【ホロスコープ】第8ハウスの意味を天体別に解説

ホロスコープの第8ハウスの意味と、第8ハウスに在室する天体別に意味や特徴を解説します。

 

ハウスについて詳しくは

第8ハウスの意味

第8ハウスは、他者と融合する場所です。

魂レベルの深い関係。組織やコミュニティのなかの役割も表します。金融や遺産も、8ハウスです。

8ハウスがテーマの人の合言葉は、「あなたと出会って、生まれ変わる」です。

引用:https://horoscopeheart.com/encyclopedia/astrology-house

第8ハウスが強いホロスコープの特徴

第8ハウスに天体が多く在室するホロスコープを持つ人は、次のような特徴があります。

8ハウスは、生、性、金融、死後の世界など、コントロールできないものの領域です。普通の人にとってはコントロールできないものですが、8ハウスステリウムであれば、それに向き合い、付き合い、その人なりのやり方で逆に「支配」していくような生き方になっていきます。

引用:https://horoscopeheart.com/encyclopedia/house-sterium/

※第8ハウスに天体がない人については、『ハウスに星がない場合、どう読めばいい?』をご覧ください。

あわせて読みたい

第8ハウスに月がある人の特徴

第8ハウスに月を持つ人は、組織やコミュニティの中で、特定の相手と深く狭い関係を築くことで、安心を感じます。

第8ハウスに水星がある人の特徴

第8ハウスに水星を持つ人は、人や社会、経済など、脈々と受け継がれてきた物事の関係性を理解したいという探求心があります。

ひとつのテーマをしっかりと自分なりに解明するまで取り組む人です。

第8ハウスに金星がある人の特徴

第8ハウスに金星を持つ人は、他者との深い関係性に喜びを感じます。

深い関係を築くために、相手の気持ちと一体化しようとします。相手の求めていることがよく分かる人です。

第8ハウスに太陽がある人の特徴

第8ハウスに太陽を持つ人は、受け継ぐことに人生のテーマがあります。

たとえば、家業を継いだり、深い関係にある人から財産や地位など、金融や遺産にまつわるものを受け継ぎ守ることに縁があります。

第8ハウスに火星がある人の特徴

第8ハウスに火星を持つ人は、他人の感情に深入りします。逆に、相手に深入りされることもあるでしょう。

特定の分野に対して深く集中して取り組むことができると、成功につながります。

第8ハウスに木星がある人の特徴

第8ハウスに木星を持つ人は、組織やグループにおいて潤滑油のような存在となり、その場を盛り上げる才能があり ます。

企業との取引や融資を受けることを通して、成功しやすいでしょう。

第8ハウスに土星がある人の特徴

第8ハウスに土星を持つ人は、他者と関わるときに深く狭い交流になります。また、一度深く関わった相手とは、長く交流が継続します。

財産に関しては受け継ぐよりも、自分自身の管理能力で長い時間をかけて築いていくタイプです。

第8ハウスに天王星がある人の特徴

第8ハウスに天王星を持つ人は、これまで受け継がれてきた古い習慣や制度などを新しくしようとする革新的な集団に所属する、または、受け継いだものを投げ出したい衝動を持つことがあります。

第8ハウスに海王星がある人の特徴

第8ハウスに海王星を持つ人が受け継ぐものは、スピリチュアル的なものであることが多いです。金銭を受け継ぐ縁は、あまり期待できません。

第8ハウスに冥王星がある人の特徴

第8ハウスに冥王星を持つ人は、強い探求心を持ち、対人関係においても互いに深くまで踏み込む関係を築きます。

第8ハウスにトランスサタニアンがある人の特徴

トランスサタニアンが第8ハウスにある場合は、自分が自分であることへの不安感を持つ場合があるようです。存在としての不確かさを感じます。

ですが、自分ではないものから目に見えない大きな力を得ることができること、得ていることに気づくことで、自分自身の存在の大きさや器に気がつくことができます。

 

あわせて読みたい

 

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】