ヘリオセントリック占星術

ジオセントリック占星術とヘリオセントリック占星術

ヘリオセントリック占星術は、地球ではなく、太陽を中心としてホロスコープを描く占星術です。

通常、西洋占星術で用いるホロスコープは『ジオセントリック』と言われるものです。
ジオセントリックは、地球を中心としたホロスコープを用います。

ジオセントリックはとても「地動説」的です。

地球のまわりを他の天体がまわっていると考えます。

カトリック教会が地動説を認めたのはごく最近のことですが、西洋占星術もいまだに「地動説」的な面が残っています。

一方で、ヘリオセントリック占星術は「地球は太陽の周りを回っている」と考えます。

 

ヘリオセントリック占星術でわかること

従来のジオセントリック占星術と比べ、ヘリオセントリック占星術は
太陽系全体を「自分」と見なす傾向が強くなります。

そのため、太陽のもつ本来の生命力が蘇ってくるような、力強いホロスコープチャートが描かれます。

ヘリオセントリック・チャートには
地球という環境に適合するために作られた人格(=ジオセントリック)ではなく
本来の魂がもつ創造的な資質が表れているからです。

だからといって、ジオセントリックが使えない占術というわけではなく
どちらも、あなたの側面であり本質です。

もし、あなたが

  • 人生に息苦しさを感じている
  • やりたいことが見つからずに無気力だと感じる

とすれば、一度、ヘリオセントリックチャートを読んでみてください。

通常の占星術のチャートに比べて、より「本来の自分を極める」先にある
新しい自己像に出会うことができます。

より積極的に自分の人生を切り開きたい人におすすめの占星術です。

ホロスコープ&マムズトロロジーのセッションでも、ヘリオセントリックチャートを取り入れたリーディングができます。詳細は、セッションのページをご覧ください。

 ヘリオセントリックの読み方

ヘリオセントリック占星術は、天体の意味を次のように解釈します。この6つの天体のなかでも、特に地球と水星が重視されます。

  • 地球:あなたが生まれてきた理由
  • 水星:人生の経験を作り出すための方向性(人生を牽引するための鍵)
  • 金星:人生に喜びをもたらすもの
  • 火星:人生において挑戦する分野
  • 木星:人生で恵まれるもの
  • 土星:人生の最終テーマ

また、サインを読むのはもちろんですが、サビアンシンボルを読むことで、より魂の目的がはっきりと現れるでしょう。

サビアンシンボル

ヘリオセントリックの地球星座の出し方

ヘリオセントリック占星術における地球星座とは、通常の占星術(ジオセントリック)における太陽星座のちょうど反対の星座です。それは、地球から見たときの太陽の位置と、太陽からみた地球の位置の関係です。

次のような関係になります。

  • 牡羊座―天秤座
  • 牡牛座―蠍座
  • 双子座―射手座
  • 蟹座―山羊座
  • 獅子座―水瓶座
  • 乙女座―魚座

たとえば、通常、太陽星座が”牡羊座”の人は、ヘリオセントリック占星術における地球星座が”天秤座”ということになります。

ジオセントリック占星術で示される太陽とは、まったく真逆の性質を、魂は備えています。

それゆえに、狭い地球の価値基準から解放された「本当の自分」を見出せるのでしょう。また、ヘリオセントリックチャートがしっくりくる方は、新時代における目覚め度が高い人とも言えるでしょう。

より魂の根源に迫りたい人へ。こちらの記事もおすすめです。

▶恒星占星術
宇宙種族
ドラゴンヘッド

ヘリオセントリック地球星座

地球星座は、通常のホロスコープ(ジオセントリック)における太陽星座の反対の星座です。地球星座の性質を記載します。

地球星座の性質がしっくりくる人は、ヘリオセントリックに目覚めた人である可能性がありまます。

地球星座が牡羊座

地球で新たなチャレンジをするために生まれてきた人。この世界において、『新しい種』をまく人。集団行動より単独行動を好み、白紙の段階からプロジェクトの立ち上げに携わる。作っては壊す。反発を恐れず自己主張する。

 

地球星座が牡牛座

ひとつのことを極める人生。『天の知恵』を理解する。沈思黙考。もらう側から与える側への転換。地球星座牡牛座が目覚めると、地上の複雑な関係性がほどかれて、清々しさを感じる。哲学的。

地球星座が双子座

天の言葉』を理解し、無尽蔵に生み出す。それは自分の内から降りてくる根源的な言葉であり、いかようにも応用できる言葉です。言葉に力を込めて、熱狂ではなく知性で語り書く。興味で人とつながる。

地球星座が蟹座

調和と協力のハーモニーを奏で、それでいながら自分自身に芯を持つ。『形や肩書きにとらわれない感情』の交流をすること。形にとらわれない人との交流をすること。計画性を手放し、開かれた姿勢で流れに乗ること。損得ではない価値観。

地球星座が獅子座

いかに自分の内側から沸き起こる情熱の炎を維持するか。地上に『創造への熱意』をもたらす人。いかに環境から浮いた存在になり、独自の路線を歩けるか。やや風当たりの強い人生も、人の反応を気にせずに進み続ける。

地球星座が乙女座

微妙なニュアンスの違いを感じ取る。イメージや想像、ヴィジョンを思い描くことで現実化する。人の心や精神世界を整理整頓する『目に見えないものの管理者』としての使命を持つ。何でも経験していくうちに、経験とイメージの差が縮まる。

地球星座が天秤座

浮き沈みの激しい人生において、自分なりの美学を見つける。人付き合いに対して意欲的。激しい波にもまれて人格を何度もアップデートながら『究極のバランス』を見出す。

地球星座が蠍座

自分の内側にパワーをためる。それは他者から得るのではなく、自分の内側から生命感覚をチャージする必要がある。親しい人との関係を大切にすること。目的の継続性、人との安定した関係性を土台にして、長い間同じテーマを探求する。およそ10年探求していれば、ヘリオセントリックの蠍座が目覚めている可能性が高い。『生命力の実感』を高めて、多くの人に影響を及ぼす。

地球星座が射手座

情報を本来の意図のものに統一し、真の意図をとられる。形骸化しているものに『意味』を取り戻す。遊び的な生き方を脱して、何事にも熱くなり、本気で取り組む。同時に、上を目指して上昇する。そのたびに人間関係がアップグレードされる。

地球星座が山羊座

社会のなかに居場所を見つけること。地球星座が山羊座の人たちは使命があります。それは、太陽の触媒となって『創造の光』を、その土地に取り込むことです。地球星座の山羊座が目覚めた人は、愛着のある土地があるはずです。自分がいる場所で創造的な行為をする。

地球星座が水瓶座

まだ誰も見たことのない『新しい時代』を生み出す人。形骸化したものには反発心を持ち続けて、腐敗したものには常に「NO」ということ。未来ヴィジョンを嗅ぎ分けて志を同じく仲間を見つける。損得にとらわれない横のつながりで、自分が中心にいなくても良いネットワークをつくる。

地球星座が魚座

小さな自己から大きな自己への『変容体験』をすること。視野を広げて、心のことや精神世界のことに関心を持つ。人生において何か大きな力や意志を感じた経験。バラエティに富んだ人間関係。地球星座魚座が目覚めると「完璧にやらなければ」と思っても、できなくなる。

その他

参考書籍

占星術用語一覧