ホロスコープに火のエレメントが多い人

ホロスコープに火が多い

占星術における火のエレメントのサインは、牡羊座、獅子座、射手座です。

火のエレメントもまた、火そのものの側面を多く持ちます。

他のエレメントの性質を持つ人たちに対して、精神的に啓蒙するような眩い光を放ちます。

人々は、こうした火エレメントの燃えるように強いパーソナリティに惹かれます。人を惹きつける強烈な魅力があるのです。

また、火エレメントに対する印象は、受け取り手によって大きく変わります。

なぜなら、強烈な炎から発する光を、信仰的に称える人もいれば、光から生まれる深い影に目がいく人もいるからです。

いずれにしても、光源があるから陰影があり、この明確さによって人々が精神的に進むべき道を指し示すのが、火エレメントの人たちの役割なのです。

エレメントが多い人の性格

火のエレメントを多く持つ人は、他のエレメントタイプの人たちよりも、自己に意識が強く向いていることが多いです。

なぜなら、火=自我であり、その熱さを保つためには、絶対的に自分らしくいる必要があるからです。

情熱があり、より困難な試練があるほど、やる気に溢れ、活発になります。

その熱意と行動力は、傍からみると、とても衝動的に思えます。せっかちで、軽率にリスクを取りすぎているように見えることもあります。

ですが、火のエレメントは4つのエレメントのなかで最も軽く、自由な精神をもつので、火のエレメントが多い人にとっては、こうした行動は普通のことなのです。

地上的なものに縛られないですから、周囲のペースには構いません。

また、牡羊座の支配星は火星(積極性)であり、獅子座の支配星は太陽(自我)であり、射手座の支配星は木星(拡大性)です。このことからも、火エレメントがもつ急進性がイメージできるのではないでしょうか。

エレメントを多く持つ人の特徴

火のエレメントである牡羊座・獅子座・射手座の特徴について、解説します。

牡羊座の特徴

牡羊座にとっては、とくに「自我」がテーマです。そのため「自分」への関心がある一方で、他者への関心が薄い傾向があります。それは、自分の人生に「真正面から向き合いたい」と願っているからなのです。

新しい環境と変化を好み、常に動き続けます。燃え尽きるより早く、動き続けたいのです。

また、牡羊座にとっては、実は他者との関係を築くことは、裏テーマでもあります。「自分らしさ」と「相手のその人らしさ」とは、どちらも同等に尊重されるものであると気が付いたときに、牡羊座は、本当の自分らしさを知ることができるのです。

獅子座の特徴

獅子座の支配星は太陽です。太陽系において、太陽ほど熱くて明るい星は存在しません。ですから、獅子座はパワフル!とくに「自分の領域」だと思う場や分野では、最も熱く、最も明るい存在でいたいと願います。太陽のように中心に輝く存在でありたいのです。

もちろん現実においては、そう上手くはいかないことも多いです。

そのとき「プライド」ゆえに相手をコントロールしようとする人もいますし、そうではなく「誇り」ゆえに、より太陽にふさわしく輝こうとする人もいます。後者のように、他者支配ではなく、自己鍛錬ができた獅子座の人は、創造的なカリスマとなり、人々に尊敬される存在となっていきます。

射手座の特徴

射手座の天体をもつ人たちは、より精神の高みを目指します。ですが、楽天的な性格なので、ストイックというよりは「いつも上を向いている人」といったイメージです。軽々と現実の諸問題をすっ飛ばし、リスクをとって、進み続けます。

学問的な探求心があり、幅広い関心を持ち、常に旅をしている冒険家です。

エレメントの課題

火のエレメントを持つ人たちの熱は、分け隔てなく人々に放射されます。

それを熱すぎると感じる人もいれば、明るい光であると感じる人もいます。光があって生まれる影ばかり見てしまう人もいれば、その光に希望を見つける人もいます。

これほどまでに、他者の持つ価値観を揺さぶるエレメントは、火エレメントの他にはありません。だからこそ、火のエレメントを持つ人には、カリスマ的な魅力があるのです。

一方で、このカリスマ性は、危うい側面をもちます。たとえば、火エレメントの人の人格に幼さがあり、時代のネガティブな流れが「救世主」を求めがちなときには、容易く「独裁」へと姿を変えます。

やはり、ここでもキーとなるのは「自我」です。

自分ひとりだけではなく、他紗はもまた自己と同様に「自我」をもったひとりの人間である、という感覚を育てることができるか、それが火のエレメントの裏テーマなのです。

エレメントと他のエレメントの関係

火のエレメントは、水を温め、地を温め、風を温めます。すべてのものに等しく、その熱を投げかけます。

その熱を受け取った人は「熱に浮かれる」だけのこともあれば、自分のなかにある「情熱」を思い出すこともありますが、いずれにしてもなにかしらの反応が生まれるのです。

なぜなら、熱は、発せられたら、より温度の低いものに必ず受け取られるのです。

熱は消滅することはなく、移動するだけなのですから。

そして実は、火のエレメントは、もともとは「炎」ではなく「熱」でした。それに、水も大地も大気も、すべて原初は「熱」でした。

その根源的な力を、いまなお放射し投げかけ続けているのが、火のエレメントなのです。

このように、エレメントを本質的・感覚的に理解できると、ホロスコープは格段に自由に楽しく、感じるように読み解くことができるようになります。

メルマガでは、より深い宇宙法則・真理にもとづいた解説をしています。よかったらのぞいてみてくださいね。

↓↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】