ライオンズゲート

ライオンズゲートとは

ライオンズゲートという言葉を聞いたことがありますか?スピリチュアル業界では、夏が近づくと、この単語が飛び交うようになります。

ライオンズゲート

ライオンズゲートは、太陽が獅子座15度に位置するとき

毎年、8月8日が、ライオンズゲートと呼ばれる日です。

ライオンズゲートの日は、ホロスコープ上で太陽が、獅子座15度~16度に位置します。ホロスコープにおいて、1つの星座は、30度。このことから、ライオンズゲートの日は、太陽が獅子座の真ん中にあるタイミングでもあります。

ヘリアカルライジングについて

ライオンズゲートの8月8日は、その日単体だけではなく、ライオンズゲートを頂点とした前後1週間ほどの期間を指すことが多いです。

ライオンズゲートの始まりの日は「ヘリアカルライジング(Heliacal Rising)」と呼ばれる日です。正確には、「ヒライアカルライジング」と読みますが、日本では習慣的にヘリアカルと読みます。

なお、ヘリアカルライジングとは、東の地平線上から、太陽が、恒星をともなって昇る現象のことです。

古代エジプトでは、夏至に近い時期になるとナイル川が増水し氾濫しました。この氾濫の始まりには、いつもシリウスが日の出の直前に上昇しました。

これが、シリウスのヘリアカルライジングです。

ヘリアカルライジングは、太陽とシリウスが同時に昇る現象です。ただ、ぴったり同じタイミングの時というよりも、太陽より少し先に恒星が昇る日をヘリアカルライジングとするようです。太陽と一緒だと、太陽光で恒星の光が視認できないからでしょう。

毎年、7月末頃(7月26日前後)に、太陽は恒星シリウスを伴って、昇ります。

ヘリアカルライジングの日は、こちらのシュミレーターで、確認することができます。

Heliacal Rising Simulator

ライオンズゲートは、シリウス意識とつながるとき

ライオンズゲートは、獅子座エネルギーが強まるときです。獅子座の支配星は、太陽です。その太陽が、恒星シリウスとともに、地平線から昇ります。

このとき、物理的に、シリウス-太陽-地球が、おおよそ一直線に並びます。

占星術では、太陽系の外のエネルギーは、太陽を通して地球に入り込むと考えられています。このことからも、ライオンズゲートは、シリウス意識をもたらす時期なのだと思います。

▶シリウス星人については、こちらの記事もご覧ください。

日本とシリウス

シリウスのヘリアカルライジングは原子爆弾に関係するとも言われます。日本は世界でも有数のシリウスの影響を受けた国民ともいわれます。

その他

占星術用語一覧

こちらの記事も、おすすめです。