【ホロスコープ】第2ハウスの意味を天体別に解説

ホロスコープの第2ハウスの意味と、第2ハウスに在室する天体別に意味や特徴を解説します。

 

ハウスについて詳しくは

 

第2ハウスの意味

あなたが生まれ持った身体、才能、遺伝など。肉体や本能も。

また、所有を表すことから、お金やお金を稼ぐ能力(仕事)のことも表します。

このハウスがテーマの人の合言葉は、「自分を活かしきる」。

引用:ホロスコープの12ハウス丸わかり!意味・見方を解説

第2ハウスが強いホロスコがあります・

第2ハウスに天体が多く在室するホロスコープを持つ人は、次のような特徴があります。

自分の資質を活かして働くことや、お金を稼ぐこと・使うこと、何かを所有することなどに対して、強く天体が働きます。

うまく使いこなせば成功することもありますし、そうでなければ財政的な危機に陥ることもあります。

引用:ハウスに天体が集中するステリウムとは?読み方を解説

※第2ハウスに天体がない人については、『ハウスに星がない場合、どう読めばいい?』をご覧ください。

あわせて読みたい

第2ハウスに月がある人の特徴

第2ハウスに月を持つ人は、 月の示す女性、子ども、大衆を対象にした仕事で人気が出ます。

第2ハウスに水星がある人の特徴

才能、仕事、お金を表す第2ハウスに水星を持つ人は、知識=財産だと考えるタイプです。

知識や文才を利用することが収入につながります。

なお、ハードアスペクトがある場合は、お金を稼ぐことにネガティブな影響が出ることもあります。

第2ハウスに金星がある人の特徴

第2ハウスに金星を持つ人は、 個人の魅力が、経済的な豊かさにつながるタイプです。 趣味や楽しみが、そのまま仕事になる場合もあるでしょう。

第2ハウスに太陽がある人の特徴

第2ハウスに太陽を持つ人は、仕事が人生のテーマです。仕事を通してたくさん貢献をし、収入もどんどん増やしていくといいでしょう。

第2ハウスに火星がある人の特徴

第2ハウスに火星を持つ人は、やる気とお金が連動しています。そのため、モチベーションが上がれば、収入が増えます。 お金に対する欲求を持っていま す。

第2ハウスに木星がある人の特徴

第2ハウスに木星を持つ人は、物質的、財政的に恵まれやすい人です。

木星の発達年齢域は、45歳~57歳ですが、45歳以降に、収入が増えたり資産形成ができる場合があります。

あわせて読みたい

第2ハウスに土星がある人の特徴

第2ハウスに土星を持つ人は、収入を得るためにコツコツと地道に働きます。

しっかりと長い期間かけて技術を身に付けていくといいでしょう。経済感覚は堅実です。

第2ハウスに天王星がある人の特徴

第2ハウスに天王星を持つ人は、会社勤めで給与を得るという働き方ではなく、オリジナルな方法で収入を得る働き方をするでしょう。

お金は「自由を得るための道具である」と考える傾向にあります。

第2ハウスに海王星がある人の特徴

第2ハウスに海王星を持つ人は、 芸術的な才能を受け継ぐことがあり、才能を仕事に結びつけるチャンスがあるかもしれません。

金銭のコントロールが苦手です。どちらかとい うと貯蓄が苦手で浪費傾向にあります。

第2ハウスに冥王星がある人の特徴

第2ハウスに冥王星を持つ人は、金銭面において極端な傾向があります。

「生活のためにお金を稼ぐ」といったほどほどな感覚に収まらず、より多く富を得ようとするか、反対に貧乏を選ぶといった、両極端な生き方になりがちです。

第2ハウスにトランスサタニアンがある人の特徴

第2ハウスにトランスサタニアンがる人は、お金の動きが極端な傾向があります。

いつの間にか大金を使ったり、大金が入って来たり、計画性を持つのが難しいかもしれません。

あわせて読みたい

 

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】