歳差運動

歳差運動とは

歳差運動の周期

あまり一般には知られていませんが、地球の自転軸は、倒れかけのコマのように、ぐらりと動いています。

この地球の首振り運動は、一周が 2万5920年周期です。

約26,000年かけて、自転軸の指す方角は、自転とは逆の向きに、ぐるりと円を描き一周します。

その過程で、北極星も変わっていきます。この動きを、歳差運動といいます。そして、この歳差による1周期のことをプラトン年といいます。

北極星は永久に同じ星ではない

歳差 歳差運動

地球の時点軸の北の方角には、北極星があります。

北極星は、一般的に、不変で、永久にそこにある星であるとイメージされています。

でも、実は、北極星は長い年月を経て、別の星に変わります。

現在の北極星は、こぐま座のポラリス。紀元前2800年頃には、りゅう座のトゥバンが北極星でした。

7600年頃には、今度はアルデラミンという星が北極星になります。

 

春分点の移動

この歳差運動にともない、自転軸の方角だけではなく、春分点も移動します。つまり、春分の日や秋分の日に太陽の背後に見える星も、北極星と同じように、変わっていきます。

とはいえ、非常にゆっくりとした動きであるため、人間の一生の間に移動する幅は、ほんの1度程度ですので、個人の出生図を読むときには、ほとんど影響しません。

現在は、春分の日に魚座から太陽が昇ります。

そのため、占星術やスピリチュアルの世界では、魚座の時代と言われています。魚座時代は、キリスト教の時代を指すとも、言われます。そして次の時代は、水瓶座の時代となります。

 

水瓶座の時代

魚座の時代の次に、地球は水瓶座の時代を迎えます。歳差により、春分点は、2160年かけて、ひとつの星座を移動します。

星座をまたぐときは、地球のパラダイムシフトが起きるタイミングであると考えられています。

私たちは、魚座という水の星座の時代から、水瓶座という風の時代へのシフトへと向かう、ちょうど狭間の世代を生きています。

 

その他

占星術用語一覧