サビアンシンボルとは?読み方から使い方まで完全解説

サビアンシンボルとは

一般的には、360度の円であるホロスコープを30度ずつに分割した12サインをベースに使って、ホロスコープをリーディングします。そして、このサインを、もっと詳しく読み解くためにもちいられるのが、サビアンシンボルです。

サビアンシンボルは、360度の1度ずつに意味が与えられているため、360個のシンボルがあります。

占星術研究家のマーク・エドモンド・ジョーンズが、スピリチュアルな能力を持つチャネラーと共同で、1度ずつのイメージを追跡して記録したものを原文としています。

サインの1度ずつに、象徴的な詩が割り当てられており、たとえば、牡羊座1度、牡羊座2度のように表記されます。

サビアンシンボルの調べ方

サビアンシンボルの度数は、数えの度数を使用します。


●ホロスコープで牡羊座0.00~0.99度の場合
⇒サビアンシンボルは牡羊座1度
●ホロスコープで牡羊座29.00~29.99度の場合
⇒サビアンシンボルは、牡羊座30度

つまり、サインの小数点がない整数の度数+1度と覚えておくとわかりやすいですね。

サインの度数を調べる

サインの度数を調べるときに、出生時刻がまったくわからないと

・月は12〜15度ほど

・水星、金星、太陽 は2度ほど

幅が出てしまうため、サビアンシンボルの度数を求める場合は、なるべく正確な時刻がわかるほうが好ましいです。

もし、不明な時間の幅が、数十分程度〜数時間程度でしたら、月が複数パターンの可能性がでてきますが、他天体は影響ない場合もあります。

サビアンシンボル が複数パターンの可能性があって、またがる場合は、複数パターン全部読んでいくようにします。

<おすすめのホロスコープ無料作成サイト>
●Astrodienst
https://www.astro.com/horoscopes/ja

サビアンシンボル一覧

360個のサビアンシンボルは、『全サビアンシンボル一覧』をご覧ください。

サビアンシンボルの読み方

サビアンシンボルは「象徴」であり「シンボル」です。

そのため、詩文の意味を文字通り受け取っても、理解することは難しいでしょう。

サビアンシンボルの意味を理解するためには、シンボルに隠された法則を知ることから始めるのがおすすめです。

まず最初のステップは、数字の法則からサビアンの度数の意味を知ること。

そうして、自分なりにサビアンシンボルの意味を理解したら、次はいよいよホロスコープからサビアンシンボルが表していることをリーディングしていきましょう。

あわせて読みたい

おすすめの読み方

ステップ1.サビアンシンボルを読むのは、最後に

いきなりサビアンシンボルだけでリーディングしようとせず、天体のサイン、ハウス、アスペクト等、これらを読んで意味を解釈します。そして、最後にサビアンシンボルの意味を取りいれます。

ステップ2.10天体のサビアンシンボルをすべて読む

わたしの場合は、まず10天体のサビアンシンボルをすべて読みます。

月のサビアンシンボルから始まり、水星、金星、太陽、火星、木星、土星、トランスサタニアンと順番に読んでいくことがおすすめです。

10個のサビアンシンボルを並べてみると、不思議とサビアンシンボルの共通点やストーリーが見えてきます。

たとえば、子どもに関するシンボルをたくさん持っている人は、地球において「遊ぶ」「成長する」ことがテーマであったりします。

 

ステップ1、2の順番で読むことで、ホロスコープという「魂の設定」を、サビアンシンボルのエネルギ―を持った天体が「役者」として、ストーリーに仕立ててくれます。

アセンダントやMCの感受点・小惑星など、あなたが普段の鑑定で重視しているポイントについても、サビアンシンボルを加えて読んでみるのもいいですね。

ですが、基本となるのはあくまで10天体です。複雑にしすぎると全体観が見えにくくなってしまうため、サビアンシンボルに慣れるまでは、10天体に絞って読むのがおすすめです。

サビアンシンボルの使い方

サビアンシンボルの特徴は、魂のストーリーが、より具体的に見えてくること。

そのため、サビアンシンボルは、特に使命をリーディングするときに使うのがおすすめです。

サビアンシンボルは、サインよりも次元の高い情報だとも言われています。

サインやハウス、天体の要素で読んでいったときには、矛盾があったとしても、サビアンシンボルを加えて読むことで、その矛盾を超えて、ホロスコープの星々を「使命」に統合していくことが可能になります。

サビアンシンボルは、使命を読むときには欠かせないものです。

あわせて読みたい

サビアンシンボルで仕事(適職)を読む場合

仕事(適職)という視点で、サビアンシンボルを読んでいくこともできます。

ただし、人によってはサビアンシンボルを通して見える使命が「仕事」と繋がっていないこともあります。

暮らしや家族、在り方、生き方、パートナーシップなど、人生には様々なジャンルがあり、必ずしも世俗的な仕事だけが、その人の使命に繋がっているわけではないからです。

一方で、仕事のことがサビアンシンボルに描かれている人も、もちろんいます。

たとえば、宮崎駿さんの太陽や金星のサビアンシンボルを見ていただくと、サビアンシンボルに描かれていることを、仕事を通して表現されていることがわかります。

宮崎駿さんのホロスコープ(トールハンマーをもつ有名人)

宮崎駿さんは天才ではありますが、私たち誰もが、全ての天体にサビアンシンボルを持ち、それらを統合して見ていくと、しっかりと天命が浮かび上がってきます。

誰にでも天命があり、また使命を生きることができます。

あわせて読みたい

要注意のサビアンシンボルは?

「要注意のサビアンシンボルってありますか?」と聞かれることがあります。

わたしは、サビアンシンボルを吉凶で判断できると思っていませんので、要注意のサビアンシンボルがあるとは思っていません。

サビアンシンボルの情報は、人間が吉凶を判断できるような次元のものではありません。生き方によって、良くも悪くも、星の力は発揮されるからです。

しかし、サビアンシンボルは、シンボルに使われる言葉によっては、一見不吉に見えるものもあります。たとえば、次のようなサビアンシンボルは、最初みたときにドキッとするかもしれません。

・天秤座18度 逮捕された二人の男

・双子座28度 破産宣告された男

・射手座13度 明るみに出る未亡人の過去

ですが、あくまで象徴であり、それがそのままの形で発揮されるわけではないので、安心してほしいと思います。

また、サビアンシンボルの意味は、ひとつひとつのシンボルだけを見ていても、わからないことがあります。複数のサビアンシンボルを統合してみたときに、使命のストーリーが浮かび上がってきます。

サビアンシンボルは読み方にコツがあります。ホロマムの受講生さんたちに伝授していますので、もしご興味ありましたら、まずは無料のメルマガにご登録いただければと思います。サビアンシンボルの実践を生徒さんたちと、ずっとやってきています。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】