風の時代

風の時代、仕事のやり方・働き方はどう変わる?占星術師の経営者が解説

「風の時代が始まると、仕事のやり方にも変化があるのかな?」と、ちょっと心配したり、疑問に思っている人もいるかもしれません。

たしかに、仕事においても変化はありますが、風の時代は200年間続きます。つまり、200年かけて変化していくということなんです。

そのため、これからどのくらい急激に、風の時代らしく変化するかはわかりません。

最初はゆるやかで、あとから大きな変化があるかもしれないし、スタートダッシュがすごいかもしれません。

ということを前提に、風の時代を「仕事」「ビジネス」という切り口で、解説していこうと思います。

地の時代の特徴

2020年に終わりを告げた地の時代は、仕事やビジネスにおいて次のような性質がありました。

地の時代の価値観

・硬くて、踏みしめられるほど強くなる

・堅実にかつルールを守る

・人が必要なことに一生懸命応える

地の時代の仕事のやりかた

・必死に我慢して、懸命に働く

・お金を節約する

・絶対損しないように確実に投資して利益を出す

・効率よくやって、確実に利益を出す

・利益を積み上げて、富を蓄積していく

・着実にやっていく

・失敗しないように、できるだけロジカルに、かつデータを積み上げて正解を導く

2020年時点では、こうした地の時代のやり方がある程度完成されて終わった、やりつくしたということになります。

風の時代の予兆から知る時代の流れ

風の時代になると、地の時代の価値観や、やり方に変化が現れます。

「お金ってなんだろう?」

「肩書ってなんだろう?」

お金や肩書が確実なのは頭で理解できても、絶対的な自分の人生を捧げるべきものだとは、思えなくなってきます。

 

今回の風の時代が始まる前に、1980年にも風のサインでグレートコンジャンクションが起きていて、風の時代の予兆的な20年間がありました。

そのため、~1990年代生まれまでの人たちは、実は風の時代の息吹を経験しているんですね。

 

ちなみに風の時代の予兆であった1980年~2000年は、通信技術の革命があった時代です。

1980年 携帯電話

1990年 メール、Windows95 インターネットの普及

2000年 SNSの黎明期

そして今後の200年は、1980年からの20年で導入された通信技術の革命の上に成り立っていきます。風の時代は、インターネットのインフラが当たり前にある状態でスタートしていきます。

そのため、ビジネスの上では「SNSやWEBは、苦手」と言っていると、時代に取り残されてしまう可能性が高いのです・・

風の時代の仕事のしかたを知る3つのキーワード

風の時代の仕事のしかたには、3つのキーワードがあります。

1.自分を表現する

2.チームで仕事する

3.自分の役割

それぞれ、詳しく解説していきますね。

1.自分を表現する

これまで仕事というものは「生活のため」のライスワークと考えている人が多かったですよね。

仕事を選ぶときに「お給料」「休日の多さ」「職場環境」といった、条件から選ぶのが当たり前の時代でした。

ですが、これからの時代は、自分の内側からこれをやりたい」と思えるものを仕事として選ぶという価値観に変わっていくでしょう。

たとえば、以前は起業の目的は「儲けること」や「成功すること」であったと思います。

ところが、最近は「儲けること」が起業の最優先目的ではなく、自分の内側からわきあがってくる「これを自分はやるべきなんだ」という想いや、自分を表現することが目的で起業する人が、増えてきています。

また、会社にも、ビジョンや創業者の想いが求められるようになってきました。

「その人がなぜそれをやっているのか」の動機が大事になってきているんですね。

起業されている方や経営者の方で、SNSで発信している人が、年々増えていると思いませんか?

この流れは、非常に風の時代らしいと感じます。

風の時代は、自分が表現したい欲求が高まってくると同時に、自分を表現している人の価値が高まってくる時代であると言えるでしょう。

2.チームで動く

風には「一人で生きられない」という性質があります。

そのため、風の時代の仕事のしかたは、自分ひとりで何かを成し遂げるのではなく、いろんな人との関係のなかで 物ごとを進めていくようになっていきます。

地の時代は、自分で自分を鍛えて、自分で積み上げて、自分で頑張るという世界観でしたが、風の時代は、自分ひとりで完結するものが、すごく少なくなっていきます。

その時、その時で出会った人と「じゃあ一緒に何かやろう」と、巡り合わせの中で、仕事をしていくのが当たり前になっていくでしょう。

協力してチームで仕事をするのが前提ということは、完璧じゃなくていい。「できること、できないことがあっていい」という世界観に変化していきます。

3.自分の役割

風の時代は、仕事で自分の役割をはっきりとわかっていることが大事です。

地の時代は「肩書」や「どこの会社に勤めているか」「どんな資格を持っているか」といったことが、価値として評価される時代でした。

しかし、だんだんと肩書や資格だけでは評価されにくい世界になっていきます。

そいて肩書や資格が使えなくなると「あなたは何者なんですか」「何をしたい人ですか」といったことが問われます。

風の時代は、人と一緒に仕事を進めるのが当たり前の時代。

そのときに「自分が何ができる人なのか」「こんなことをやりたいです」ということを、自分自身でわかっていないと、相手も「この人と何をやっていいかわからない」状態になりますよね。

自分の役割を自覚して、相手にハッキリと伝えられたほうが、風の時代らしい働き方はしやすいでしょう。

「わたしは◎◎な人間で、▲▲をしたくて、それが、人生のやりがいだと思っています。だから、あなたと■■をしていきたいんです」

と、ハッキリしている方が、相手もあなたとどんなことができるのかイメージしやすくなりますね。

風の時代の仕事

風の時代は、「仕事=お金を稼ぐための手段」という捉え方から、「仕事=自分を表現するもの」に大きく変わっていきます。

これは、人間の意識が変容するために起こる変化です。

そのため、これからは「お金のために働く」と割り切るのが、難しい人が増えてくるかもしれませんね。

今現在、「お金のために働く」と割り切れずにストレスを抱えている人は、すでに風の時代の空気を感じている人なのかも。

これからの時代を生き抜くためにも、自分の役割や、得意なこと、できないことを明らかにして、「自分が人生において何をしたいのか」と、ホロスコープから読み解いてみませんか?

メルマガでは、あなたの感性で星と使命を読み解く方法についても定期的にご案内しておりますので、よかったら登録してお待ちくださいね。たくさんの受講生さんたちが、自分だけの使命を見つけていかれてます。

あわせて読みたい

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

【歴史から読む】水瓶座の風の時代とは?

2020年12月22日に、風のエレメントでグレートコンジャンクションが起きる「風の時代」が始まりました。

今回のグレートコンジャンクションは水瓶座で起きたため、2040年までの20年間は水瓶座の性質が色濃く表れる時代となるでしょう。

「水瓶座の風の時代が、どういう時代なのか」について、歴史を振り返りながら解説しますね。

 前回の水瓶座のグレートコンジャンクションの特徴

前回、水瓶座でグレートコンジャンクションが起きたのが、1405年。
今から600年以上前のことです。

1405年頃、歴史的に起きた大きな出来事の一つが、東ローマ帝国の滅亡です。

東ローマ帝国の滅亡は、世界史的に中世から近世の転換期。
文化的には、宗教的な世界観から近世的な世界観へと移り変わりました。

また、その一つ前の水瓶座のグレートコンジャンクションは、1345年、14世紀のまんなかあたりでした。

14世紀といえば、文化的にはルネサンスが始まったことで知られています。

水瓶座は「新しい文化、芸術、科学、ビジョンの開花」を象徴していますから、まさに水瓶座的なものが開花した時期であったと言えるでしょう。

水瓶座のグレートコンジャンクションによる影響について、ルネサンスをもう少し詳しく見ていきましょう。

ルネサンスで何が開花したのか

ルネサンス以前と以後で見られる大きな変化は次の2点です。

■芸術家によって、個の意識の変化が表現され始めた
■遠近法など新しい視点が発見された

個の意識の開花

ルネサンス期以降の絵を見てみると、人物の顔が一人ひとり、違う人物として描かれています。

「ひとりひとり顔が違う」というのは今では「当たり前」の感覚ですが、実はルネサンス以前は、絵画に描かれる人物は、顔がみんな同じように描かれていて、一人ひとり描き分けられていなかったんです。

※こんなふうに、みんな同じ顔!!

ルネサンス以前は、人は自分を「個」としてハッキリとは認識しておらず、一人ひとりの自我意識が今のように確立していなかったのではないかと考えられます。

たとえば、女性、男性、おじいさん、おばあさんというような、大きなくくりで自分のことを認識していたのかもしれません。

ところが、ルネサンス期になり、人間の意識が大きく変化します。

「個」の意識が、開花しました。

そのため、一人ひとりの人物が違う人物として描き分けられるようになったんです。

遠近法

もう一つの大きな変化が、遠近法の確立です。

■初期ルネサンス時代のイタリアの建築家フィリッポ・ブルネレスキが、透視図法(一点透視図法)を世界で初めて完成させる(1413年頃)

■初期ルネサンスの画家マサッチオが、世界初の一点透視図法を使った絵画「聖三位一体」1427頃)を制作

ここで、遠近法の書き方を見てみましょう。

これは二点透視図法という方法で描いた図です。

同じ箱が対象だとしても、どこから見るか?どの立ち位置から見るか?で、見え方は変化します。

たとえば、同じ建物でも、下から見るのと上から見るのでは、建物の形など見え方が異なります。

ですので、遠近法が明確に発明されるより以前、つまりルネサンス以前は、「見ている場所によって、見えているものが変わる」という視点を人間の意識では、持っていなかったと考えられます。

つまり、一人ひとりが別の視点で物を見ているという意識がなく、みんなが同じ物を見ているという意識だったのでしょう。

同じものを見ていても、一人ひとりが感じることは違うということは、今では当たり前の感覚ですが、ルネサンス以前は、当たり前ではなかったんですね。

ルネサンスに起きた絵画に見られる変化は、技術の進歩とも捉えられるかもしれません。ですが、どちらかと言えば、意識の変化が起きたから、意識に合わせて新しい表現が生まれたと言えると思います。

2020年の水瓶座のグレートコンジャンクションで何が起きる?

今回、1405年以来、600年以上ぶりに、水瓶座でグレートコンジャンクションが起きました。

前回と同様に、水瓶座的に人々の意識が大きく変わることが考えられます。

ここで、2020年に起きた水瓶座のグレートコンジャンクションのホロスコープを見てましょう。

サビアンシンボル(水瓶座1度)は「古いレンガ造りの伝道所 」(An old adobe mission.)。

神聖な精神によって成し遂げられた理想を表しています。精神的に理想を目指すという水瓶座らしいシンボルです。

「古いレンガ作り」は永続化を表しています。水瓶座は理想を追い求めますが、一過性の流行りで終わるのではなく、普遍性をもつ廃れない変わらないものを目指していくというイメージですね。

グレートコンジャンクションが起きたのが、水瓶座の0度。水瓶座の性質を勢いよく押し出しがちです。

その結果、折り合いをつけることよりは、水瓶座的な急進さが前にでます。衝動的で後先を考えない傾向が見えます。

これまでの地位を捨てることもいとわず、思い切った判断をするような勢いのある時代ですね。

これからの20年は、水瓶座的な理想と、これまでの現実的な思考とがぶつかりあって、試行錯誤していくという時代になるでしょう。

新しいものが出てきて、理想に向かっていくということに驚かされることがあるかもしれないですね。

あわせて読みたい

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

【ホロスコープ】価値観が変わる?風の時代の特徴を占星術師がわかりやすく解説

2020年頃から「風の時代」と言う言葉をよく耳にした方も多いと思います。

風の時代とは、占星術的な視点での新しい時代を指しています。

占星術に詳しくない方にもわかりやすく、風の時代の基礎知識や特徴について解説しますね。

風の時代とは

風の時代の<風>とは、占星術の12星座(サイン)と関係しています。

星占いでおなじみの12星座は、占星術で火・地・風・水の4つのエレメントに分類されています。

■火のエレメント(牡羊座、獅子座、射手座)

■地のエレメント(牡牛座、乙女座。山羊座)

■風のエレメント(双子座、天秤座、水瓶座)

■水のエレメント(蟹座、蠍座、魚座)

風の時代とは、双子座、天秤座、水瓶座に関連した星の動きがあるということ。

その星の動きが、グレートコンジャンクションです。

グレートコンジャンクション

グレートコンジャンクションとは占星術に使用される10個の天体の中で、木星と土星が、地球から見ると重なるように見える(コンジャンクション)状態をさし、20年に一度の周期で起きます。

ホロスコープ上でグレートコンジャンクションが起こるサインは移動していきますが、これが不思議なことに、200年周期でほぼ同じエレメントのサイン上で起きるんです。

つまり、グレートコンジャンクションが風のエレメント(双子座、天秤座、水瓶座)で起きる200年間のことを、風の時代と呼ぶんですね。

ミューテーション

グレートコンジャンクションが起こるエレメントが切り替わることを、ミューテーションと呼びます。

この図は、

  • 1782年の射手座グレートコンジャンクション(火)
  • 1821年牡羊座グレートコンジャンクション(火)

の火の時代のあとに、

  • 1802年乙女座グレートコンジャンクション(地)
  • 1842年山羊座グレートコンジャンクション(地)
  • 1861年乙女座グレートコンジャンクション(地)
  • 1881年牡牛座グレートコンジャンクション(地)
  • 1901年山羊座グレートコンジャンクション(地)
  • 1921年乙女座グレートコンジャンクション(地)
  • 1940年牡牛座グレートコンジャンクション(地)
  • 1961年山羊座グレートコンジャンクション(地)

と、地のサインでのグレートコンジャンクションが続いたことを表しています。

その後、

  • 1981年天秤座グレートコンジャンクション(風)

にて、風の時代に先駆けて風エレメントでのグレートコンジャンクションがあり、

  • 2000年牡牛座グレートコンジャンクション(地)

が、地の時代最後のグレートコンジャンクションで、この後、風の時代へミューテーションして、風の時代へ切り替わっています。

風の時代で何が起きる?

2020年12月22日。グレートコンジャンクションがみずがめ座で形成され、風の時代が始まりました。

その一つ前のグレートコンジャンクションまでは、地のエレメントで起きていたため、地の時代と呼ばれています。

これまでの200年間、地のエレメントで起きていたグレートコンジャンクションが、風のエレメントで起きる時代に変わったんですね。

グレートコンジャンクションのエレメントが変わると何が変わるのかというと、人々の意識が大きく変化します。

これは、過去の歴史を振り返ってみても、知ることができます。

グレートコンジャンクションが起きるエレメントが変わるたびに、パラダイムシフトが起きていることが見て取れるからです。

風の時代の特徴

風の時代の特徴は、エレメントの性質から知ることができます。

風のエレメント:アートな世界観

・コントロールされないもの
・創造的
・芸術的
・知的
・革新的
・様々なことに次々にチャレンジ
・インスピレーションが大事
・アート的な在り方が見直される

風の時代は、一人ひとりがインスピレーションを受け取り「自我・魂」を、表現する時代になるのでは?と予想しています。

地の時代の特徴

一方、これまでの地の時代は、現実的な努力と成功を重視する時代であったと言えます。

地のエレメントの性質:ロジカル・サイエンス・クラフト的な世界観
・コントロールできる
・富や権力を蓄積
・物質的
・物を持っていることに価値がある
・実用性・着実性を重んじる
・合理的な正解を見つける
・再現性があり、誰がやっても同じ

過去のグレートコンジャンクションから知る風の時代の傾向

2020年から始まった風の時代が「どのような時代になるのか」を、前回、風のサインで起きたグレートコンジャンクションから読み解いてみましょう。

地の時代であった1981年に、風の時代の予告編のように、風サインでグレートコンジャンクションが起きています。

そのころに次のような出来事が起きました。

【1980-2000年の通信技術の革命】

ー1980年代 携帯電話

ー1990年代 メール、インターネットが使われ始める

ー2000年代 SNS普及

そのため、2020年からの風の時代は、通信技術の革命がベースになり、成り立っていくと考えられます。

風の時代の生き方

風の時代は、ひと言で言うと、ひとりひとりが魂を表現しようとするアートの時代です。

ですが、地の時代から風の時代に変わったとは言え、突然価値観が一気に変わるということではありません。

風の時代は始まったばかり。これから200年かけて新しい価値観が築かれていくと考えてみてください。

  • 水瓶座の最初の度数は、水瓶座としてはまだ若いため、衝動的で後先を考えない傾向
  • これまでの名誉や地位を捨てることもいとわない
  • 理想と現実がぶつかり合いながら、試行錯誤の続く20年になっていく
  • それでもいくつかの新しいアイデアに芽が出て育ち、人々をあっと驚かせていく。

「今、わたしたちはどう生きたらいいのか」

2020年からの20年間、わたしたちは地サインから離れ、風サインが導く新しい理想を目指して進みはじめます。

風の時代は、ある意味とてもシビアです。

これまで社会的に通用していた「肩書」「経歴」「職歴」「資格」「会社の看板」などが通用しなくなってくるからです。

社会的な地位や名誉よりも、今後は「自分らしく魅力的」でなければ、誰からも振り向かれなくなる時代に変わっていきます。

ですが、今の学校教育や会社は、あなたの自分らしい生き方を見つけてはくれません。

「自分らしさ」が何かわからない状態で、突然、社会に放り出されます。そして、他者との関係のなかや、SNS等のインターネット空間のなかで、自分で自分らしさ見つけて、アピールしなければいけません。

2040年には、これまでの地vs風の価値観の間で混乱起きるはずです。

揺り戻し現象なのか、変化を拒む抵抗勢力によるものなのかはわかりませんが、確実に風の時代になっていく流れは止められません。そのため、ひとりひとりが風の時代に適応していく必要が出てきます。

「自分らしさとは?」

「自分らしい生き方とは?」

今まで、意識を向けたことがなかった人も、今から自分らしさについて目を向けてみてください。

ホロマムでは、「本当の自分らしさ」をホロスコープから見つける方法をお伝えしています。

自分を見つけて、使命を生きたい方は、よかったらメルマガをご登録くださいね。

あわせて読みたい

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】