ドラゴンヘッド

ドラゴンヘッドとは

ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは、白道と呼ばれる月の軌道と、黄道と呼ばれる地球から見た太陽の軌道が、接する点です。

惑星のように形があるものではなく、白道と黄道が交わる点を指します。※

ドラゴンヘッドの周期

ドラゴンヘッドは、18年~19年でホロスコープ上の12サインを1周します。(正確には、18.618年。6800日です。)

そのため、18年~19年に1度、出生図のドラゴンヘッドの位置に、トランシットのドラゴンヘッドが重なります。

このタイミングのことを、ノード回帰といいます。

 

ドラゴンヘッドと日食、月食

ドラゴンヘッド及びドラゴンテイルは、日食や月食とも深く関わります。

太陽と月と地球が一直線に並ぶのは、太陽、月が、ドラゴンヘッドあるいはドラゴンテイルのそばで、満月か新月を迎えるときです。このときに、日食あるいは月食の現象が起こります。

とくに、日食のときには、 太陽、月、地球という順序で、3つの天体が一直線に並びます。

太陽からのパワーは、月を通して地球に届く、という説があります。

たとえば、魂も、日食の時に地球にやってくると言われます。

日食と魂については、サロス周期の記事でも解説しています。

ドラゴンヘッド、ドラゴンテイルは、目に見えない、概念レベルのゲートの役割であり、日食や月食時に通路が開くのかもしれません。

 

ホロスコープ上でのドラゴンヘッド

ホロスコープでドラゴンヘッド、ドラゴンテイルのある位置は、過去生、カルマを表すと言われます。

過去世で十分にやりきってきたことが、ドラゴンテイルの性質です。

一方で、今生取り組むべき課題がドラゴンヘッドの性質です。

ドラゴンヘッドの位置を確認することで、今生持ち越してきたカルマがわかります。

 

ドラゴンヘッドの解説でわかりやすいのが、ジャン・スピラー氏の書籍です。

こちらの本を読むと、ホロスコープを読まない人でも、自分のドラゴンヘッドが示すテーマを知ることができます。

あなたのドラゴンヘッドの星座

次の一覧の中から、あなたの誕生日を見つけて下さい。ドラゴンヘッドの星座(サイン)を確認できます。

1956年10月5日-1958年6月16日 蠍座
1958年6月17日-1959年12月15日 天秤座
1959年12月16日-1961年6月10日 乙女座
1961年6月11日-1962年12月23日 獅子座
1962年12月24日-1964年8月25日 蟹座
1964年8月26日-1966年2月19日 双子座
1966年2月20日-1967年8月19日 牡牛座
1967年8月20日-1969年4月19日 牡羊座
1969年4月20日-1970年11月2日 魚座
1970年11月3日-1972年4月27日 水瓶座
1972年4月28日-1973年10月27日 山羊座
1973年10月28日-1975年7月10日 射手座
1975年7月11日-1977年1月7日 蠍座
1977年1月8日-1978年7月5日 天秤座
1978年7月6日-1980年1月12日 乙女座
1980年1月13日-1981年9月24日 獅子座
1981年9月25日-1983年3月16日 蟹座
1983年3月17日-1984年9月11日 双子座
1984年9月12日-1986年4月6日 牡牛座
1986年4月7日-1987年12月2日 牡羊座
1987年12月3日-1989年5月22日 魚座
1989年5月23日-1990年11月18日 水瓶座
1990年11月19日-1992年8月1日 山羊座
1992年8月2日-1994年2月1日 射手座
1994年2月2日-1995年7月31日 蠍座
1995年8月1日-1997年1月25日 天秤座
1997年1月26日-1998年10月20日 乙女座
1998年10月21日-2000年4月9日 獅子座

いかがでしたか?ドラゴンヘッドの星座が判明したら、その星座の解説をご覧ください。

 

ドラゴンヘッドの星座(サイン)

ドラゴンヘッドの星座ごとに、解説します。

ドラゴンヘッドが牡羊座

過去生では、パートナーを献身的に支えてきました。前世ではそれが自分の人生をうまく行かせるための鍵だったことを潜在意識が覚えているため、今生でも無意識的にそれを繰り返そうとします。独立的に生きることに慣れておらず、自分自身の独立した人格が希薄になりがちです。自分自身よりも相手を優先しがちな傾向があります。

今生のテーマ

自分の気持ちを大切にして、個性を自覚する。自分自身を愛する。依存心を克服し、リーダーシップを磨く。自己主張をして、自分自身の魅力を最大限発揮する。他人の感情の乱れに振り回されない。

ドラゴンヘッドが牡牛座

過去世では、権力者や有力者のパートナーの立場でした。パートナーの庇護のもと、経済的には豊かで安定した生活をしていました。お金に関して苦労する、という感覚はあまりないかもしれません。相手のエネルギーに同調して生きてきたため、今生でも自分の欲求を後回しにする習慣が身についています。度重なる過去生の影響で、自分の価値を見出せない傾向があります。

今生のテーマ

他者の承認や評価を必要とせずに、自分で考え、行動する。お金の扱いについて学び、経済的に自立する。他者との境界線を知り、自分のエネルギーで生きる。自分の欲求を自覚し、存在価値を認める。

ドラゴンヘッドが双子座

過去世では、求道的な生き方をしてきました。ある分野における権威者や、宗教家などの伝道者でした。話すことは得意ですが、修道院やお寺などの宗教施設で過ごしていたため、日常的で友好的なコミュニケーションは得意ではありませんでした。

今生のテーマ

他人の意見を尊重する。話に耳を傾ける。多様な生き方があることを知り、正しさを超えた価値観を受け入れる。社交的に多くの人と関わり、自分の枠を広げる。

 ドラゴンヘッドが蟹座

過去生では、国や公共のために、大きな目的を遂行してきました。公のために尽くし、大衆から尊敬されていました。それゆえに、個人的な感情を犠牲にして、自分自身の感情には蓋をして生きていました。今生でも、感情が乱されないように、反射的に状況をコントロールしようとするところがあります。

今生のテーマ

素直に感情を表現して、自分の弱さをさらけ出す。本能に従い、自分を満たす。母性的な優しさで、他者をサポートすることを学ぶ。

 ドラゴンヘッドが獅子座

過去生では、理想的な社会を目指すために、革新的な活動をしてきました。多くの仲間や同志とともに、使命を果たしてきました。それゆえに、自分自身の意見を封印し、社会や集団の意志を一番に尊重して生きてきました。

今生のテーマ

自分自身の人生を切り開く。自分と周囲の人とのエネルギーを切り分けて、確固たる自己を確立する。何が好きで、何が嫌いなのか、自己の価値基準を明確にする。

 ドラゴンヘッドが乙女座

過去生では、世俗的な人生を捨てる生き方をしてきました。修道院などで、自分自身を浄化することに時間を使っていました。今生でも、執着心がないがゆえに、目標をいとも簡単に諦めがちなところがあります。

今生のテーマ

具体的な目標を、計画的に達成する。生活リズムを整えて、肉体にも意識を向ける。目の前にある現実に集中する。心や体の痛みを無視せずに対処する。

 ドラゴンヘッドが天秤座

過去生では、戦士として、生き延びるために戦ってきました。奪われたり、裏切られたことも一度や二度ではありませんでした。その経験から、今生でも、他者を疑ったり、攻撃的になってしまうことがあります。

今生のテーマ

他者と協力しあうことを学ぶ。猜疑心を乗り越え、心をオープンする。相手に手を差し伸べ、相手の望むものを感じ取り、手渡す。

ドラゴンヘッドが蠍座

過去生では、自ら努力し、独力で富を掴み取ってきました。成功者として、たくさんの物を所有し、名声も得て、豊かな生活をしていました。他人を頼ることはしませんでした。

今生のテーマ

他者の価値観を受け入れて、自分自身を変化させる。共同経営などを通して、信頼関係築く。ソウルメイトと出会い、深い人間関係を経験する。

 ドラゴンヘッドが射手座

過去生では、他者に好かれる人気者でした。頭の回転がはやく、会話が得意です。人とすぐに親しくなりましたが、相手の本心や真意を見逃してしまうことも。直感的にハートで感じるよりも、思考で判断することが多かったようです。

今生のテーマ

他者の話に耳を傾け、言葉だけではなくハートで感じる。言葉の裏にある真意を探る。直感を信じる。他人に好かれるためではなく、自分自身に意識を向けて、精神性を高める。

 ドラゴンヘッドが山羊座

過去世では、家庭を支える立場でした。家族のために、生きてきました。そのため、今生でも、安心できる居場所から出て、自分だけの人生を切り開くことに恐れがあるかもしれません。

今生のテーマ

自分自身の人生の責任を背負うこと。社会に参加して、目標を達成すること。広い視野で物事を捉えること。感情的にならずに、成し遂げること。

 ドラゴンヘッドが水瓶座

過去世では、リーダーとしてスポットライトを浴びる生き方をしてきました。自信をもって、意志を貫いてきました。今生でも、客観的に物事を捉えるのは苦手な傾向があります。

今生のテーマ

自然や宇宙の流れを感じること。大いなる意志を捉えること。物事を大局的、客観的に捉えること。成功は、自分自身の力だけではなく、周囲や宇宙の恩恵であると理解すること。社会に役立つこと。

 ドラゴンヘッドが魚座

過去世では、規律やルールに則って暮らしていました。高尚な理想を語り、完璧な人間でありたいと望んでいました。失敗や過ちを恐れていました。人々の健康をサポートする仕事に関わっていました。

今生のテーマ

完璧を手放し。人生はコントロールするのもではなく、宇宙の大いなる展開に委ねられていると信じる。身体性よりも、精神性、スピリチュアル面のサポートをする。

その他

参考文献

初学者の方にもおすすめの本がこちらです。

ドラゴンヘッド占星術をより詳しく知りたい方は、こちらの本がおすすめです。

さらに魂の起源に踏み込みたい方へ

宇宙種族に関する、こちらの記事もおすすめです。
宇宙種族

占星術情報の一覧ページは、こちらです。
占星術用語

占星術をさらに深く学びたい人へ

占星術基礎講座がおすすめです。日程リクエストも承っております。

 

※月の通り道である白道は、地球の公転面に対して、5.14度傾いています。そのため、月の軌道の半分は黄道の上を通り、残りの半分は黄道の下を通ります。

白道と黄道が重なる点のうち、黄道より月が昇り始める点を、月の昇交点といいます。

この月の昇交点を、ドラゴンヘッドといいます。反対側の降交点、黄道より月が降り始める点を、ドラゴンテイルと呼びます。

 ホロスコープを表示するソフトでは、ドラゴンヘッドのみ表示される場合が多いですが、ドラゴンヘッドの180度の位置が、ドラゴンテイルとなります。

占星術用語一覧

こちらの記事も、おすすめです。