サターンリターンについて

サターンリターンとは

サターンリターン(土星回帰)とは、出生図上の土星がホロスコープを一周し、元の位置に戻るタイミングのことです。サターンリターンでは、出生図上の土星トランシットの土星が重なります。

土星は、誕生したその瞬間から、時間の経過とともに少しずつホロスコープ上を移動します。

土星の進行速度

土星は、1サインあたり、約2年半滞在します。

そして、約29.5年かけて12サインを通過し、その人のホロスコープを一周します。

サターンリターンの算出と計算

サターンリターンの算出方法ですが、出生図の土星の位置に、トランジット(三重円)の土星が重なるタイミングを見つけることで、サターンリターンの時期を算出することができます。

ホロスコープを出すことができる方は、ご自身のサターンリターンの時期を算出してみてください。

また、おおよその時期は、年齢で決まっています。

サターンリターンの時期

サターンは、土星の周期から計算できます。

土星の周期は、約29.5年です。ですからすべての人が、29歳前後で人生1度目のサターンリターンを迎えることになります。

そして二度目は、さらに29.5年後。60歳手前の時期に、人生2度目のサターンリターンを経験します。

サターンリターンの意味

西洋占星術では、サターンリターンの時期には、人生の転機となる出来事が起きると考えます。

土星は、ときに人生を軌道修正するための試練をもたらすからです。

どんな試練であるかは、その人のそれまでの努力の結果によっても異なるでしょう。また、土星がどのハウスに位置するかによっても、与えられるチャレンジが違ってきます。

ですから、1度目の29歳前後の時期に、サターンリターンがきっかけで、人生や生き方・働き方について真剣に考えざるを得なくなることも多いのです。

29歳前後というのは、太陽の年齢域ですので、太陽のテーマに沿った出来事であることも多いです。

2度目のサターンリターンは、社会的な人生の総集編のようなタイミングです。1度目以上に、大きなインパクトがある人も多いかもしれません。

サターンリターンをさらに詳しく読み解く方法

土星の周期は、約29.5年ですが、これを4分割して、約7年単位でサターンリターンの影響を見ていくことができます。

この方法では、土星の影響をより細かに確認していくことが可能です。

具体的には、出生図の土星とトランシットの土星が、90度・180度・270度・360度の角度をとるときのホロスコープを読んでいきます。

サターンリターンを乗り越える

古典的な占星術では、土星は凶星として恐れられてきました。しかし現代では、良い悪いという二元論を超えて、土星を解釈することも増えてきました。

サターンリターンも必要以上に恐れるのではなく、自分らしい人生を生きるために叱咤激励してくれる父親のような存在として、柔軟に解釈する傾向があります。

ですから私自身も、サターンリターンを恐れるよりも、人生を俯瞰しながらも、今この瞬間を生きることが大切だと考えています。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】