サロス周期

日食とサロス周期

日食には、3種類あります。部分日食、金環日食、皆既日食 です。

日食に違いが出るのは、太陽と月と地球の位置が違っていたり、月や太陽の公転軌道距離が変化するからです。

(月、太陽が公転する軌跡は、実はまん丸ではなく、楕円形をしています。)

ある食が現れると、それから数年ごとに、同じ特徴を持つ食の現象が、繰り返し起こります。

この周期を、サロス周期と呼びます。サロスサイクルとも呼ばれます。

サロス周期は、18年と11日です。

また、サロス周期に紐づく、一連の食をまとめて、サロス系列と呼びます。

サロス周期 サロスサイクル
日食の図

 

サロス系列

サロス系列の始まりは、北極または南極付近に、部分食が現れることから始まります。

サロス周期を重ねる毎に、赤道方面に異動していき、皆既食へと遷移していきます。

その後、反対側の極に向かい、再び部分食となった後、サロス系列は姿を消していきます。

日食のサロス系列

サロス系列は、日食の場合は、およそ1300年継続した後、消滅します。

日食では、常に、平均40本以上のサロス系列が進行しています。

それぞれのサロス系列内では、70回ほど日食が起こります。

月食のサロス系列

月食の場合は、およそ800年続いた後に、消滅します。

常時進行しているサロス系列は、平均27本です。

消滅するまでの間に、45回ほど月食が起こります。

 

占星術とサロス系列

その人が出生した日の、直前の日食のときに、魂が地球に降りてくるとも言われます。

占星術では、太陽が父であり、月が母であり、地球が子供であると考えられているからです。

そして、出生後は、サロス系列に沿って、およそ18年毎に、同系列内の日食を経験します。

年齢は、17-18歳、35-36歳、53-54歳、71-72歳… となります。

このときには、魂のレベルで、より自分の根底にあるものと、接触するときだと言われます。

価値観が大きく変わるタイミングです。

この食のタイミングのホロスコープを確認することで、より具体的な食の影響を読み解くことができます。

 

日食や月食と、ドラゴンヘッド・ドラゴンテイルの関わりについては、ドラゴンヘッドの記事もご覧下さい。

 

その他

占星術用語一覧

こちらの記事も、おすすめです。