ホロスコープで使命を鑑定する方法

ホロスコープの星の配置は、あなたの使命そのもの。

あなたは、自分の人生の使命を知っていますか?

人は、ただ寝て食べて、それだけで「生きている」とは感じられないものです。

なぜ生きるのか?自分とは何者なのか?

それを知ることで、より人間らしく生きていると感じられるのでしょう。

もし、あなたもまた、自分のことを知りたい、生まれてきた意味を知りたい、そう思っているとしたら。

ホロスコープは「あなたが、あなたらしく生きる意味」を知るための、大きな手かがりとなってくれます。

使命は、壮大なビジョンでもなければ、偉業でもない。

使命とは何か。それは文字通りあなたの命を使って成すこと、それが使命です。

ですが、ここに、ひとつ落とし穴が!

多くの人が「使命とは壮大でなければならない」と思い込んでいるのです。

使命とは、別に世界平和に貢献するとか、立派な発明をするとか、そういう「優れた偉業」である必要はありません。

ホロスコープはあなたの魂のことを語ります。魂には、世俗的な価値観は通用しません。だから、わざわざ世間の常識を当てはめる方がおかしいのです。

ですので、ある人にとっての使命は、

「生きてるうちに、いろんな感情を全て味わい尽くすこと」

かもしれないし、またある人の使命は、

「時間をかけて本物の愛を見つけること」であったりします。

他にも、

  • 女性たちの女性性を解放する
  • 世の中に知られてない秘密を明らかにする
  • 本物の性を、人々に伝える
  • 運命の人とともに、家庭を築く
  • 関わる組織をアップグレードする役割
  • 家を守り、周りの人を守る
  • 宇宙の真理を歌うように伝える
  • 人々の生活の質の向上
  • あらゆるしがらみを抜け出し自由になること etc…

そう、個人の数だけ、使命の数があるのです。

ホロスコープには、こういった内容・レベル感での使命が描かれているのです。

あなたの使命は、もしかしたら他人にとってはどうでもよいものかもしれない。

でもあなた自身にとってはすごく大切なこと。

使命とは、そういうものなのです。

運命は変えられないのか?知っておきたい、ホロスコープに流れる2つの宇宙の流れ。

ホロスコープから使命がわかったとして、それが気に入らなかったらどうするの?

なんで、星に自分の人生の意義を決められなきゃいけないの?

そんなふうに思う方もいらっしゃるかもしれませんね。むしろそれが「真っ当な」価値観かもしれません。

「星に使命を決められるなんて、身もふたもない」

そう感じる人もいるでしょう。

だけど、あなたの運命の全てが、決定事項としてホロスコープに決められてしまうわけではありません。

たしかに、ホロスコープにはあなたの使命が描かれます。

ですが同時に、あなたは自分の意思で運命を切り開くことができます。

この一見矛盾したように見える2つの流れ−つまり、宇宙から降りてきた使命と、あなたの意志で生きる人生−その2つの流れというのは、紛れもなく存在しています。

私たちは、この矛盾のなかで生きていくのです。

ならば、ホロスコープなら使命を知っておいたほうがいいし

同時に、自分自身がどう生きたいのか?その意思をハッキリと自分で決めるべきなのです。

大半の人が

「自分のしたいことがわからない」と言い、そして「使命もわからない」と言うのです。

あなたがあなたらしく生きるためには、自分の意思も、使命も、どちらもハッキリさせたほうがいいに決まってます。

あなたは、どうして今の時代の地球に生まれましたか?

そして、今、どう生きたいですか?

いざ、ホロスコープから使命を読もう。使命の読み方。

ヘリオセントリックチャート

さて。ここまで読んで、あなたもまた、自分の使命を知りたくなったでしょうか?

使命や天命・運命、そういった命運を知るために、古くから占いは用いられてきました。

もちろん占いにも種類があり、その人の命運を読むものが、命占と呼ばれる占いです。

占星術もまた、命占のひとつ。

ホロスコープから使命を読むためには、すべての知識を総動員してホロスコープに向き合いましょう!

たとえば、人生の約10年単位の流れを知りたいなら、まずはあなたの天体の持つ意味を確認します。

とくに、人生で重要となるジャンルを知るには天体が多く入っているハウスを。

天体の力が、どんな作用をもたらすかを知るには、天体同士のアスペクトを。

他にも、これは中級者以上が対象とはなりますが、プログレスチャートや新月図、トランジット図の変遷を見ていくことで、時系列に沿って、これまでの経験と未来を紡ぐ、あなたの使命が浮かび上がるのです。

より宇宙的な視点から使命を知りたい場合は、ヘリオセントリック占星術を用いることもオススメです。ですが、まずはジオセントリックという通常のホロスコープを読んでいただくほうがいいでしょう。

ホロスコープで使命を簡単に読む方法はある?

「使命の簡単な読み方を教えてください」

私自身が使命鑑定を専門としていることもあって、生徒さんからこの質問をよくいただきます。

この問いに答えるためには、使命というのもについて一度考えてみる必要がありでしょう。

けっきょく使命とは、なんなのでしょうか?

私はこう考えます。

使命とは、ホロスコープに描かれたあなたの星々のすべてを生きることです。

ホロスコープの一部を切り取った人生ではなく、ホロスコープに描かれたエネルギーを丸ごと全部つかって生きること。

それが使命。

だから、使命に関しては簡単に読むことはできません。

使命を知るには、ホロスコープを丸ごと感じて理解することが必要だからです。

だから難しいし、面白い。ホロスコープを読む醍醐味だと思っています。

『ホロスコープを感じる方法』は、メールマガジン&講座にてお伝えしています。本質的だからこそ「使命」のレベルまでたどり着ける内容です↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】

ホロスコープで使命を鑑定する方法

ここまでお伝えしてきたように、使命を簡単に読む方法ない・・のですが、手がかりくらいはあってもいいですよね。

次の章では、わたしが普段、使命鑑定をしている方法を、ホロマムのサイトにたどり着いてくださったあなたへ、こっそり伝授します。

ちなみに、なぜ私が使命というのもに詳しいのか。そのバックグラウンドをほんの少しだけ、お話させてください。

わたしは、2017年に使命鑑定専門の占い師に転向しました。

それまでは、仕事運・金運・恋愛運・結婚運・・と、クライアント様の希望に沿ってバラバラに鑑定結果をお伝えしてきたのですが、何百人もの方の鑑定を続けるうちに、けっきょく人は「使命」という本当の自分を生きることでしか、真に自由にはなれないのだと気が付いたんですね。

それ以降、人々の使命だけをひたすら読み続けました。

いまでこそ、使命を読んでくれる先生は増えましたし、そうした方法を紹介している方もおります。ですが、2017年当時は、わたしが探した限りでは、占星術の先生で使命を読んでくれる方はおりませんでした。

ですから、当時はほんとうに道なき道という感じで・・試行錯誤して、いまの形にたどりついています。

何度も言いますが、使命を読むというのは、ホロスコープを丸ごと読むということです。

サイン、ハウス、アスペクト、アングル・・これらを統合的に全て読みます。

そのうえでさらに、サビアンシンボルを読んでください。もっとも簡単な方法は、10天体(月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星)のすべてのサビアンシンボルを並べることです。

ホロスコープを統合的に読んだ情報に加えて、サビアンシンボルの意味を加えていくことで、使命がより立体的に具体的になっていきます。

とくに何度も同じモチーフが出てくるときは、そこにも注目してください。

たとえば「男」「子ども」「女」「老人」と、サビアンシンボルの登場人物像はいくつかあるのですが、不思議と10天体のなかに登場人物が偏ってあらわれることがあります。

また、先日、藤井風さんというアーティストのホロスコープをサビアンシンボルを使って読みましたので、よかったら参考にしてみてください。

ホロスコープを感じるように読むこと、それが使命を感じとることにもつながります。

使命については、メルマガでもかなり深掘りしていますので、興味がありましたら読んでみてくださいね。(ちなみに、深すぎて驚いきました・・とよくご感想いただきます。なので気軽に登録される方は、ご注意くださいね!)

↓↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】