【ソーラーリターン図の読み方】ソーラーリターンとは

ソーラーリターンとは

ソーラーリターンの意味

ソーラーリターンとは、太陽回帰という意味です。

つまり、ソーラーリターン・チャートは、トランジット太陽が出生図の太陽と同じ位置に戻る時点のチャートです。

一年に一度、太陽は出生図と同じサイン・同じ度数に戻ります。

そのときの天体配置を読むことで、その人のむこう1年の運勢を読むことができます。

なお、毎年のソーラーリターン日時は、出生日・出生時刻とはズレが生じます。

ソーラーリターン図をつくる場所

ソーラーリターン図は、出生図で作成する場合・現住所で作成する場合、あるいはその年に旅行を予定している場所の緯度経度で作成する場合もあります。

一般的には、ソーラーリターン図の時点でいる場所で作成することが多いようです。

ソーラーリターン図の読み方

ソーラーリターン図では、まず最初にアセンダント(ASC)とエムシー(MC)を重点的に読んでいきます。

占星学者の石川源晃氏は、書籍のなかで、次のように言及しているほどです。

ソーラー・リターンの天体位置がソーラーリターンのASCまたはMCとタイトなアスペクトを形成する場合に限って、その1年の重要な指針とします。

参考文献

とはいえ実際のところは、ASCとMCとの天体のアスペクトのみを重点的に読む占星術師は稀かもしれません。

ですが、アセンダント(ASC)とエムシー(MC)は、ソーラーリターン図を読むときに、重要なポイントであることは間違いありません。

ソーラーリターン図を読むときには、その点を意識していただければよいと思います。

また、それ以外の天体については、次のように書かれています。

それ以外の天体の表示はその年に発生する事件で本人の身に直接的な影響のない問題を表示します。

この場合、そのアスペクトのオーブが狭い場合、事件が重大ですが、本人の生命財産には大きな影響はありませんから、表示されたハウスの性質で予想されるような事件がその年内に発生したとしても、あわてないで冷静に処置すれば直接の被害はありません。

つまり順序としては、アセンダントやMCに関わるもの、次にオーブの狭い天体を中心に読んでいけば良いということです。

なお、わたし自身がソーラーリターン図を読むときには、必ずアセンダントとMCのサビアンシンボルを確認します。

というのも、これまでのデータを振り返ってみても、サビアンシンボルが表すことは、驚くほどよく、その年の状況を表していることが多いからです。

ソーラーリターン図を読むときの注意点

ソーラーリターン図を読むときに、プログレス・チャートと掛け合わせて読むなどといった複雑な読み方は、あまりオススメしません。

必要以上に拡張解釈してしまうと、飛躍しすぎてしまう懸念があるからです。

まずは、いきなり深入りするのではなく、シンプルに読んでいくことを心がけてみてくださいね。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】