サターンリターン

サターンリターンとは

出生図上の土星がホロスコープを一周し、元の位置に戻るタイミングのことを、サターンリターンと呼びます。

サターンリターンでは、出生図上の土星と、現行運行中の土星が重なります。日本語では、土星回帰と呼びます。

サターンリターン サターン・リターン 土星 土星回帰

誕生したその瞬間に土星があった位置から、時間の経過とともに少しずつ土星はホロスコープ上を移動します。

1サインあたり、約2年半滞在し、12サインを通過します。

そして、約29.5年かけてその人のホロスコープを一周します。

一周すると、現行運行中のトランシット土星が、出生図の土星に重なります。

サターンリターンの算出

サターンリターンの算出方法ですが、出生図の土星の位置に、トランジット(三重円)の土星が重なるタイミングを見つけることで、サターンリターンの時期を算出することができます。

ホロスコープを出すことができる方は、ご自身のサターンリターンの時期を算出してみてください。また、おおよその時期は、次の章「サターンリターンの時期」をご覧ください。

 

サターンリターンの時期

土星の周期は、約29.5年です。

そのためすべての人が、29歳前後で人生1度目のサターンリターンを迎えます。

さらに29.5年後、60歳手前の時期に、人生2度目のサターンリターンを経験します。

 

西洋占星術では、サターンリターンの時期には、人生の転機となる出来事が起きると考えます。

ときに、人生を軌道修正するための試練であることもあります。

土星がどのハウスに位置するかによっても、与えられるチャレンジが違ってくるでしょう。

 

1度目のサターンリターンがきっかけで、人生や生き方、働き方について真剣に考えざるを得なくなることも多いようです。

29歳前後というのは、太陽の年齢域ですので、太陽のテーマに沿った出来事であることが多いでしょう。

 

2度目のサターンリターンは、社会的な人生の総集編のようなタイミングです。1度目以上に、大きなインパクトがある人も多いかもしれません。

 

サターンリターンを7年単位に分割する

土星の周期は、約29.5年ですが、これを4分割して、約7年単位でホロスコープを見ていくこともできます。

これにより、土星の影響を、より細かに確認していくことが可能です。

この場合には、出生図の土星と、トランシットの土星が、90度・180度・270度・360度の角度をとるときのホロスコープを読んでいきます。

 

90度というのは、反対の性質のエレメント同士をつなぐアスペクト(角度)です。90度が4つ連なることで、火・風・土・水の4エレメントが揃います。このことから、90度というアスペクトは、ホロスコープ上では具現化の角度です。

 

このことから、土星の影響が現実化しやすいのは、90度に関わる位置にあるときであり、これはサターンリターンを90度毎に分割した7年単位であると考えます。

 

サターンリターンを乗り越える

古典的な占星術では、土星は凶星として恐れられてきました。

しかし、現代では、良い悪いという二元論を超えて、土星を解釈することができる時代になってきたように思います。

サターンリターンも、必要以上に恐れるのではなく、自分らしい人生を生きるために叱咤激励してくれる父親のような存在として、柔軟に解釈することが望まれるようになってきました。

サターンリターンを恐れるよりも、人生を俯瞰しながらも、今この瞬間を生きることが大切です。

 

ホロスコープで年齢域ごとのテーマを読むことでも、おおよそ10年単位での、人生のテーマを知ることができます。

 

その他

占星術をマスターしたいあなたへ

占星術用語一覧