心理占星術とは【おすすめ本の紹介】

心理占星術の意味について

「心理占星術ってなに?普通の西洋占星術と何が違うの?」

私自身も、最初に心理占星術のことを知ったときには、そのように思いました。

占星術自体は、はるか昔から存在します。古典占星術という言葉もあるくらいです。一方で『心理占星術』は比較的近年になって確立された分野です。

心理占星術とは何か?

一言で言うと、心理学の思想や手法を取りいれた西洋占星術です。特にユング心理学の流れを汲んでいます。

そのため、心理占星術を習得するためには、占星術の知識に加えて、心理学の素養が必要となります。

心理占星術の特徴

心理占星術における代表的な考え方を紹介します。

心の4つの機能とエレメント

心とエレメント・星座にも、心理学的関連があります。

心の機能の定義

ユング心理学においては、心の機能を次の4つに定義しています。

  • 直観機能
    • 五感ではとらえられない総合的な判断
  • 感覚機能
    • 現実に存在するものを五感でとらえ、快・不快で判断する
  • 思考機能
    • 情感よりも論理を重視して、合意的に考える働き
  • 感情機能
    • 論理より情感を重んじ、好き嫌いで判断する

これらの心の機能を、4つのエレメントに対応させて考えるのが心理占星術となります。

直観機能

火の星座に対応。牡羊座、獅子座、射手座

感覚機能

地の星座に対応。牡牛座、乙女座、山羊座

思考機能

風の星座に対応。双子座、天秤座、水瓶座

感情機能

水の星座に対応。蟹座、蠍座、魚座

心の構造と、惑星の対応

通常の西洋占星術と、心理占星術の大きな違いとして、惑星に対する考え方があります。

占星術においては、惑星のエネルギーは宇宙構造と対応するものとして考えます。一方、心理占星術においては、心理的なエネルギーとしてとらえます。

たとえば、心理占星術においては、惑星を次のように定義しています。

個人レベルの意識

太陽と月

個人レベルの無意識

水星、金星、木星、土星

集合無意識

天王星、海王星、冥王星

通常の占星術における惑星の考え方については、こちらの記事もどうぞ。

ホロスコープから読むあなたの人生

無意識の影:シャドウ

シャドウとは意識のなかの影の部分です。本来、あまり人が見たくない部分でもあります。

そして心理学において、よく知られた現象として「シャドウの投影」というものがあります。

たとえば、人が悪口を言っているときには、他者を非難しているようで実際は自分のシャドウ(心の影の部分)を他人に投影していると考えるのです。

そして、心理占星術においては、土星の状態からあなたのシャドウを見つけ出そうとします。

たとえば、土星が牡羊座にあれば

  • 牡羊座的な率直な生き方に対して、恐れを抱く
  • あるいは、過剰に牡羊座的であろうとして、自己中心的になりすぎる

など、シャドウの影響を考慮する、といった方法でホロスコープを読んでいきます。

カイロンに見る心の傷

心理学においては心の傷や、トラウマについても考慮されます。

そして心理占星術においては、小惑星カイロン(キロン)を見ることによって、その人の深いところにある傷にアプローチしようとします。

カイロン(キロン)については、別に記事をまとめています。

まとめ

心理占星術とは、心理学的アプローチと占星術が融合したものです。

占星術の世界は、基礎は同じですが、途中から道が分かれていきます。

自分にとってより良い占星術の道を見つけてくださいね。

心理占星学を学ぶための書籍

心理占星学で有名な本です。ユング心理学との関連がわかりやすく説明されています。

また翻訳本ではなくもともと日本語で書かれていることから、読みやすい一冊です。

占星術の基礎をマスターしたいあなたへ

占星術用語一覧