マドモアゼル愛先生の『月の欠損』理論について

こんばんは、ホロマムです。

ホロマムの読者さまより、こんなご質問をいただきました。

月の欠損理論について、どう思いますか?

最近、[月]について欠損という考え方があるのを知りました。
マドモアゼル愛さんの理論です。
確かに当てはまるところが多い感じがします。

先生はこの[月は欠損]という考え方はどう思われますか?

ご質問ありがとうございます。

マドモアゼル愛先生の『月の欠損』理論は、占星術業界でも、大変話題になっておりました。

批判的な意見も、お見かけした記憶があります。

今日は、ホロマムの見解をお伝えしたいと思います。

月の欠損理論とは?

月の欠損理論とは、

月星座は、生まれてから7歳くらいまでの性質で、その記憶が無意識に残るため、それを「自分らしさ」だと感じてしまうが、実際にはその「自分らしさ」は単なる幻想であり、現実世界で生きていくために使うには、とても稚拙なものである。

というお話だったと思います。

たしかに、一般的には、月って、もっと甘美なもののイメージがあるかもしれませんから、受け入れにくいと感じる人も多いのかもしれません。

私自身は実は、月の欠損という考え方は、とても理にかなっていると思っております。

というのも、シュタイナーの理論とかなり近しいものがあるんですね。

そもそも月って?

月というのは、かなり不思議な天体でして

  • 肉体
  • 遺伝
  • 前世
  • 体質
  • 母親
  • 感情

少なくとも、こういったものが、月の要素です。

これはつまり、自分で獲得したものではなく、前世を含む環境から与えられたものなんです。

シュタイナーもまた、月というのは、7歳までに育てるものであり、その後、自分の自我がでてくれば【自分の本当の自我】によって、月を塗替えなければいかない。

そんなふうに言っています。

たとえば、子どものころの体質は、大人になるまでには強い自我によって、変えていくことも可能であるし、

また、親からの遺伝や家庭環境の影響なども、大人になるまでには、月の性質以上に強い自我によって「自分の人生を創っていくことができる」状態にしていけるそうです。

そのためには、人生のあるタイミングから、太陽がはっきりと目覚めなければいけません。

太陽が目覚めて、主体的に人生を歩き出すことができれば、ひとは、親に似る必要だって、ありません。親と同じ道を歩く必要もありません。

最初は、みんな子どもですから、親の庇護のもとに育ち、家庭環境や遺伝の影響を大いに受けます。

ですが、それらは、地球生活になじむための仮の姿です。ある意味、わたしたちが今世、本当の自分の使命を生きるための踏み台のようなものです。

もちろん、だからといって月星座の性質が100%上塗りされて消えてしまう、とまでは、思いません。

ふっと、気を緩めたときにでてくるのは、やっぱり月星座の性質でしょう。

また、人によってはこの月星座の性質を、そもそも、受け入れていない状態の人もおりますね。

その場合は

  • まずは月星座を受け入れる
  • 満たしてあげる(インナーチャイルドが傷ついている場合)

のステップは必要かなと思います。

その上で、太陽に目覚め、過去から離れ、

自分の人生は自分で創っていくんだ!!というモードになれば、

月は、ときどき、ふっと、無意識のうちにやってくる身近な友であり、懐かしむ過去みたいな、ノスタルジックなものになっていきます。

月とは、そんふうな関係になれたら、とってもいいんじゃないかなと、そんなふうに思っております。

使命に目覚めれば、月という天体とは、そのくらいの距離感の友達でいられますね。

あわせて読みたい

 

なおホロマムでは、あなたの感性から星と使命を知るためのコースを開講しております。詳しくは、メルマガより不定期にでご案内しております。↓↓↓

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】