サビアンシンボル3度

サビアンシンボル3度

サビアンシンボルの意味とサビアンシンボル一覧

こちらの記事をご覧ください。

サビアンシンボル3度

このページでは、サビアンシンボル3度の意味を、それぞれのサインごとに記載します。

3度は、資質の発展。行動原理の確立(運動法則の確立)
サインの基本的な行動の特性が表れ出します。

環境に馴染むことができるようになります。

サビアンシンボル 牡羊座3度

彼の祖国の形をした男の横顔の浮き彫り
The cameo profile of a man in the outline of his country.

1度で生まれたばかりの牡羊座は、まだ自我が明確に確立していない。2度では先入観のない目、人を見比べることで、自分を確立しようと試みる。そして3度では、観察とも模倣によって、自我を形作ろうとする。そのため、この度数を持つ人は、地域や組織などの集団と「同化」しやすい。自我の確立のために集団のなかに生きる。

サビアンシンボル 牡牛座3度

クローバーが咲いている芝地に足を踏み入れる
Step up to a lawn blooming with clover.

1度では、自分の運命を生きるために強制的に流れに乗った人が、2度ではさらに高次の霊的な運命を受け入れるための啓示がありました。こうして得た「運命」「個性」が、その人の足元にまで十分に及ぶことにより、3度では、すべてが「その人らしい」整い方をします。その結果、満ち足りた生活を、当然のように受け入れる度数です。

サビアンシンボル 双子座3度

チュイルリー庭園
The garden of the Tuileries

1度ではガラス底でそっと眺めていたが、2度では警戒心をとき、子どものようなピュアな純粋さを得る。3度では、その反動として、父親のような厳格な精神が表れる。それはどこか形式的でありながら、その人の美意識が宿る。

サビアンシンボル 蟹座3度

毛深い鹿に先導される毛皮に包まれた男
A man bundled up in fur leading a shaggy deer.

蟹座1度では、個人的な意識を集合的なものに変換、2度では個人の知性の探索をやめて、より大きなものの上で漂うことで、より高い俯瞰力を手に入れて、新しい自分となった。3度では、新しい生き方による困難さに突き当たり、寒々しく孤立する。だがそれによって、自分自身の忍耐力と意思をテストしている段階。より深層のレベルで生きるための修行の度数。

サビアンシンボル 獅子座3度

髪型をボブにした女
A woman having her hair bobbed.

獅子座の1度は強い生命力を表し、2度では、その熱がおたふく風邪のように周囲に伝染し、人々を巻き込む。3度では、この力を利用して、年齢や常識の限界を突破しようとする。若々しい見た目や言動や、性的なことへの関心として表れることもある。

サビアンシンボル 乙女座3度

保護をもたらす2人の天使
Two angels bringing protection.

乙女座1度では獅子座的な内的な実感を否定し、2度で自我や願望を捨て、自分の気持ちを封印した。3度では「犠牲」に無理がきて、心理的な危機に見舞われる。自分が空っぽになったような気がして不安でいるところに、守護天使のような存在が、その人の心を助けに来ることを暗示している。また、心だけでなく生命もまた、不思議な力で守られる経験をする人もいる。

サビアンシンボル 天秤座3度

新しい日の夜明け、すべてが変わった
The dawn of a new day, everything changed.

天秤座1度から2度で、他者との関係のなかに羽ばたき、可能性を開いた。3度では、その可能性が花開き、気が付くと、自分の周囲の状況が新しく生まれ変わっていることに、ある日気がつく。変化は無意識のうちに起こっているが、実際に現実が動いてから、その事実に気が付く。心機一転、人生を生きなおす体験をする人もいる。

サビアンシンボル 蠍座3度

棟上げ式
A house-raising.

蠍座1度で新しい体験に入り込み、2度でノスタルジーに浸った。3度では、人と協力して何かを成し遂げることができるようになる。それによって共感の感情を知り、人格が形成されていく。より積極的で、過去を吹っ切った様子。

サビアンシンボル 射手座3度

チェスをする2人の男
Two men playing chess.

射手座1度で、精神性が激しく燃え上がり、2度では無意識の力に翻弄されることになった。そして3度では、冷静な観察力が発達して、自分の感情に振り回されずに、物事を正確に掌握できるようになった。状況を全体的に把握し、戦略的に考える。互いにしのぎを削るような状況において、そういった力が育つ。ゲームへの関連もある。

サビアンシンボル 山羊座3度

成長と理解に対して受容的な人間の魂
A human soul receptive to growth and understanding.

山羊座1度で始まったローカリズムが強まり、2度では、その力が社会的な暴力性という形で表れた結果、心理的に傷ついた。3度では、それでも生きていかねばならない。そして自分は何者であるかを確認するために、行動を起こす。実際的で目に見えるものを信じて、目的に向かって進む。だが、アイデンティティの確認のためには常に目的が必要な状態であり、何かを達成すると、それを放棄して更ならる目的を目指すこともある。

サビアンシンボル 水瓶座3度

海軍からの脱走兵
A deserter from the navy.

水瓶座1度で努力して築いた理想が、2度で壊れる経験をする。形あるものはいつか壊れることを知り、3度では、常識的なものの考え方やキャリアなど、社会的なものをできる限り捨てる。そうすることによって、より恒久的な価値だけ残そうとする。この度数を持つ人は、会社員などは向かず、自分の力だけで生きていけるような生活が望ましいと感じる。

サビアンシンボル 魚座3度

化石化された森
Petrified forest.

魚座1度はあらゆるものが流通する様子を表し、2度ではリスのような猜疑心・防衛心を持った。3度は、どんなに時代が経過しても失われることのない完全性を表す。あるいは壊れても再現できるように、パッキングして保存する。この度数を持つ人は、収集・保管癖のある人が多く、また、記念品に関する仕事をしている人もいる。

無料メールマガジン登録【読むだけでホロスコープを感じる7日間】