小惑星(セレス、パラス、ジュノー、ベスタ)

四大小惑星

この記事では、占星術家の間でホロスコープ分析にたびたび利用される四大小惑星について記述します。

なお、四大小惑星は次の4つです。

  • セレス
  • パラス
  • ジュノー
  • ベスタ

なお、小惑星に興味のある方は、リリスも合わせて読む方が多いです。

セレスセレス

セレスは、ローマ神話の農耕の女神の名前です。全ての人々に豊穣をもたらす大地母神です。ギリシャ神話のデーメーテールと同一視されています。

セレスの意味・読み方

その神話の役割通り、ホロスコープにおける小惑星セレスは「養育者」の象徴となっています。親が子に与えるような「無償の愛情」を表します。母性的な意識ですが、必ずしも自分の子どもだけではなく、他人であっても援助を求める全ての人に向けられる可能性があります。

また加えて、自分自身の内側の未発達な意識や才能、長期的な仕事や芸術作品などを育てることもあります。

ホロスコープのなかでセレスが強調されている人は「無償の愛」をストレートに表現する人になりやすいようです。

パラスパラス

パラスはローマ神話の最高神ジュピター(ギリシア神話のゼウス)の娘で、父親の頭から甲冑と、槍と盾で武装した姿で生まれてきたと言われます。知恵と戦争、工芸をつかさどる女神。女神・アテナ(アテネ)の別称。「都市の守護女神」として崇拝されて来ました。創造的で平和を愛する美しい女神であったいわれます。美形でありながら、男性との性的な交わりを一切拒絶したともいわれます。

パラスの意味・読み方

この女神の名前を与えられた小惑星パラスは、内面の男性性と女性性の融合を図り、両性具有的な精神に向かおうとする意識を象徴すると考えられています。男性性と女性性の葛藤としてもあらわれます。

ホロスコープのなかでパラスがどのようなコンディションであるかを見ることによって、個人のジェンダーバランスのあり方などを読むことができます。パラスとのアスペクトにも、その人物の性意識などが表れるでしょう。

ジュノージュノー

ジュノーは、ローマ神話の最高神ジュピター(ギリシア神話のゼウス)の妻です。ギリシア神話のヘラと同一視されます。ジュノーは、結婚と家庭生活を守る女神です。

ジュノーの意味・読み方

ホロスコープにおける小惑星ジュノーは、夫婦やパートナーシップに関連する天体であると考えられます。男女だけではなく、1:1の重要な人間関係のなかで、その人間関係を強化することや、相手の立場を理解することなどを促す機能を持ちます。

良好な人間関係の形成には、ジュノーが一役買っていることもあります。出生図におけるジュノーの状態を読むことで、その人のパートナーシップに関する姿勢や欲求などを知る手がかりが得られます。

 

ベスタベスタ

ベスタはローマ神話における、聖火を守る かまど の女神。「聖なる火」を絶やさぬように、ひたすら見守ることが職務でした。ギリシア神話のヘスティアと同一視されます。古代ギリシアのすべての都市において、彼女の祭壇として暖炉が設けられ、厚い信仰の対象となっていたと言われます。

ベスタの意味・読み方

このような神話や歴史の背景から、ホロスコープにおける小惑星ベスタは、重要な仕事に対する強い使命感や、何かを犠牲にしてでも目的を達成しようとする意志を象徴すると考えられています。

出生図におけるベスタのサインやハウス、アスペクトなどを分析することで、その人物の並外れた集中力を発揮できる事柄や、動機などを知る手がかりが得られると言われます。

また、ベスタの意識は実際の仕事に向けられるケースが多いですが、特定の人間関係や趣味、ボランティアなどに没頭するという形で表れることも。

また現代人においてはすっかり失われてしまった「聖なるものとしての性」という考え方を再認識する天体であるとも考えられています。

 

その他

占星術用語一覧