トランスサタニアン

トランスサタニアンの発見

トランスサタニアンとは、土星外惑星のことです。天王星、海王星、冥王星のことを、トランスサタニアンと呼びます。

土星までの内惑星は、個人的な人生の範疇を表すのに対し、トランスサタニアンは、個人を超えた人類全体の集合無意識と関わります。

このページでは、トランスサタニアンの発見の歴史について記載します。

惑星の発見が意味するもの

それまで、発見されることなく、人間に意識されることがなかった惑星が、ある日発見されることがあります。トランスサタニアンは、近代になって発見された天体です。

この発見は、占星術的にどのような意味を持つのでしょうか?

それはつまり、人間の集合無意識が、その惑星がもつテーマやシンボリズムを理解できるようになると同時に、新惑星が発見されると、考えます。

天体の発見と、人間の意識/無意識の在り方が連動しているのです。

天王星・海王星・冥王星の時代的な意味

天王星の発見とエネルギー

独立と革命を司る天王星の発見は、1781年3月13日です。

フランス革命やイギリス産業革命の時代です。また、電気エネルギーが発見されたのも、この時代です。電気磁気のクーロンの法則が発見されたのは、1785年です。

天王星には、水瓶座が割り当てられています。水瓶座の記号♒は、電波や電磁波を表すとも言われます。

水瓶座のシンボルカラーも、エレクトリックな色ですね。

シンボルカラー

海王星の発見とエネルギー

夢や幻想、スピリチュアルなどを表す海王星が発見されたのは、1846年9月23日です。

時代は、マルクス主義やロマン主義美術が華やかな時代であり、印象派の画家たちが誕生したころでもあります。

また、海王星が発見された時代から少し経つと、石油などの鉱物エネルギーが利用され始めます。

海王星には魚座は割り当てられますが、魚座は原油を扱うとされます。

冥王星の発見とエネルギー

冥王星の発見は、1930年2月18日。冥王星は、太陽系の外側から人類にとって未知のエネルギーを取り込む接点だと言われています。

冥王星が発見されたころの時代背景は、ヒトラーによるファシズムが台頭した時代。その後、世界は第二次世界大戦へと突入していきました。

エネルギーについては、1939年に原子核分裂が発見され、その後、原子力・核エネルギーが使われるようになっていきました。プルトニウムは、冥王星(プルート)の名前から、命名されました。

※冥王星は、天文学において2006年より準惑星となりましたが、占星学においては惑星として扱います。

今後の天体発見とエネルギー

占星学において、あと2つの惑星が発見されるとも言われています。現在発見されている惑星が10個ですが、星座は12あるからです。

それはつまり、新しい惑星の発見と時を同じくして発見される、新たなエネルギーがあるということ。そして、天秤座(現在は支配星が金星)、乙女座(現在は支配星が水星)に対応するエネルギーであるはずです。

天秤座と乙女座は、調和や調整、バランス力に優れた星座であるため、より地球にも人にも優しいエネルギーが発見されるといいなと思います。

私たち人間の意識が、その段階まで進化できたときに、きっと新惑星が発見されるでしょう。

その他

参考文献

占星術をマスターしたいあなたへ

占星術用語一覧