【宇宙元旦・春分の日をどう過ごす?】占星術的な意味とやるといいこと

宇宙元旦とは

近年、SNSを中心に春分の季節になると宇宙元旦という言葉をよく目にするようになりました。

宇宙元旦とは、占星術による「星の動き」を元に、考えられた言葉です。

宇宙元旦は、なぜ、宇宙元旦と呼ばれているのか。その理由や意味を解説するとともに、宇宙元旦に向けてどんなことを心がけたらいいのか、宇宙元旦の過ごし方についてなどを紹介します。

宇宙元旦とは春分の日のこと

宇宙元旦というのは、春分の日を指します。

その年によって日付は違うのですが、現在は3月20日あるいは3月21日のいずれかが春分の日となります。

春分の日は、昼と夜の時間の長さが同じであることで知られていますが、なぜ、春分の日が宇宙元旦と呼ばれているのでしょうか?

春分の日=宇宙元旦の理由

春分の日が、宇宙元旦と呼ばれている理由について、西洋占星術から説明しますね。

西洋占星術では、太陽の見かけ上の通り道(黄道)を12等分にしたサイン(星座)を用います。サインの始まりである牡羊座に太陽が入る日が、春分にあたります。

そして春分は、西洋占星術的には、太陽を通じて宇宙のエネルギーを受け取り始める日。

そうしたことから、春分の日が、宇宙元旦と呼ばれるようになったのでしょう。

 

宇宙元旦を西洋占星術的に詳しく解説

西洋占星術を学ばれている方のために、さらに詳しく説明をしますね。

まず、春分の天球図を見ていきましょう。

春分とは、太陽が春分点を通過するときのことです。また、その日が春分日となります。

春分点というのは、天の赤道(地球の赤道を拡大したライン)と黄道(太陽の一年の見かけ上の通り道)の交わる点のうち、太陽が南から北へと昇る方の交点のことです。

文章で説明すると、わかりにくですよね。以下の図に赤い字で春分点と描いてある箇所です。

そして、この春分点を太陽の中心が通る瞬間が春分となります。

春分点_太陽の位置

そして春分点は黄経0度といって、黄道の始まりの位置となります。

ですから、西洋占星術的には春分点がスタート地点なのです。

そして黄経0度は、西洋占星術のサインであるおひつじ座の0度に定められています。

※ただし、実際の空の星座は歳差運動の関係で、春分点はうお座にあります。

占星術と春分の日

天球図を見るとわかるのですが、赤道という地球の地軸に対して水平なライン(=地球・大地)と黄道という1年間の太陽の軌道(=宇宙・太陽)が交わる箇所が、春分点です。春分のタイミングで、そこを太陽が通過します。

つまり春分とは、地球・大地のライン>と<宇宙・太陽ライン>が交わり、太陽を通じて、宇宙エネルギーを受け取り始めるとき。

そして、その瞬間を境にして地球に対する太陽の力は強まっていきます。春分の日は、おおよそ昼と夜が同じ長さなのですが、春分をすぎると夏至へと向かい、だんだんと昼の時間が長くなります。

宇宙の力は、太陽を通して地球へもたらされます。

ですから春分は、宇宙パワーを太陽を通じて地球へとチャージする日なのです。

宇宙元旦にやるといいこと

「元旦」と聞くと、大みそかに大掃除をして、1年の厄を落とす、とか、新年の抱負を語るなど、1年を幸福に過ごすためにやった方がいいことがあるように感じますよね。

宇宙元旦も、何かやっておくといいことがあるのかもと気になる方のために、過ごし方について紹介しますね。

宇宙元旦までに準備しておくといいこと

宇宙元旦までに、何か特別なことをする必要はりません。

ですが、過去1年のうちに抱えてしまった不要なものは、清算しておくといいでしょう。

片付けをする、ダラダラ続けていたことを辞める、諦める、捨てる・・どんな形でもいいです。不要なものをさっぱりさせておくと、宇宙からの力の入り込む余白ができますよ。

宇宙元旦当日(春分)の過ごし方

心静かに「自分はこの1年何をしたいのか」、胸に手をあてて感じてみることをお勧めします。

なぜなら、宇宙元旦当日は、1年の始まりであり、春の季節。

ちょうどこの季節は、無意識のなかにある「これから新しくやってみたいこと」が、ふつふつと少しずつ、心の奥底そこから浮き上がってくるみたいな感覚を得られるはずです。

植物が芽吹く準備、開花する準備を、地底や枝の中でしているのと同じように、人の身体のなかにも、なにか新しい意志が芽吹く準備が進められています。

それらが芽吹くのをせき止めず、優しく見守ってあげるようなイメ―ジで、自分の心も扱ってあげてください。

まだ、それが何かはわからなくても大丈夫です。だんだんと、具体的になっていきますよ。

宇宙元旦にやるといいこと

宇宙元旦だからと言って、お正月に初詣に行くような、特別な行いをする必要はありません。

ですが、宇宙元旦の春分の日は、背筋を伸ばしてまっすぐに立ち、前を見据えることをお勧めします。

わたしたち人間はと宇宙とのつながりを保つため、かなりの部分を植物が担ってくれています。

植物が地から天に向かって伸びる=地と天をつなぐ存在だからです。

そして人間もまた、まっすぐに立って、直立できます。

足は大地を踏みしめ、頭はまあるく、宇宙そのものです。

もし、最近あなたが塞ぎがちだったとしても、宇宙元旦当日だけでも、下を向いてうつむくのではなく、しっかり身体の上に頭をのっけてみてください。

そして、植物と触れあう機会があれば、ぜひ、それも。

宇宙元旦にやることは、それだけで十分です。

宇宙元旦という言い方は、正しいのか?

実は「宇宙元旦」と言う言葉は、西洋占星術の正式な言葉ではありません。

占星術師のKeikoさんが最初に使い始めた言葉が、広まったようですね。素敵な言葉ですよね。

宇宙元旦という言葉は、宇宙の1年が始まる日という印象を与える言葉ですよね。

なお、ここまで見てきたように、実際の春分は、宇宙そのものの始まりの日というよりは、地球と太陽の位置関係によって決まります。

ですから、個人的には地球元旦という言葉がしっくり来てます。

ですが、宇宙元旦という言葉が広まり、普段、占星術をやらない方までもが、春分という占星術的なスタートの日を祝ってくれることは、占星術を愛するものとして、とても嬉しいことです。

無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】