが得意です。それぞれの個性を発揮して、協力関係を築いていく風の時代において、乙女座さんの力が必要とされます。

乙女座さんの柔軟な知性は頼りにされるので、新しいプロジェクトに取り立てられて、求められるでしょう。

これからも、自分自身に対しても相手に対しても、正直に誠実でいましょう。そして、これまでよりもほんの少し心をオープンにすると、風の時代にちょうどいいかもしれません。

天秤座の風の時代の生き方

天秤座さんは、風の時代にスムーズに乗ることができます。

風の時代になり、今後、新しい芸術や文化が確立されていく中で、はじまりの芽をつくっていく人です。

表面的ではなく、本質的にクリエイティブな活動をしていくことができれば、風の時代を第一線で活躍していくでしょう。

蠍座の風の時代の生き方

他者との深い関係性を築くことができる蠍座さんは、風の時代に特別な仲間と出会い、特別な活動をしていくことができます。

人と関わる分、物事がうまく進まないことがあるかもしれません。そんな時は、持ち前の忍耐力で、風の時代においてもじっくりと歩みを進めていくことができるでしょう。

射手座の風の時代の生き方

ポジティブで先見の明のある射手座さんにとって、新しい風の時代はチャンスのときです。

安定した堅実な結果はもちろんのこと、重要なパートナーと出会うことによって、それ以上の大きな評価を手にすることもできます。

山羊座の風の時代の生き方

風の時代において、山羊座さんは地から風への移行するためにも、自己改革を求められます。

最初のうちは頑張り方がわからず、お金を多く使うなど、散財してしまうこともあるかもしれません。それでも、いろんな方法で挑戦をしていくのが山羊座さんらしい、風の時代への移行方法です。

社会性があり親切な山羊座さんにとって、人間関係においては、風の時代でも人間ストレスは感じないでしょう。

水瓶座の風の時代の生き方

水瓶座さんにとっては、人生の大きな決断が必要となる時代かもしれません。風の時代における新しい役割を受け入れていく人だからです。

社会的にもキャリア的にも、成長のための多くの機会があるはずです。

水瓶座さんは風の時代において、未来のための新しい持続可能なライフスタイルを描く、クリエイティブで重要な役割を担っていくでしょう。

魚座の風の時代の生き方

風の時代に入り、物質主義的な文明だけではなく、精神的な文化がふたたび求められるため、魚座さんの想像力が求められます。

地の時代には無用で無駄だと思われていたものが、再び大事になる時代です。

風の時代は「正確なデータ」だけではなく、「夢やビジョン」といったものの重要性が見直されます。魚座さんのイマジネーションを活発に、遊ぶように表現してみましょう。

 

誰もが自己表現をする時代になるからこそ、風の時代はますます「自分を知る」ことが重要になってきます。

これからの時代を生き抜くためにも、自分の役割や、得意なこと、できないことを明らかにして、「自分が人生において何をしたいのか」と、ホロスコープから読み解いてみませんか?

メルマガでは、あなたの感性で星と使命を読み解く方法についても定期的にご案内しておりますので、よかったら登録してお待ちくださいね。たくさんの受講生さんたちが、自分だけの使命を見つけていかれてます。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

あわせて読みたい

「風の時代、仕事を辞めるとき?」と迷っている人へ、これからの働き方

2020年末、風の時代に入りました。

風の時代の新しい価値観への変化には、占星術に感心のある人だけでなく、幅広いひとたちの間で注目が集まっています。

そんな風の時代の情報を見聞きし、「今の仕事を辞めるタイミングなのかな?」と、仕事や働き方の見直しをしている方に向けて、風の時代の仕事についてお伝えしますね。

風の時代になって、仕事を辞める人が増えている?

風の時代が始まり、人々の意識は少しずつ変化し始めています。これからは、今の仕事に違和感を感じたり、働き方を変えたいと思う方が増えていくでしょう。

そうした人たちは、自分の理想のために、働く場所を積極的に変えていきます。

また、2020年からのパンデミックによりリモートワークが増えたように、個人の意志とは関係のないところでも、必然的に一つの場所に集まるという働き方ではなく、散り散りにもなっていきます。

あわせて読みたい

風の時代の仕事の選び方

これまでは、仕事はお金を稼ぐための手段であると考える人がほとんどでした。そのため、お給料や経営の安定性など、会社の条件から堅実な仕事を選ぶ方が多かったと思います。

ですが、風の時代は、仕事とは<自分を表現するもの>という価値観に大きく変わっていきます。

「仕事」は、その人自身の役割や天職、使命の「乗り物」になっていくかもしれません。自分の魂を生きるための手段としての仕事です。

今後は、自分が心から欲して「これをやりたい」「これは、自分がやらなければ」と思えるものを仕事として選ぶ人たちが増えていくでしょう。

もしかしたら、あなたが今の仕事に何か違和感を感じて「仕事を辞めたいな」と考え始めているのなら、それは、今の仕事が、あなたが心から望んでいる「やりたいこと」とは違うのかもしれません。

風の時代になり、やりたいことを仕事にしたいとい欲求が高まってきているのかもしれませんね。

また、仕事はこれまで終身雇用制度があたりまえでしたが、その当たり前もだんだん崩れていくかもしれません。地の時代にはゆるぎなかったシステムも、その一部は、風の時代においては砂のように舞っていくのでしょう。

風の時代で増えていく働き方は?

実は、1980年代のインターネット革命から、すでに風の時代の準備は始まっていました。今後も、ITを活用し、フリーランスや小さな起業をする人は増えていくでしょう。

だからといって、会社組織や会社員として働く人がいなくなるわけではありません。その人らしい生き方や働き方が実現できる場が、会社組織のポジションであれば、それもまた風の時代的な生き方です。

ただし、これという目的や意識を持たず、「自分が何者であるか」を見つめることを放棄した場合、仕事においても意志を持たずに漂流し、歯車のようなポジションにだんだんと流れついてしまうかもしれません。

2040年までの風の時代の動きと、冥王星水瓶座時代の始まり

風の時代は、2020年の水瓶座のグレートコンジャンクションから始まりました。さらに、2023年~2024年にかけて、冥王星が水瓶座へ移動します。そして、そこから約20年間は、冥王星水瓶座時代

そうした背景もあり、これからの20年間は、水瓶座が象徴するAI(人工知能)が目覚ましく発達するでしょう。

それに伴い、私たちは「人間として」何ができるのかが問われる時代にもなってきます。機械や人工知能ができる仕事は、どんどん人の仕事から代替されていくでしょう。

今まで以上に「人だからこその営みとは?」が重要なテーマになってきます。

また、風の時代の恐ろしい可能性としては、技術の発達により、私たちの身体にICチップが埋め込まれて、個人データが管理される未来もまた、現実味を帯びてきているということです。

そうなったとき、私たちは「データの一部」「歯車のひとつ」にも成りえてしまうでしょう。

人工知能やITがどんなに便利になろうとも、主導権を明け渡さず、ポジティブに活用できるか?

また、そうした機械化とは真逆のアナログな人の営みの価値を、いかに再認識するか。

そうした議論のもとで、私たちの職業選択や働き方は、選択されていくでしょう。

「やりたい仕事が何か、まだわからない」のなら

「仕事を辞めたい、だけど、何をやりたいかわからない」

そうした想いを持つ方もいらっしゃると思います。

新しい時代、新しい生き方……、急に変えなさいと言われても、戸惑うのは当然ですよね。

ホロマムには、そうした想いや願いを持った方が、たくさん占星術を学びに来てくださっています。

私がいつもオススメする考え方は「本当にやりたい仕事」を2つの視点から考えてみることです。

1.「自分がどうしたいか?」を探ってみる

1つ目は、まずは「自分がどうしたいか?」を探ってみること。

こればかりは、その場で動かずにじっとしていても、答えは見つかりません。たくさんの選択肢をに取り組んでみて、徐々に自分に合ったものを残していくのです。

100個チャレンジして、1つでも、自分らしくいられるやり方や場所、好きな対象、そうしたことが見つかればいいのです。行動あるのみです。

2.天命を知ること

2つ目は「天命を知ること」です。

天命というのは、天が与えてくれたものです。その存在を信じられる人は、すぐにホロスコープからあなたの天命を知りましょう。ホロスコープにはあなたの天命が確実に書いてあります。

「天命なんて、本当にあるの?」とすぐには信じられない方もいると思います。わたし自身も、天命の存在を確信するまでに、200名以上のホロスコープを鑑定する必要がありました。

天命を受け取るには、自分と宇宙のつながりへの信頼が不可欠です。そうした感性を、本来誰もが持っています。ただ、忙しい都市生活を過ごしていると、なかなか感じる機会も少ないものです。

自然のそばで暮らしていなくとも、占星術の学びを続けると、すべてが繋がっていることの不思議を実感する機会が、何度も訪れます。次第に、自分と宇宙の繋がりを、自然と感じられるようになります。

まずは、半信半疑でも大丈夫。せっかく、こちらのサイトにたどり着いてくださったご縁です。ぜひ、ホロマムの無料のメルマガ、読んでみてほしいなと思います。宇宙との繋がりを感じるお話を、たくさんお届けしています。

ホロマムのオービットスターコースにて、使命を見つけてくださった方も、たくさんいらっしゃいます。

あわせて読みたい

 仕事を辞めるタイミングを知るには?

仕事を辞めるタイミングを決めるのは、難しいですよね。私自身、占い師のお仕事をしていると、本当によく「仕事を辞めたい」というご相談をお受けします。

しかし、こればかりは、一人ひとりの状況にあったアドバイスが必要です。

私は、過去にある方には「仕事、辞めましょう」とお伝えしました。その方は、職場を退職し、独立起業されました。いまは大人気の占い師さんとして活躍しております。

また、別の方には「仕事、まだ辞めないで」と伝えました。なぜなら「仕事さえ辞めれば、自分らしく生きれるかも」と、一種の逃避行動になっていたからです。

この方には、出会ってから3か月後に、「もう、仕事、辞めても辞めなくてもいいですよ」とお伝えしました。すると、「仕事、楽しくなってきたんです。辞めません」と笑って応えてくれました。3か月の間に、自分らしい在り方、使命を見つけられたんですね。

本気で自分の人生に向き合えば、たった3か月で使命は見つかるし、本当の自分らしさに出会えます。私は、そう本気で願う方に出会いたくて、この仕事をしています。

使命を見つけるオービットスターコースは、メルマガにて定期的にご案内をしております。「自分の使命を知りたい」「使命にそった仕事をしたい」なら、一歩を踏み出してみませんか?メルマガご登録は完全無料です。本気で使命を知りたい方のお役にたてると思います。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

あわせて読みたい

風の時代、仕事のやり方・働き方はどう変わる?占星術師の経営者が解説

「風の時代が始まると、仕事のやり方にも変化があるのかな?」と、ちょっと心配したり、疑問に思っている人もいるかもしれません。

たしかに、仕事においても変化はありますが、風の時代は200年間続きます。つまり、200年かけて変化していくということなんです。

そのため、これからどのくらい急激に、風の時代らしく変化するかはわかりません。

最初はゆるやかで、あとから大きな変化があるかもしれないし、スタートダッシュがすごいかもしれません。

ということを前提に、風の時代を「仕事」「ビジネス」という切り口で、解説していこうと思います。

地の時代の特徴

2020年に終わりを告げた地の時代は、仕事やビジネスにおいて次のような性質がありました。

地の時代の価値観

・硬くて、踏みしめられるほど強くなる

・堅実にかつルールを守る

・人が必要なことに一生懸命応える

地の時代の仕事のやりかた

・必死に我慢して、懸命に働く

・お金を節約する

・絶対損しないように確実に投資して利益を出す

・効率よくやって、確実に利益を出す

・利益を積み上げて、富を蓄積していく

・着実にやっていく

・失敗しないように、できるだけロジカルに、かつデータを積み上げて正解を導く

2020年時点では、こうした地の時代のやり方がある程度完成されて終わった、やりつくしたということになります。

風の時代の予兆から知る時代の流れ

風の時代になると、地の時代の価値観や、やり方に変化が現れます。

「お金ってなんだろう?」

「肩書ってなんだろう?」

お金や肩書が確実なのは頭で理解できても、絶対的な自分の人生を捧げるべきものだとは、思えなくなってきます。

 

今回の風の時代が始まる前に、1980年にも風のサインでグレートコンジャンクションが起きていて、風の時代の予兆的な20年間がありました。

そのため、~1990年代生まれまでの人たちは、実は風の時代の息吹を経験しているんですね。

 

ちなみに風の時代の予兆であった1980年~2000年は、通信技術の革命があった時代です。

1980年 携帯電話

1990年 メール、Windows95 インターネットの普及

2000年 SNSの黎明期

そして今後の200年は、1980年からの20年で導入された通信技術の革命の上に成り立っていきます。風の時代は、インターネットのインフラが当たり前にある状態でスタートしていきます。

そのため、ビジネスの上では「SNSやWEBは、苦手」と言っていると、時代に取り残されてしまう可能性が高いのです・・

風の時代の仕事のしかたを知る3つのキーワード

風の時代の仕事のしかたには、3つのキーワードがあります。

1.自分を表現する

2.チームで仕事する

3.自分の役割

それぞれ、詳しく解説していきますね。

1.自分を表現する

これまで仕事というものは「生活のため」のライスワークと考えている人が多かったですよね。

仕事を選ぶときに「お給料」「休日の多さ」「職場環境」といった、条件から選ぶのが当たり前の時代でした。

ですが、これからの時代は、自分の内側からこれをやりたい」と思えるものを仕事として選ぶという価値観に変わっていくでしょう。

たとえば、以前は起業の目的は「儲けること」や「成功すること」であったと思います。

ところが、最近は「儲けること」が起業の最優先目的ではなく、自分の内側からわきあがってくる「これを自分はやるべきなんだ」という想いや、自分を表現することが目的で起業する人が、増えてきています。

また、会社にも、ビジョンや創業者の想いが求められるようになってきました。

「その人がなぜそれをやっているのか」の動機が大事になってきているんですね。

起業されている方や経営者の方で、SNSで発信している人が、年々増えていると思いませんか?

この流れは、非常に風の時代らしいと感じます。

風の時代は、自分が表現したい欲求が高まってくると同時に、自分を表現している人の価値が高まってくる時代であると言えるでしょう。

2.チームで動く

風には「一人で生きられない」という性質があります。

そのため、風の時代の仕事のしかたは、自分ひとりで何かを成し遂げるのではなく、いろんな人との関係のなかで 物ごとを進めていくようになっていきます。

地の時代は、自分で自分を鍛えて、自分で積み上げて、自分で頑張るという世界観でしたが、風の時代は、自分ひとりで完結するものが、すごく少なくなっていきます。

その時、その時で出会った人と「じゃあ一緒に何かやろう」と、巡り合わせの中で、仕事をしていくのが当たり前になっていくでしょう。

協力してチームで仕事をするのが前提ということは、完璧じゃなくていい。「できること、できないことがあっていい」という世界観に変化していきます。

3.自分の役割

風の時代は、仕事で自分の役割をはっきりとわかっていることが大事です。

地の時代は「肩書」や「どこの会社に勤めているか」「どんな資格を持っているか」といったことが、価値として評価される時代でした。

しかし、だんだんと肩書や資格だけでは評価されにくい世界になっていきます。

そいて肩書や資格が使えなくなると「あなたは何者なんですか」「何をしたい人ですか」といったことが問われます。

風の時代は、人と一緒に仕事を進めるのが当たり前の時代。

そのときに「自分が何ができる人なのか」「こんなことをやりたいです」ということを、自分自身でわかっていないと、相手も「この人と何をやっていいかわからない」状態になりますよね。

自分の役割を自覚して、相手にハッキリと伝えられたほうが、風の時代らしい働き方はしやすいでしょう。

「わたしは◎◎な人間で、▲▲をしたくて、それが、人生のやりがいだと思っています。だから、あなたと■■をしていきたいんです」

と、ハッキリしている方が、相手もあなたとどんなことができるのかイメージしやすくなりますね。

風の時代の仕事

風の時代は、「仕事=お金を稼ぐための手段」という捉え方から、「仕事=自分を表現するもの」に大きく変わっていきます。

これは、人間の意識が変容するために起こる変化です。

そのため、これからは「お金のために働く」と割り切るのが、難しい人が増えてくるかもしれませんね。

今現在、「お金のために働く」と割り切れずにストレスを抱えている人は、すでに風の時代の空気を感じている人なのかも。

これからの時代を生き抜くためにも、自分の役割や、得意なこと、できないことを明らかにして、「自分が人生において何をしたいのか」と、ホロスコープから読み解いてみませんか?

メルマガでは、あなたの感性で星と使命を読み解く方法についても定期的にご案内しておりますので、よかったら登録してお待ちくださいね。たくさんの受講生さんたちが、自分だけの使命を見つけていかれてます。

あわせて読みたい

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

【歴史から読む】水瓶座の風の時代とは?

2020年12月22日に、風のエレメントでグレートコンジャンクションが起きる「風の時代」が始まりました。

今回のグレートコンジャンクションは水瓶座で起きたため、2040年までの20年間は水瓶座の性質が色濃く表れる時代となるでしょう。

「水瓶座の風の時代が、どういう時代なのか」について、歴史を振り返りながら解説しますね。

 前回の水瓶座のグレートコンジャンクションの特徴

前回、水瓶座でグレートコンジャンクションが起きたのが、1405年。
今から600年以上前のことです。

1405年頃、歴史的に起きた大きな出来事の一つが、東ローマ帝国の滅亡です。

東ローマ帝国の滅亡は、世界史的に中世から近世の転換期。
文化的には、宗教的な世界観から近世的な世界観へと移り変わりました。

また、その一つ前の水瓶座のグレートコンジャンクションは、1345年、14世紀のまんなかあたりでした。

14世紀といえば、文化的にはルネサンスが始まったことで知られています。

水瓶座は「新しい文化、芸術、科学、ビジョンの開花」を象徴していますから、まさに水瓶座的なものが開花した時期であったと言えるでしょう。

水瓶座のグレートコンジャンクションによる影響について、ルネサンスをもう少し詳しく見ていきましょう。

ルネサンスで何が開花したのか

ルネサンス以前と以後で見られる大きな変化は次の2点です。

■芸術家によって、個の意識の変化が表現され始めた
■遠近法など新しい視点が発見された

個の意識の開花

ルネサンス期以降の絵を見てみると、人物の顔が一人ひとり、違う人物として描かれています。

「ひとりひとり顔が違う」というのは今では「当たり前」の感覚ですが、実はルネサンス以前は、絵画に描かれる人物は、顔がみんな同じように描かれていて、一人ひとり描き分けられていなかったんです。

※こんなふうに、みんな同じ顔!!

ルネサンス以前は、人は自分を「個」としてハッキリとは認識しておらず、一人ひとりの自我意識が今のように確立していなかったのではないかと考えられます。

たとえば、女性、男性、おじいさん、おばあさんというような、大きなくくりで自分のことを認識していたのかもしれません。

ところが、ルネサンス期になり、人間の意識が大きく変化します。

「個」の意識が、開花しました。

そのため、一人ひとりの人物が違う人物として描き分けられるようになったんです。

遠近法

もう一つの大きな変化が、遠近法の確立です。

■初期ルネサンス時代のイタリアの建築家フィリッポ・ブルネレスキが、透視図法(一点透視図法)を世界で初めて完成させる(1413年頃)

■初期ルネサンスの画家マサッチオが、世界初の一点透視図法を使った絵画「聖三位一体」1427頃)を制作

ここで、遠近法の書き方を見てみましょう。

これは二点透視図法という方法で描いた図です。

同じ箱が対象だとしても、どこから見るか?どの立ち位置から見るか?で、見え方は変化します。

たとえば、同じ建物でも、下から見るのと上から見るのでは、建物の形など見え方が異なります。

ですので、遠近法が明確に発明されるより以前、つまりルネサンス以前は、「見ている場所によって、見えているものが変わる」という視点を人間の意識では、持っていなかったと考えられます。

つまり、一人ひとりが別の視点で物を見ているという意識がなく、みんなが同じ物を見ているという意識だったのでしょう。

同じものを見ていても、一人ひとりが感じることは違うということは、今では当たり前の感覚ですが、ルネサンス以前は、当たり前ではなかったんですね。

ルネサンスに起きた絵画に見られる変化は、技術の進歩とも捉えられるかもしれません。ですが、どちらかと言えば、意識の変化が起きたから、意識に合わせて新しい表現が生まれたと言えると思います。

2020年の水瓶座のグレートコンジャンクションで何が起きる?

今回、1405年以来、600年以上ぶりに、水瓶座でグレートコンジャンクションが起きました。

前回と同様に、水瓶座的に人々の意識が大きく変わることが考えられます。

ここで、2020年に起きた水瓶座のグレートコンジャンクションのホロスコープを見てましょう。

サビアンシンボル(水瓶座1度)は「古いレンガ造りの伝道所 」(An old adobe mission.)。

神聖な精神によって成し遂げられた理想を表しています。精神的に理想を目指すという水瓶座らしいシンボルです。

「古いレンガ作り」は永続化を表しています。水瓶座は理想を追い求めますが、一過性の流行りで終わるのではなく、普遍性をもつ廃れない変わらないものを目指していくというイメージですね。

グレートコンジャンクションが起きたのが、水瓶座の0度。水瓶座の性質を勢いよく押し出しがちです。

その結果、折り合いをつけることよりは、水瓶座的な急進さが前にでます。衝動的で後先を考えない傾向が見えます。

これまでの地位を捨てることもいとわず、思い切った判断をするような勢いのある時代ですね。

これからの20年は、水瓶座的な理想と、これまでの現実的な思考とがぶつかりあって、試行錯誤していくという時代になるでしょう。

新しいものが出てきて、理想に向かっていくということに驚かされることがあるかもしれないですね。

あわせて読みたい

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

【ホロスコープ】価値観が変わる?風の時代の特徴を占星術師がわかりやすく解説

2020年頃から「風の時代」と言う言葉をよく耳にした方も多いと思います。

風の時代とは、占星術的な視点での新しい時代を指しています。

占星術に詳しくない方にもわかりやすく、風の時代の基礎知識や特徴について解説しますね。

風の時代とは

風の時代の<風>とは、占星術の12星座(サイン)と関係しています。

星占いでおなじみの12星座は、占星術で火・地・風・水の4つのエレメントに分類されています。

■火のエレメント(牡羊座、獅子座、射手座)

■地のエレメント(牡牛座、乙女座。山羊座)

■風のエレメント(双子座、天秤座、水瓶座)

■水のエレメント(蟹座、蠍座、魚座)

風の時代とは、双子座、天秤座、水瓶座に関連した星の動きがあるということ。

その星の動きが、グレートコンジャンクションです。

グレートコンジャンクション

グレートコンジャンクションとは占星術に使用される10個の天体の中で、木星と土星が、地球から見ると重なるように見える(コンジャンクション)状態をさし、20年に一度の周期で起きます。

ホロスコープ上でグレートコンジャンクションが起こるサインは移動していきますが、これが不思議なことに、200年周期でほぼ同じエレメントのサイン上で起きるんです。

つまり、グレートコンジャンクションが風のエレメント(双子座、天秤座、水瓶座)で起きる200年間のことを、風の時代と呼ぶんですね。

ミューテーション

グレートコンジャンクションが起こるエレメントが切り替わることを、ミューテーションと呼びます。

この図は、

  • 1782年の射手座グレートコンジャンクション(火)
  • 1821年牡羊座グレートコンジャンクション(火)

の火の時代のあとに、

  • 1802年乙女座グレートコンジャンクション(地)
  • 1842年山羊座グレートコンジャンクション(地)
  • 1861年乙女座グレートコンジャンクション(地)
  • 1881年牡牛座グレートコンジャンクション(地)
  • 1901年山羊座グレートコンジャンクション(地)
  • 1921年乙女座グレートコンジャンクション(地)
  • 1940年牡牛座グレートコンジャンクション(地)
  • 1961年山羊座グレートコンジャンクション(地)

と、地のサインでのグレートコンジャンクションが続いたことを表しています。

その後、

  • 1981年天秤座グレートコンジャンクション(風)

にて、風の時代に先駆けて風エレメントでのグレートコンジャンクションがあり、

  • 2000年牡牛座グレートコンジャンクション(地)

が、地の時代最後のグレートコンジャンクションで、この後、風の時代へミューテーションして、風の時代へ切り替わっています。

風の時代で何が起きる?

2020年12月22日。グレートコンジャンクションがみずがめ座で形成され、風の時代が始まりました。

その一つ前のグレートコンジャンクションまでは、地のエレメントで起きていたため、地の時代と呼ばれています。

これまでの200年間、地のエレメントで起きていたグレートコンジャンクションが、風のエレメントで起きる時代に変わったんですね。

グレートコンジャンクションのエレメントが変わると何が変わるのかというと、人々の意識が大きく変化します。

これは、過去の歴史を振り返ってみても、知ることができます。

グレートコンジャンクションが起きるエレメントが変わるたびに、パラダイムシフトが起きていることが見て取れるからです。

風の時代の特徴

風の時代の特徴は、エレメントの性質から知ることができます。

風のエレメント:アートな世界観

・コントロールされないもの
・創造的
・芸術的
・知的
・革新的
・様々なことに次々にチャレンジ
・インスピレーションが大事
・アート的な在り方が見直される

風の時代は、一人ひとりがインスピレーションを受け取り「自我・魂」を、表現する時代になるのでは?と予想しています。

地の時代の特徴

一方、これまでの地の時代は、現実的な努力と成功を重視する時代であったと言えます。

地のエレメントの性質:ロジカル・サイエンス・クラフト的な世界観
・コントロールできる
・富や権力を蓄積
・物質的
・物を持っていることに価値がある
・実用性・着実性を重んじる
・合理的な正解を見つける
・再現性があり、誰がやっても同じ

過去のグレートコンジャンクションから知る風の時代の傾向

2020年から始まった風の時代が「どのような時代になるのか」を、前回、風のサインで起きたグレートコンジャンクションから読み解いてみましょう。

地の時代であった1981年に、風の時代の予告編のように、風サインでグレートコンジャンクションが起きています。

そのころに次のような出来事が起きました。

【1980-2000年の通信技術の革命】

ー1980年代 携帯電話

ー1990年代 メール、インターネットが使われ始める

ー2000年代 SNS普及

そのため、2020年からの風の時代は、通信技術の革命がベースになり、成り立っていくと考えられます。

風の時代の生き方

風の時代は、ひと言で言うと、ひとりひとりが魂を表現しようとするアートの時代です。

ですが、地の時代から風の時代に変わったとは言え、突然価値観が一気に変わるということではありません。

風の時代は始まったばかり。これから200年かけて新しい価値観が築かれていくと考えてみてください。

  • 水瓶座の最初の度数は、水瓶座としてはまだ若いため、衝動的で後先を考えない傾向
  • これまでの名誉や地位を捨てることもいとわない
  • 理想と現実がぶつかり合いながら、試行錯誤の続く20年になっていく
  • それでもいくつかの新しいアイデアに芽が出て育ち、人々をあっと驚かせていく。

「今、わたしたちはどう生きたらいいのか」

2020年からの20年間、わたしたちは地サインから離れ、風サインが導く新しい理想を目指して進みはじめます。

風の時代は、ある意味とてもシビアです。

これまで社会的に通用していた「肩書」「経歴」「職歴」「資格」「会社の看板」などが通用しなくなってくるからです。

社会的な地位や名誉よりも、今後は「自分らしく魅力的」でなければ、誰からも振り向かれなくなる時代に変わっていきます。

ですが、今の学校教育や会社は、あなたの自分らしい生き方を見つけてはくれません。

「自分らしさ」が何かわからない状態で、突然、社会に放り出されます。そして、他者との関係のなかや、SNS等のインターネット空間のなかで、自分で自分らしさ見つけて、アピールしなければいけません。

2040年には、これまでの地vs風の価値観の間で混乱起きるはずです。

揺り戻し現象なのか、変化を拒む抵抗勢力によるものなのかはわかりませんが、確実に風の時代になっていく流れは止められません。そのため、ひとりひとりが風の時代に適応していく必要が出てきます。

「自分らしさとは?」

「自分らしい生き方とは?」

今まで、意識を向けたことがなかった人も、今から自分らしさについて目を向けてみてください。

ホロマムでは、「本当の自分らしさ」をホロスコープから見つける方法をお伝えしています。

自分を見つけて、使命を生きたい方は、よかったらメルマガをご登録くださいね。

あわせて読みたい

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】