ハーモニクス占星術の読み方

ハーモニクス占星術

ハーモニクス占星術/ハーモニック占星術とは

ハーモニック占星術を一言でいうと

「ネイタルチャートの感受点の位置(黄道度数)に、一定の数を乗じた値で、新たに作成したホロスコープチャート=調波図を用いた占星術」

となります。ハーモニクスのことを倍音とも言います。

なお度数は、牡羊座から魚座まで360存在します。たとえば180度に2を掛けると、360度なります。これはつまり、出生図でオポジションの関係にある天体が、今度はコンジャンクションとなります。

このように、どんどん数を乗じていくことで、もとのネイタルチャートでは現れなかった人生の彩が見えてきます。つまり、出生図がその人の基本的なホロスコープであるとすると、調波図は、出生図をベースにして、人生にどのように味付けをするか。といったことになるのです。

調波図とは

上記の例で、180度のオポジションが0度コンジャンクションになるのは2を掛けたときでした。

このように、どの数字を掛けたか?を示すのが調波図のナンバーです。

2を乗じた場合は、第二調波図となります。HN2と記載します。

それぞれの調波図の持つ意味は後述しますが、おおよその目安として第一調波図~第九調波図(HN1~HN9)までが基本調味料だとすると、第十調波図以降はスパイス類のようなものだと考えてください。

ナンバーが増えていくと、より人生の複雑さ・奥深い味わいを示すものになっていきます。

また、実際の年齢ともリンクしています。現在40歳であれば、HN40が年齢ハーモニクスとなります。その年齢にどんな彩が加えられるのかを読むこともできます。

発芽天体

ハーモニック占星術では、発芽天体というものを重視します。

発芽天体とは、コンジャンクションのことです。各調波図にて、コンジャンクションした天体があれば、それらを発芽天体と呼びます。

ハーモニクスの調波の読み方

それぞれの調波において、次のような意味を持ちます。

第1調波(HN1)

ネイタルチャート

第2調波(HN2)

目的意識

第3調波(HN3)

創造性、楽しみ、喜び

第4調波(HN4)

秩序、困難を乗り越える、論理的思考

第5調波(HN5)

自分らしい生き方、自己主張、本能的欲求

第6調波(HN6)

環境適応、バランス、律動的行動

第7調波(HN7)

夢、芸術、理想

第8調波(HN8)

知恵、現実化、権力、リーダーシップ

第9調波(HN9)

本質力、応用力、探求心、スピリチュアリティ、最終的な成果

ハーモニック占星術の読み方

どの天体同士が、どの調波で発芽しているかを見ていきます。ここれでは、天体×天体のおおまかな象意のイメージをまとめます。たとえば、HN2で、月と水星が発芽(コンジャンクション)している場合、具体的に相談に乗っているときに、解決しようとする力が働くでしょう。

たとえば、私の場合は金星と海王星が、HN9で発芽しています。スピリチュアル的なものへの探求の喜び、憧れというのが、ここで発芽したことになります。またサインは水瓶座なので、占星術を学んでいることも必然なのでしょう。(占星術は、水瓶座の支配星である天王星の支配にあります。)

月×水星:共感力

月×金星:愛される力

月×太陽:裏表のなさ

月×火星:競争心

月×木星:楽天的

月×土星:落ち着き

月×天王星:自由奔放

月×海王星:夢見がち

月×冥王星:強烈な感情

水星

水星×金星:美的感覚

水星×太陽:専門知識

水星×火星:決断力

水星×木星:学ぶ意力

水星×土星:職人技

水星×天王星:斬新な発想

水星×海王星:想像力

水星×冥王星:洞察力

金星

金星×太陽:社交性

金星×火星:熱中

金星×木星:華やかさ

金星×土星:誠実な対人姿勢

金星×天王星:冴えた感性

金星×海王星:ロマンチスト

金星×冥王星:真実の愛への渇望

太陽

太陽×火星:パワフルに生きる

太陽×木星:社会的性向

太陽×土星:堅実な人生観

太陽×天王星:個性的な生き方

太陽×海王星:夢想的な人生観

太陽×冥王星:限界への挑戦

火星

火星×木星:野心家

火星×土星:タフさ

火星×天王星:多数派へ迎合しない

火星×海王星:行動的な夢想家

火星×冥王星:強力な底力

木星

木星×土星:社会的発展性

木星×天王星:刷新

木星×海王星:理想主義

木星×冥王星:権力

土星

土星×天王星:理想的で几帳面

土星×海王星:柔軟なルール意識

土星×冥王星:強固な持久力

天王星

天王星×海王星:芸術的センス

天王星×冥王星:革命

海王星

海王星×冥王星:スピリチュアル志向

その他

参考文献